« ナルトヤからペリーヌへ | トップページ | 裏話 »

2004/11/27

代替わり

各所で話題になってますが。ドラえもんの声が代わっちゃう!

がーん。ショック。いや、さすがにもう見てはいませんがドラえもん。でもドラえもんのあの声が代わっちゃうなんて。

しかもドラえもんだけではありません。のび太、しずかちゃん、ジャイアン、スネ夫も交代。声優さんがみんな65歳以上じゃ仕方ないか。引っ張るだけ引っ張って、櫛の歯が欠けてくように代わっていくのも悲しいし。

アニメならではの話です。俳優さんなら亡くなってしまったら、もうお終い。寅さんも渥美清さんとともに最後になったわけですが、声優さんの場合は、キャラクターの絵は描けるだけに、声を代えるかということになる。

でもやっぱりどこか違和感拭えないんですよね。

最近だと、アニメじゃないですが、名探偵ポアロのヘイスティングスの声が、代わっちゃってることに気付いて。富山敬さん亡くなっちゃったので仕方ないんですが、やっぱりショック。

ちなみにアニメのポアロは声違ったので見てない。やっぱりあの熊倉一雄さんの声じゃないと、ポアロ見た気がしないんだもん。ホームズも露口茂さんじゃないと駄目。それだけ声の印象はでかいということで。

大山のぶ代さんとドラえもんで思い出すのが、欽ちゃんの仮装大賞でのひとコマ。審査員だった大山さん、出演者の小さな子供に、ドラえもんの声で話しかける。まさか目の前のおばちゃんが声を当ててるなんて分からないお年頃、この会場のどこかにドラえもんが!! と、必死で探すその子の姿がおかしかったなー。

そんなドラえもんの声が代わっちゃう……。寂しい限りです。

|

« ナルトヤからペリーヌへ | トップページ | 裏話 »

映画・アニメ・ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/2029587

この記事へのトラックバック一覧です: 代替わり:

« ナルトヤからペリーヌへ | トップページ | 裏話 »