« 見えないんですか | トップページ | ハーメルンのバイオリン弾き 8 »

2004/12/13

2004 レイソル総括

めでたく残留を決めた柏レイソル。「日本一プロジェクト」とかぶち上げた年に降格したら、いい笑い者になるところでした。いや、現時点でもやばいですが。

というわけで、全て終わったことだし、今シーズンの総括を。え? 天皇杯? 何ですか、それは? えーえー、そーですとも。天皇杯もあっさり負けちゃってるから、今年はほんとに店じまいなのさ!

まず、「レイソル日本一プロジェクト」がやばかったですね。やる気は買うんですが、これで3年連続の降格争い。実は弱小チームなんだという自覚に欠けてた。

レイソル弱体化の一番でかい原因は、洪さんいなくなったことだと思います。強かったときって、洪さんを中心に、渡辺、薩川、下平、明神、と守れる選手が揃ってて、がっちり守ってカウンターのチームだった。ミョンボ兄さんがいなくなった後、そこがずっとほったらかし。

その点前任のアウレリオ監督は、薩さんをリベロにコンバートして、穴を埋めることに成功。しかし、骨折。これが痛かった。永田選手は才能溢れる選手ですが、アジアNo.1リベロと同等の働きを求めるのはちょっと酷。

その分攻撃陣が点取ってカバー出来るかというと、もともとバカスカ点取れるチームじゃない。しかも攻撃力アップのための補強選手が軒並み誤算。山下選手は怪我しちゃうし、ドゥドゥ、ゼ・ホベルト両ブラジル人はさっぱりフィットせず。

しかも頼みのリカルジーニョ選手まで怪我しちゃったら、もう点を取る術なし。

あわてて採ったパラシオス選手も混乱に拍車をかけました。薩さんカムバックしてからDFは安定、こつこつ引き分けてたのですが。

確かにパラシオス選手のヘディングはすごいんだけど、今年のJリーグはむしろスピード系FWの活躍が目立ったシーズン。G大阪に大敗した後、守り方を見直して、4試合で2失点。そのまま行ってもよかったと思うんだけど、そこに手を入れて、6試合で12失点。痛かった。

とにかく何とか残ったので、来シーズンは地に足付けて、地道に確実にやって欲しいです。ここでまた、チーム大改造、一からやり直し、みたいなギャンブルだけはしないで欲しい。リカルジーニョ選手が帰ってきた入れ替え戦、チームの形としてはよかったと思うので。

来年は、もっとお気楽にサッカー見たいですね。チャンピオンシップ、トヨタカップ、何それ、それどころじゃないよ! みたいなシーズンは、もうこりごりです(笑)。

|

« 見えないんですか | トップページ | ハーメルンのバイオリン弾き 8 »

レイソル2004・2005 降格への道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/2249633

この記事へのトラックバック一覧です: 2004 レイソル総括:

« 見えないんですか | トップページ | ハーメルンのバイオリン弾き 8 »