« 仮免 | トップページ | 合気道 »

2005/02/19

思い残すことなく

「川瀬 漫画」で検索が。うわあ、やめてくださいよ、恐ろしい(笑)。

いえいえ、興味を持っていただけるというのは有難いことで。……て言うか、オイラの事だよね? 「川瀬浩」でかかってることもあるから、多分。確か少女漫画家さんに川瀬さんという方がいたような。そちらだったら失礼。

今のとこオイラは、ナベ先生とか佐々木くんの脇にちょろっと名前が載ってる謎の人なんで。読み切り何度か載ってるけど、ウェブ上に評判立つような、立派な成績は残してないですよ。

そこそこだったり、惨敗だったり。いや、そんないい成績残してたら、もっと早く連載取ってるし。名もない漫画家なわけですよ。そんな状態で今までやってこれたのは、何かいつもやり残している感があったから。

自分でその正体に気付いたのは去年のこと。ケッタくんの読み切り描いてた時。

今まではいつもどこか、自分ではどうにもならない部分が残ってた。雑誌の都合とかそういうもの。バリバリに少年漫画に描いたのに、載ってみたら雑誌は少女漫画だった、とか。

自分で凄くうまくいった、と手ごたえあるときは、なぜか編集さんと意見が合わなくて通らない。通るときは、戦略的に駄目なんじゃないの? と不安が残ったまま。それの繰り返し。もちろん自分がもっと上手ければ、それでも力ずくでどうにかなったんだと思います。だから9割方自分のせい。それは了解していても。

残りの1割で、やめられない。まだ何とかなるんじゃないか、やれることがあるじゃないかと思うから。そんなんでずるずると来て。ケッタくんで初めて思えたのです。「これで駄目だったら、やめよう」

コンセプトから、ネームから。初めて全部自分が納得できる状態で、仕事が取れた。雑誌から浮いてるとかいうことも、ない。駄目な時は完全に自分が下手だから。

ここで燃え尽きよう、と思って頑張ったら、幸いにして結果が出て、連載取れました。よかった。やめないで済んで。

ようやくリングに上がれたので、今度は別の戦いが。結果に浮かれることなく、長いレースを。最後まで、緩めずに戦えるかどうか。

という訳で、仕事、仕事。

|

« 仮免 | トップページ | 合気道 »

日記・つぶやき2005」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/2921983

この記事へのトラックバック一覧です: 思い残すことなく:

« 仮免 | トップページ | 合気道 »