« 求む 爆安チケット! | トップページ | 祝!! 松井30号 »

2004/09/30

vsベトナム 辛くも逃げ切り

U-19vsベトナム。1-0。前の試合で負傷退場した柏レイソルの小林選手。その続報が分からないまま迎えた今日の試合。どきどきしながらスタメンを見ると。

うわ、いないよ小林君。並んでる顔の中にいない。あ、でもベンチには入ってるな。過密日程でお休みなだけ?

まあ大怪我じゃないならよかった。次の試合には出られるのかな。

小林君の負傷交代を見た後で思ったことがある。前から気になってはいたんだけど。

昔は日本も弱かったから、そんなことはなかったんだけど、強くなるにつれて楽勝ムードの試合が増えてきた。ワールドカップにも連続で出て、すっかり自信をつけた日本人。そして、代表に対する要求も増えてきて。

格下相手の試合になったとき、とにかく大量点を取れ、と言う声がでかくなってるんだけど。ちょっと疑問。よく「内容が問われます」とか言うけど、大量点が内容なのかな。

小野選手悪夢の負傷を思い出したんですよね。シドニーオリンピック予選フィリピン戦。なんと11-0。面白いように点を取る日本に対して、フィリピンの選手ができる唯一の抵抗が故意のタックル。小野選手が倒れてる横で、ざまあみろって顔してたもんな。

日本人は真面目だからとにかく一点でも多く取ろうとする。日本人なら真面目だから、大量点で負けているとき一矢報いるというのは、一点返すこと。でもそこで、どうせ勝てないしむかつくからやっちまえって国民性の国は、結構あるし。そろそろ楽勝ムードのとき主導権をとってゲームをコントロールする、そういう「内容」にも目を向けていいんじゃないかな。

2-0はまだ分からない。1点取られると、追われる側に一気にプレッシャーかかるから。でも3-0から先はあんまり変わらないでしょう。派手なお祭りは必要ない。それよりその3点を利用して、ゲームを「殺して」しまうことのほうが重要なんじゃないか。見てるほうには退屈な試合になるけど。

思い出すのはオランダ代表ルート・フリット。勝ってる試合でボール回ししてて、70メートル大逆走のドリブル。でGKにバックパス。(当時はまだバックパスありだった)ゲームを閉じてしまうためなら徹底してやるその姿。オランダ代表自体は勝負強いほうじゃないですけど。それでも。

あの時ももう3-0だったから、もっとぼんぼんボール回しててもよかったんですよ。そしたらあんなふうに後ろから蹴っ飛ばされることなかった。これで大怪我してたら泣くに泣けない。

いやー、でも今日はそれどころじゃないですね。控え選手ばっか出したら、結構苦戦。森本選手の一点で辛くも逃げ切り。

さあこれで決勝トーナメント。相手はカタールに決定。今度は楽勝とは行かない。小林君はちゃんと戻ってくるかな?

|

« 求む 爆安チケット! | トップページ | 祝!! 松井30号 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/1554345

この記事へのトラックバック一覧です: vsベトナム 辛くも逃げ切り:

« 求む 爆安チケット! | トップページ | 祝!! 松井30号 »