« また谷間なの? | トップページ | 突入大失敗 »

2004/09/11

漫画の連続性

ブンブン10月号発売より何日か経って、友人知人の皆さんから「読んだよ」というありがたい声が届いています。感謝感謝です。皆さんに足を向けて寝ることができません。ああ、でもそれじゃどっちを向いて寝れば。

お褒めの言葉もいただいたりして、うれしい限りです。そんななか、特別な思いで受け取ったコメントがありました。

「小学一年生の親戚の子が、40ページという長さにもかかわらず一気に読んでいた」というお話。それが出来るという事が、自分のプライドだったので。

ちょっと真面目な話。正直、才能に恵まれてないのは自覚してる。センスないし、絵だってあれだし。あったらこんなに下積み長いはずないし。それでも、やめないで続けてきたのは。

ひとつ自分に出来る事があって、そしてそれが重要な事のはずだと思っていたからなのです。

いわば漫画の連続性。一度読み始めた人に、最後まで読ませること。当たり前のことに聞こえるかもしれないけど、意外に重視されてない。でも絶対ボディブローのように、読者にじわりと効くはずだ。

そう思って、それを身につけようと努力して。話の構成、キャラクターの動機、感情の流れ、ニュアンスまで掘り下げること、コマとコマのつながり、伏線の張り方、台詞の受け答えに至るまで。考えなきゃいけないことを一つ一つ確認して、身につけた事。

オチまで読んでもらえなきゃ、ストーリーなんて評価してもらえない。絶対につっかえさせない。最後まで一気に読ませてみせる。それがプライド。

ほんとに評価低いですけどね。「川瀬君のは不思議と最後まで読めるんだけどねー」でもボツ。んで、すっごい読みづらいのが代わりに載って、地団駄踏むパターン。

でも今回はちゃんと載れて、読んでもらってる。後は最後まで読ませるのはいいとして、読んだ感想が「面白い」になるかどうか。

「読んだ結果、つまらないことが判明」じゃ、どーしよーもないですからねー。読ませることがボディブローなら、KOパンチは面白いことなんだから。

全国津々浦々の子供たちが、「面白い」と思ってくれてますよーに。

|

« また谷間なの? | トップページ | 突入大失敗 »

日記・つぶやき2004」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/1401497

この記事へのトラックバック一覧です: 漫画の連続性:

« また谷間なの? | トップページ | 突入大失敗 »