« 合気道 | トップページ | 二話目終了 »

2005/02/21

魔法の杖

魔法の杖が欲しいな。ひょいっと振ると、全てが解決するのだ。

仕事疲れで壊れちゃったわけじゃないですよ? あるんですよね漫画で、魔法の杖。別にファンタジー漫画のアイテムとしてではなく、実作業で。

別名プロのノウハウというのですが。何で魔法の杖なんて呼ぶかというと、レベルが届いてない時には、何でそうなってるのかまったく分からず、まるで魔法のようだから。

昔、まだ僕がさっぱり拙いお話しか作れなかった頃。どうにもうまく行っていないなネーム、と思ってプロの先生に見せると、その場でサラサラッと解決してくれることがあって。

何がよくないとかいう感想じゃないのです。文字通り目の前で、別の紙を取り出すと「例えばこうするでしょ?」と言いながら、実例を示してくれた。あらすじを変えるわけでもなく、セリフを大きくいじるでもなく。コマの割り方、演出のニュアンス、そんなものをチョコチョコ直すだけで印象ががらりと変わっていく。

変な話、編集さんには出来ない芸当。その前に同じネームを見た編集さんは頭を抱えて、かなりいじるしかない、全換えするぐらいに、と言っていたのに。

特に明らかな間違いじゃないけど、なんとなく面白くない、というエアスポット。要するにツボをちゃんと押さえていない状態。でもそのツボがどこだか、特にお話作りの場合は分かりづらい。日本語自体は読めるから、みんなお話読んでいると思っているけど、ほんとに裏の裏まで読み切って、構造を完全に理解するのは実はかなりのレベル。

漫画のネームはさらに特殊で、絵の印象も同時に計算していかなくてはいけない。プロでも完全に出来ているとは言い難い。でも面白い漫画を描く人には出来る。出来ているから面白い。

で、傍から見ているとなぜだか分からないけど人気が、となるのです。さすが、○○先生、と思考停止。見えない所に理由があるんだけど。それが漫画の魔法。

高橋留美子先生のような大魔法使いになりたいな。描く物描く物大ヒット。「犬夜叉」なんて特に。留美子先生だから、とみんな思考停止。全然違うレベルで漫画描いてる。

多少のレベルになら届いてると思うんですけどね。…メラが使えるぐらい?(それじゃ凄い弱いじゃん!)

|

« 合気道 | トップページ | 二話目終了 »

日記・つぶやき2005」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/2780107

この記事へのトラックバック一覧です: 魔法の杖:

« 合気道 | トップページ | 二話目終了 »