« 10/24 三沢&小川vs田上&佐野 | トップページ | ハーメルンのバイオリン弾き 2 »

2004/10/27

10/24 小橋vs斉藤

10/24NOAH大阪大会GHCヘビー級選手権試合、小橋vs斉藤。3日連続プロレスです。すいません。だって面白かったんだもの。

直前までの斉藤選手、あの手この手で小橋選手を翻弄。小橋選手を宅配便梱包葬には笑った。ロープでぐるぐる巻きにして割れ物注意の札をぺたり。気にしてないと言いつつ、小橋選手はかなりご立腹のご様子。

事前は異色の前哨戦でも、本番になれば斉藤選手気合十分。大マジのシリアスモードで挑みます。この切り替えが、最近目立つ斉藤選手の個性かも。

試合はやっぱり王者小橋選手がちょっと優勢か? という感じでスタートしましたが、途中で転機が。エプロンからのブレーンバスターを狙った小橋選手。秋山戦でも見せたけど、まさか恒例にするつもりですかとひやりとしたとき、斉藤選手が切り返す。でも組み方がエプロンに対して逆だから、投げられた小橋選手、リングの角にしたたかに腰を打ち付ける。これで明らかに動きが止まる。

ここから斉藤選手の猛攻。あわやというシーンを何度も作り出す。だけど……。

これは解説についていた秋山選手も言っていましたが、何か新しいものが出ない。これでもかと技を叩き込んでいくんだけど、返されてしまう。そうしているうちに斉藤選手の表情から死神の仮面が剥がれていって、戸惑う素の表情が。見ていてちょっと、悲しかった。

全日四天王の頃から続くこの戦いでは、いくつものひらめきが勝敗を分けてきました。川田選手を沈めた三沢選手のワンツー・エルボー。秋山選手が三沢選手に放った雪崩式エクスプロイダー。そしてこの試合で言えば、小橋選手はポストに斉藤選手を担ぎ上げて、バーニングハンマーかと思いきや、打ち下ろしのチョップで叩きつけ、斉藤選手のパンチ攻撃に応えるかのように右パンチ、フルスイング。

斉藤選手の強烈な打撃が、小橋選手をフォール寸前まで追い詰められることは分かった。でも、その先のひらめきがなかった。最後は小橋選手の垂直落下ブレーンバスターに沈む。残念。

でも考えてみたら、斉藤選手はシングルのタイトル大一番って、新日時代から数えても初めてなのではないかと。GHCハードコアのときも硬かったしな。このレベルに足を踏み入れた経験が浅かったわけで、それはこれから積むことが出来る。

クールな死神、最近では駄洒落を忘れない愉快なダーク・エージェント総帥、いろんな仮面を持つけれど実は熱血漢斉藤さんの、これからの戦いに期待します。

|

« 10/24 三沢&小川vs田上&佐野 | トップページ | ハーメルンのバイオリン弾き 2 »

スポーツ」カテゴリの記事

プロレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/1775332

この記事へのトラックバック一覧です: 10/24 小橋vs斉藤:

« 10/24 三沢&小川vs田上&佐野 | トップページ | ハーメルンのバイオリン弾き 2 »