« アテネの裏でひっそりと……● | トップページ | アテネ五輪ベストバウト!? »

2004/08/17

やっぱり最後は個人の力?

あっという間に終わってしまった五輪男子サッカー。ありゃー。

特にイタリア戦の負け方は、世界ってまだまだ遠いんだなーと感じました。だってちゃんとディフェンダーはいるのに。あんなオーバーヘッド、ありですか。

敗戦の理由がいろいろ語られています。オーバーエイジの合流がうまくいかなかったという論調も見かけます。

でもそれより問題だなと思ったのは、準備してきたことが、あっという間に吹っ飛んでしまったこと。戦える選手を集め、作り上げたはずの固いDF陣があっという間にずたずたにされ、イタリア戦ではほとんどやってない4バックでスタートする緊急事態。五輪が始まる前までは山本監督は準備万端怠りなく、やれることはやった、という感じだったのに。

日本のサッカーはフィジカルの不利をカバーするため、組織的に、戦術を練っていって世界と戦おうとしてきました。それである程度の結果は出た。でもそれだけじゃ限界なんじゃないかなー、と思わせる敗戦。

そして負けてしまった今、山本監督を非難する声が聞こえます。選手の指導力や監督経験のなさについて。でもちょっと待って。

これは監督で負けたんじゃないんじゃないか。

ギリシャがEUROで勝てたのは、マンマークで相手エースを消していくという戦術が当たったからじゃない。マンツーマンで相手エースを消せる選手がちゃんといたからだ。そういう言い方も出来ると思う。組織を支えるのはやっぱり個々の能力だ。ジラルディーノに翻弄される姿を見ながら、そんなことを考えてました。ジラルディーノには一人で行くな、二人で行けっていう指示があったそうだけど、カバーが来る時間も稼げないんじゃ組織もくそもないよね。

日本ではチームに監督の名前がつくことが多い。トルシエジャパンとか、ジーコジャパンとか。でもジャケブルーとは言わないし、スコラーリセレソンとも呼ばない。仰木マジックという言葉が野球であったように、監督の力、戦略戦術ががものすごく高く評価される。

それは重要な要素だけど、万能じゃないと思う。戦うのは選手、育つのは選手、頑張るのは選手。その個々の選手のところで、今回は惨敗。

そんな試合で、それでも希望があるなと思ったのは、なんとしても攻めなくてはならなくなったとき、日本の選手たちがパススピードを上げ、もっとシビアなコースを狙い、何とかしようともがいていたこと。自分たちで何とか対応しようとする姿勢に、この敗戦が無駄にならないはずだと感じました。

それから「やっぱり最後は個人能力」という観点で言えば、阿部選手のフリーキック。やっぱりすごい。あれは完全に世界のレベルだなーと感心。中村の左、阿部の右っていう代表が見てみたいなー。

|

« アテネの裏でひっそりと……● | トップページ | アテネ五輪ベストバウト!? »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/1211245

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり最後は個人の力?:

« アテネの裏でひっそりと……● | トップページ | アテネ五輪ベストバウト!? »