« ラリアット列伝 | トップページ | ロッテ有終の美? »

2004/09/20

あのひとをだまそう

佐々木少年先生との馴れ初めの話。

ナベ先生のとこで一緒にアシスタントしていたわけですよ。そんなある日佐々木君から「ネームをきってくれ」と。

そのころ佐々木君は自分のネームがうまくいかなくて苦しんでて、とにかくひとつ作品を仕上げたいから、よければネームをきってくれないかという要望。ちょうどぽっかり暇だったので、いいよーと二つ返事でOK。

ここから本題。描いた作品どうするかということになったとき、ちょうど次のガンガンの新人賞がナベ先生が審査員だなーと。そこでコネを使おうという話じゃなくて、逆にびっくりさせてやれ、と悪戯しかけることにしたのです。

二人とも応募するなんて一言も言わず。僕にいたってはネームを見せて「どうでしょう」と感想を聞いてみたり。で、審査の時期になったとき。

ある日電話がナベ先生からかかってきて、何か神妙な様子。「今新人賞の原稿来たんだけどさ、その中にこんな漫画が……。」ピンと来たんだけど知らない振りしてフムフムと聞いていると。

何ヶ月か前に見た僕のネームとおんなじ話があるけれど、絵はまるっきり別人。まさか打ち合わせでしゃべったネタがパクられて別の人に……と心配になったらしい。笑いをこらえてこっちも神妙な声で、「それってこうなって、こういうオチで…」「そうそう!まさかやっぱり……!」「すいません、それ僕です。佐々木君が描きました」

いたずら大成功。

その作品は結局、下馬評はよかったんだけど、最後の選考で「少年漫画らしくない」という理由で佳作止まりに。掲載もきわどく逃して日の目を見ず。残念。

タイトルは「Spring8」。語呂がよかったんで大型放射光施設の名前を借りました。もちろん作中でちゃんと意味があるんですが。こないだの台風で屋根飛んだんですよねー。ちゃんと直ったかな?

|

« ラリアット列伝 | トップページ | ロッテ有終の美? »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/1405769

この記事へのトラックバック一覧です: あのひとをだまそう:

« ラリアット列伝 | トップページ | ロッテ有終の美? »