« 取材 | トップページ | 基本 »

2005/05/21

ciao!

きっかけはコロコロの増刊、「コロコロ一番」が出たことでした。おお、競合誌だなあと。

まあ、競合誌がどうとかは編集部が考えればいいことで、僕にはそれより自分の漫画をどうするかが問題で。だからあんまり関心なかったんですよ、広告見た時点で、なんとなく雰囲気も分かるし。対象年齢的にはバッティングしても、描き方違うから多分守備範囲も違うんですよね。

ただ、そこでふうっと思ったのです。コロコロは溝渕さんがいるから、買って読んだりしていて雰囲気分かっているけど、女の子向けの競合誌はどうなんだろう。

ブンブンはゾロリがメインコンテンツだから、男の子も女の子も読んでいる雑誌。だからサッカー漫画だけど、何とかサッカー詳しくない女の子でも楽しめるようにと、考えたりもするわけですが。

ブンブンに競合している女の子向けの漫画雑誌って言うと、ちゃおとなかよし? ちゃおの方が若干低学年向けで、よりブンブンに近いのかな? というわけで先月仕事の最中、試しに買ってみました。

昔子供の頃、なかよし読者だったのです。妹が買っていたから。竹本泉先生のファンになったのもそこから。いがらしゆみこ先生の「メイミー・エンジェル」とかも好きでした。「キャンディ・キャンディ」の次の作品。

そんなだから、まあ試しに買ってはみたけど、そんなに変わってないだろう、と思っていた部分があったのです。絵柄の流行とかテンポとかは変わってても、根っこは知ってるはず、と。

でも買って読んでびっくり。少女漫画って、こんなにパワーあったっけ?

これは少女漫画が変わってしまったという感覚じゃなくて、自分の物の見方が変わったからだ。あるんですよね、昔読んでいた物を久々に見てびっくりするってことが。

手塚先生の「火の鳥」なんて、子供のころから好きで読んでるけど、漫画家修行始めてから読み返してぞっとしたもんな、あんなネーム自分には絶対描けないって事に気がついて。藤子先生の「エスパー魔美」でも、その切れ味に溜息が出たし。

これは自分の能力が上がるにつれて、着眼点が変わっていくからなんですが。それが今回起きました。

少女漫画の絵って、基本的にシンプルに省略していて、あんまり描き込まないし、背景なんかも適当なことが多いし、集中線もゴリゴリ入れるってことはないし。パワフルって言葉とは遠いような気がするのに。なんだろう、この押し迫る迫力。

…しかも結構面白いぞ。

自分はキャラクターの気持ちを追っかけて描こうとするタイプだから、話の作り方としては少女漫画に近い所もあって。題材は遠いし、描くものも全然違うけど、むしろ根っこはコロコロよりもこっち寄り。やばいよ、なんか負けてるんじゃないか、俺?

自分の原稿と見比べて、何か物凄く危機感を覚えたのでした。頑張ろう。

ちなみに、「わんころべえ」がまだなかよしに載ってたのが、ちょっと嬉しかったです。すごい、まだ続いてる!

|

« 取材 | トップページ | 基本 »

日記・つぶやき2005」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/3889644

この記事へのトラックバック一覧です: ciao!:

» ちゃお [ちゃお[雑誌辞典]]
ちゃおちゃおは小学館発行の月刊漫画雑誌。1977年創刊。初期は、りぼんなどより上の年齢を主な読者層としていた。その後、1993年に恋愛物が少なくギャグ中心の小学生向け少女誌「ぴょんぴょん」を吸収した。なかよし、りぼんなどの、小学生から中学生程度の女子をターゲットとする少女漫画雑誌のうち最も発行部数が...... [続きを読む]

受信: 2005/05/21 20:27

« 取材 | トップページ | 基本 »