« プラネテス | トップページ | ハーメルンのバイオリン弾き 13 »

2005/01/28

地球売ります

仕事中はあまりのんびり見てられなかったニュースをチェック。

外界から完全に隔絶されたガラス張りの巨大ドームの中に大気や生態系などを人工的に再現した米アリゾナ州の民間研究施設「バイオスフェア2」が、身売りされることになった。(中略)施設を管理する投資会社は、研究を引き継いだコロンビア大との契約が2003年に終了したうえ、維持管理に高額な費用がかかることが身売りの原因としている。   読売新聞1/18

つーことは、環境が悪化してもドーム都市なり何なりで暮らせばいいというSF的解決法は、コスト面ではありえないということですね?

いや待てよ、ということはお金持ちだけがちゃんとした環境に住めるのだ、というSF漫画が描けるよな。

とにかく、環境を保全するほうが安上がりということで。それに関連して。

固有の生態系を守る外来種被害防止法で規制する対象種の選定を進めている環境省は21日、ブラックバスの一種オオクチバスについて指定先送りの方針を見直し、6月に予定している法施行時点で指定を目指すことを決めた。小池百合子環境相が同日「まず指定すべきだ」と強い意向を表明し、担当部局が従った形。 共同通信1/21

よかった、骨抜きにならないで。釣り人がっかりでしょうけど。

イエローストーン国立公園では、狼駆除したら山が丸ハゲになったそうです。草食動物たちがのんびり餌取れるようになって、草木を根絶やしにしたんだそうな。狼駆除して環境破壊が起きるなんて、誰も予想してなかったって。

他の魚がちょっと減っても、じゃ済まなくなるかも知れないのが、生態系の怖いところです。バス釣りはもともと棲んでる本場でどうぞ。

一番がっかりしたニュース。

部品の消耗で修理しなければ2007年にも使用不能になる米航空宇宙局(NASA)のハッブル宇宙望遠鏡について、ホワイトハウスが、修理せずに廃棄する方針を固めた。 共同通信1/24

うう、ハッブル望遠鏡が……。修理コストがかかりすぎということですが……。

こいつも誰か、買わんかね?

|

« プラネテス | トップページ | ハーメルンのバイオリン弾き 13 »

日記・つぶやき2005」カテゴリの記事

コメント

ハッブルは確か後継機を準備していたような。こんどはラグランジュ点に置くそうです。ただ、ハッブルと後継機の間に空白の時期ができちゃうんですよね。
ところで、http://iss.sfo.jaxa.jp/topics/2004/041222.html
 なんてのをJAXAがやるそうです。面白いかも。

投稿: 米田淳一 | 2005/01/28 20:06

JAXAの閉鎖実験、漫画家とそのアシスタントなら一週間なんて余裕ですよ。買出し部隊しか外出ないなんてざらだから(笑)。

むしろ仕事進みそうだなー。作業内容を原稿描きにしてくれれば。

投稿: ひろし | 2005/01/29 00:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/2675920

この記事へのトラックバック一覧です: 地球売ります:

« プラネテス | トップページ | ハーメルンのバイオリン弾き 13 »