« 夢の続きは来年に | トップページ | デスノート考 »

2004/10/23

10/22 NOAH代々木 Jrタッグ

GHC Jrタッグ選手権、丸藤・KENTAvsマルビン・SUWA。丸藤&KENTA組、8度目の防衛に成功。

毎度毎度、すごい攻防を繰り広げるGHCJrタッグ選手権。今回もまた。最初は不安だったんですが。SUWA選手が。怪我上がりだし、初めてのシリーズだし、よその団体でのタイトルマッチは初めてで勝手は違うだろうし。

その辺杞憂に終わりました。いやむしろ闘龍門(現DRAGON GATE)で見ていたときより光ってる。SUWA選手は闘龍門だとでかいほうで、ドラゴンキッド選手なんかとやってると、弱いものいじめにしか見えない。でかいほうが急所攻撃して勝ってもすっきりしないし、負けしか期待されないかわいそうなポジションになってしまう。

憎々しいヒールとして戦えればいいんだけど、ちょっと違う。SUWAさん眼がつぶらなんだよな…。一生懸命さがにじみ出ちゃうから憎みきれない。

けれどNOAHのジュニアは一回り大きくなって同サイズ。対等の立場で戦えます。反則パンチも急所攻撃もラフファイターの作法のうち。熱烈KENTAファンの声が聞こえてたから、あの女の人は怒り心頭だろうけど。でも僕はラフ攻撃見てるとウキウキしてくるんですよね(笑)。性格だろうか。

試合はKENTA選手の猛烈な粘りで逆転勝ち。このチームの強さは丸藤選手よりもKENTA選手の粘り腰に負うところが大きいのでは。終盤決まったマルビン選手のライガーボムなんてものすごい角度だったし。あれを食らっておいて、最後自分で決めるんだからすごい。

磐石の様子を見せているチャンピオンチームですが、今度は海外で防衛戦のうわさ。一番ありそうなのはプロレスリング・アイアンでモデスト&モーガン組でしょうか。それともまったく別のとこでやるのかな。

果たしてこのチームを止めるのは誰でしょう。

|

« 夢の続きは来年に | トップページ | デスノート考 »

スポーツ」カテゴリの記事

プロレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/1754386

この記事へのトラックバック一覧です: 10/22 NOAH代々木 Jrタッグ:

« 夢の続きは来年に | トップページ | デスノート考 »