« 新人賞 | トップページ | ハーメルンのバイオリン弾き 劇場版 »

2005/02/10

vs北朝鮮 ドラマティックは止まらない

…騒ぎすぎて、声かれた。日本代表vs北朝鮮、2-1。

別にね、こんなにドラマティックに演出してくれなくてもいいんですよ? 代表の皆さん。もっと楽チンに3-0ぐらいで勝たないかなー、と思って見てたのに。

このチームはほんとに粘り強いっていうか、劇的な試合が多いっていうか。最終予選は苦しい戦いになるとジーコ監督は予言していたけど、まさにその通り。予選突破が先か、興奮しすぎてオイラがばったり倒れるのが先か、という状態です。

大黒選手は、最高の舞台で最高の結果を出しましたね。Jリーグでの活躍で、速く呼べという声が高まる中、流行り物には目もくれないジーコ監督は、頑なに召集しなかったわけですが。

ただインタビューでも何度も言っているように、控えの選手にはじっくり我慢して力を蓄え、チャンスをもらったときに結果を出してくれというのが監督の要求。大黒選手、見事に応えました。これでますますFW争いがヒートアップ。凄いなあ。

そしてこの試合で一番印象に残ったのは、中村選手を投入してから。こんなに見事に4-4-2が機能したのは初めてでは?

直前ちょっと前掛りになってうまくボールが回らず、カットされて危険なカウンターを食うというパターンが見られていましたが、見事に修正。完全に中盤を支配して、主導権を取り戻しました。

今は調子悪いけど、中田英選手だってそのうち帰ってくるだろうし、そうなると選手層を考えても4-4-2の方がいい。そうずっと思っていましたが、今までなかなか機能しなかった。それがとうとう。

最終予選の初戦を取ったということは大きい。そしてその中で新しい武器を手に入れたことは、後々きっと重要になってくる。そんな気がします。

いやもうとにかく、勝ってよかったー!!

|

« 新人賞 | トップページ | ハーメルンのバイオリン弾き 劇場版 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/2872670

この記事へのトラックバック一覧です: vs北朝鮮 ドラマティックは止まらない:

» No! Zico? Yes! Zico? [talk to oneself]
勝つには勝ったが今日のゲームはジーコの起用法に不満が残った。 先制し、後半に追い [続きを読む]

受信: 2005/02/10 23:30

« 新人賞 | トップページ | ハーメルンのバイオリン弾き 劇場版 »