« ハーメルンのバイオリン弾き 10 | トップページ | 2004年のマガジン »

2004/12/27

2004年のジャンプ

よくやってる人がいるように、毎号毎号各漫画にコメントつける根性はなし、さりとて、さっぱり触れないのも寂しいし。my bestとして一番面白いと思ってるやつにコメントしたらどうだろう、と思ったら、意外にコメントする機会が少なかったので、今年のジャンプ、として感想など。

一番大きかったのはやっぱり「DEATH NOTE」のヒットでしょう。僕も読んでるし。小畑先生のスーパーテクによる緊張感と、大場先生のさっぱり先を読ませないストーリーテリングのベストマッチング。正直、オイラはここまで引っ張れねー、と思うので、どこまで行くのか興味津々。

「アイシールド21」はとうとう大会に突入。ここからがスポーツ漫画の正念場。数々の名場面が伏線として張られていたので、それをどう消化していくのかが見物です。

もう一個挙げるとしたら「スティール・ボール・ラン」。当初、「え? またジョジョなの?」と正直引いたのですが、面白い。ただし一言。なんで毎週載ってないんですか!? 盛り上がったとこで、ポッカーンと間が開くんだもんなー。忍耐力との勝負です。

全体的に言うと。ワシももう歳じゃから、若い感性についていくのが大変なんじゃよ、ごほごほ。(おじいちゃん風)

えー、真面目に(笑)。今年始まったことじゃないんですが、少しずつ偏ってきてるような気がする。ネタかぶりも多いし、作風も収束しつつあるし。その中で支持されている作品もあるし、商売としてはそれでもいいんでしょうけど。

でもやっぱり漫画界最大のメジャー誌として、新しい時代を切り開く気概を見せてほしいな、とも思います。

というわけで、明日はマガジン。

|

« ハーメルンのバイオリン弾き 10 | トップページ | 2004年のマガジン »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/2326965

この記事へのトラックバック一覧です: 2004年のジャンプ:

« ハーメルンのバイオリン弾き 10 | トップページ | 2004年のマガジン »