« 見えた! | トップページ | ペリーヌ物語 »

2005/03/31

vsバーレーン 2位で

ドイツW杯アジア最終予選、日本vsバーレーン、1-0。渋く勝ちました。やったー!!

まずはイランvs北朝鮮戦を観戦。どっちを応援しようかなあと思っていたけど、イランの独走を止めるのもアリだし、北朝鮮が脱落するのもアリだし。結局今日は日本自身が勝つことだな、とのんびり観戦。

一番驚いたのは北朝鮮の進歩。いや、チームじゃなくて、応援の。こないだまでは大人しく見ていただけなのに、いつの間にか大応援団が組織されてる! なんか国の威信をかけて、こっそり影で応援の練習していそうだよな、この国。

試合は2-0でイランの勝ち。終盤、北朝鮮が審判団に激しく抗議して赤紙出るところを映さないようにしていたのが、社会主義の国っぽいなあと。自分たちに都合悪いことは、ひた隠しなんですね。

ちなみにこの後、数千人の観客が暴徒と化したそうです。一気にフーリガン! そこまで進歩しなくてもいいのに。

さて、夜になって今日のメインイベント、vsバーレーン戦。仕事している場合じゃなくて、必死に応援。

日本いい形で攻め込む。心配していた中田英選手の急造ボランチも、上手いこと機能。でも、なかなかゴールにならない。後半になってようやく、FKからの相手オウンゴールで先制。外に掻き出したかったんでしょう。慌てさせた圧力の勝利。

FKを取ったのが、こっそり鈴木選手に劣らない被タックルを誇る(?)玉ちゃんなのも、レイソルファンとしては見逃せないポイント。勝利に貢献。それ以外の見せ場はあんまりなかったけど、今日はほんとに勝てばいいのだ!

さてさて、これで最終予選半分終わって折り返し。2位通過となったわけですが。後半に向けて気になることが。何で4-4-2がしっかり機能してくれないのか。

中田英、中村、小野という稀代のMF3枚抱えているのは、日本のストロングポイント。同時に使うならやっぱり4バック。今回は小野選手の出場停止で問題にならなかったけど、これは何とか解決しないと。

それに世界の流れは、ウイングタイプの選手の復権に傾いている。現にイランはその形。サイドの守備を考えても、4バックも機能してくんないと、これから先きついと思うのです。クラブレベルでは、試合中に遜色なく移行して見せるチームもあるというのに、選りすぐりの日本代表が出来ないはずがない。

で、考えた。パサー3人でうまく行かないのは使われる人が不足しているからだ。思い切ってスピード系2枚の2トップはどうだろう。浦和だってそれで機能しているし、別にできない相談じゃないはず。

玉田-大黒とか玉田-大久保とか。……すいません、玉ちゃんの出番が多くていいなあ、とちょっと思ってみたり(笑)。

でも本気で考えてる部分もあるんですけどね。マスコミ的には4バックより3バックでという論調が多いみたいだけど、ジーコ監督、どうするつもりだろう。

|

« 見えた! | トップページ | ペリーヌ物語 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/3496987

この記事へのトラックバック一覧です: vsバーレーン 2位で:

« 見えた! | トップページ | ペリーヌ物語 »