« ハーメルンのバイオリン弾き 23 | トップページ | 漫画家志望 »

2005/04/21

ポリシー

漫画にはポリシーが必要だ。と、書くとなんか大袈裟だな。もっといい言葉があるような気がするんだけれど。ポリシー、主義主張、思い入れ、こだわり……。何かそんなものが。

かっこつけて言ってるんじゃないんですよ。むしろ読者の立場からして。そういう物がないと、選べないよね、という話。

どんなジャンルでも黎明期って、作るだけでぼろ儲け出来る時期がある。需要に供給が全然追いついてない時は。そのうち市場が成熟してくると、消費者の目も肥えてくるし、ライバルも出てくるから、たくさんの物の中から選ばれるようになっていく。

漫画はもう、そういう成熟期に入っている。そういう状況では、他との差別化をしっかりしてないと、選ぶほうは選びようがない。そのときに必要なのが、ポリシー、もしくはこだわりと呼ぶべきもの。

漫画家はシンプルなんですけどね。一生懸命描くとなぜかこうなっちゃうな、仕方ないか、好きなんだし描きたいんだから、と自覚して開き直れば自然に出てくる。

自覚して開き直るのが難しいですけど。自分の姿を客観的に正確に捉えるのは、なかなか。特に若い時は背伸びして、かっこいい漫画を描きがちで。向いてればいいけど、向いてないのに無理してると、仕事自体上手くいかない。

僕もそれで散々苦労を。大変ですよ、自分探しの旅。ここが求めていた場所なのかも、まだ分からないし。でも以前よりは、のびのびと描いてる自覚はある。ここが終着駅だといいなー。

ただね、もっと難しいのは雑誌の方だなと思うのです。漫画家は自分一人だから単純だけど、雑誌となると大勢の人が関わるわけだから、きっちりとした共通認識を作らないと迷走する。それがないと数字に振り回されてしまう。

「こっちのほうが売れそうだから」の何が悪いかというと、実は既存のお客さんを切り捨てることに繋がるから。今、その雑誌を読んでるお客さんは、その雑誌がいいと思って買っているのだから、路線変更なんかされたら好みじゃなくなってしまう。

その路線の延長線上、もしくはその周囲で、ちょっと違うものを試すならついていけるけど、180度方向転換なんかされたら、もう読めない。でも結構現場はその意識が希薄で。数字の向こうの人の顔が見えていないというか。

実際そういう悲しいエピソードを知ってるけど、書かない。変わった後のその雑誌が好きな人も、大勢いるだろうから。でもやっぱり、長い目で見るとマイナスですね。

そういう編集部はどうしても流行に左右されるから、路線変更が一回や二回じゃきかなくなってしまう。新しいお客をちょこっとつまんじゃ捨て、ちょこっとつまんじゃ捨てという状態に。その雑誌もまた路線変更してるしな。

流行の波を後ろから追いかけたって追いつくもんじゃない。波に乗るなら沖に出て、じっと待たなきゃ。そういう我慢が出来る強さを支えるのが、ポリシーや、こだわり。

そういう漫画が読みたいですね。そういうのがたくさん出てくれば、中にはばっちりもろ好み! という作品もあるだろうし。

でもな。人は弱いものだから。

|

« ハーメルンのバイオリン弾き 23 | トップページ | 漫画家志望 »

日記・つぶやき2005」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/2875225

この記事へのトラックバック一覧です: ポリシー:

« ハーメルンのバイオリン弾き 23 | トップページ | 漫画家志望 »