« マンガ教室 | トップページ | ハーメルンのバイオリン弾き 24 »

2005/04/25

まっさらな魅力

新人さんの漫画には、魅力があると思うんですよ。まっさらでピュアな魅力。まだ世間を知らず、大人になっていない少年少女が持っているような、儚げで純粋な何か。

いや、最初から大人だねえ(溜息)みたいな、新人さんもいますけど(笑)。

誰でも最初は純粋に、創作活動しているから。面白い、と自分で思った物しか、描かないから。信じているものを真っ直ぐ描く。そうすると込められた思いがこちらにも伝わってくる。

当然、大概の場合技術不足で、思いは真っ直ぐでもちゃんと伝わらなかったりもします。こういう事が描きたかったんだろうなあ、と推測は出来るけど、お話ガタガタで何言いたいのか伝わりづらかったり、かっこいいと思ったんだね、という所は分かっても、絵の腕前が追いついてなくて全然かっこよくなかったり。

そこでみんな仕事が欲しいから、いろいろ考え始めることになる。大人への第一歩。悪い意味で。

受けやすい所へ流れて行っちゃう人の、なんと多いことか。技術は今のほうが上だけど、デビュー作が一番好感度高かったな、という作家さん。思い当たりませんか?

そりゃ、美形兄ちゃんやら萌え系美少女並べれば受けますし、バトルてんこ盛りにすりゃ票は取れるけれどもさ。でも、それ描きたいの?

ホントは描きたくない場合、やっぱりその思いも伝わりますよ、なんとなく。好きでのめり込んで描いてる人と比べれば、最後の一粘りのところで差がつくしさ。買う人は好きで買うんだから、うわ、こいつ金欲しさに媚びてるだけで偽者だ! と看破されたら、むしろ嫌われるし。

技術的な部分を地道にレベルアップしていって、伝えたいことがちゃんと伝わるようにした方が、困難だけど実は近道なんじゃないかと、思うんだけれども。と言いながら、企画物とかでドーンと受けた例があったりするから、断言するのは難しいところ。

そんな大人の実社会で、真っ白なまま生きていくのは難しい。でも難しいからこそ、価値がある。そんな人が描いた漫画、募集中。

|

« マンガ教室 | トップページ | ハーメルンのバイオリン弾き 24 »

日記・つぶやき2005」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/3129688

この記事へのトラックバック一覧です: まっさらな魅力:

« マンガ教室 | トップページ | ハーメルンのバイオリン弾き 24 »