2018/09/26

天鏡のアルデラミン ⅩⅣ

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン ⅩⅣ (宇野朴人・著)を読みました!

最終決戦が始まった。攻めるキトカ共和国。率いるは「不眠(ねむらず)の輝将」ジャン・アルキネクス。新たにもたらされた新技術、精霊通信を用いて全軍を掌握、自ら全ての部隊に指示を送る。受けるはカトヴァーナ帝国。自国に引き込んで敵の消耗を誘う作戦。新戦略イクタ・ドクトリン「休める時にしっかり休む」で、長期戦での勝利を狙う。

対照的な、けれど稀代の名将二人による、拮抗した攻防。決着がついたと思った最後に放たれた、誰もが思わなかったイクタの一手が……。

最終巻なので、全体を通しての感想を。まず、第12巻の感想として書いたように、すごいSFでした。

最初に見たのはアニメの第一話で、初見の印象は、ライトノベルによくあるファンタジー。そのあと小説を読むと、精霊の設定にSF的なものがありそうだという感じでした。

近年ではSFとファンタジーのいいとこ取りの作品は数多くあるため、それはあまり珍しいと思えるものではなく、むしろちょっと地味だなと思うぐらい。

さらに、そういう作品は科学と魔法の共存みたいな形なのですが、そういえば魔法が出てこない。さらに地味。戦争における技術発展がテーマになってて、それも地味。地味でしっかりしたお話は好みなので、うきうきして読んでいたのですけれど。

それが第12巻で、世界設定の全貌が明かされた時。これはSFとファンタジーのいいとこ取りの形なのではないと気がつかされます。一見ファンタジーに見えるけれども、実は壮大なSFだったということ。

SF&ファンタジーのいいとこ取りをする作品の狙いは、映像的に派手な要素を並べることで、そこで派手な魔法がないから地味だなと思っていたけれど。

SFとしての全貌が見えた時、今度はSFの持つ派手要素、全世界の運命を語る壮大さが浮かび上がってきます。その部分は超ド派手な話だったよ! SFファンとして感嘆させられました。

そして全体を通したお話の筋。

最初に第一巻を読んでいた時、途中までは「地味だけど、キャラの掛け合いが楽しくて、まあまあおもしろい」ぐらいの感想でした。それが最後に、大どんでん返しが提示されて、続きを読まねば! と変わります。

そこで示された伏線が、物語の底流として、ずっと潜んでいて。どうなっちゃうのかなと、ずっと気になっていたのですが。

それがこの最終巻でどばっと表面化。しかもこの作品は、途中で想像を上回る手厳しい展開を見せて、ヒロインだろうと思われたヤトリが退場しています。ハッピーエンドにならない可能性が十分にある。どんどん悪化していく状況に、手に汗握って読みました。

完全に作者の思惑に転がされていた形。そして、迎えた最後のシーン。物語の後日談が書かれ、それぞれが過去を飲み込んで、哀しみを抱えながらも前向きに生きている。それでも十分いい終わり方でしたが。

おまけのように始まる、不思議なシーン。

それが、第12巻で張られていた伏線だと気づいた時。

それが、この物語をずっと貫いていた二人のテーマだと気づいた時。

ラストシーンは、以前のシーンを重ねているのだと気づいた時。

そして、この作品のタイトル自体にSFの設定を暗示する伏線が仕込まれていた上に、最後の一文がそれを使っていた時に。

ぞくぞくと背筋を走る感動がありました。

こういうふうに感じられるお話には、そうは出会えない。

読後の満足感がとても素敵なお話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/25

TMvs群馬 練習試合連敗

練習試合vsザスパクサツ群馬は、1-3。

練習試合で連敗してるのも怖いなあ。

そこまで勝負に徹していないとしても、けっこういいメンバー出てるんですよね。

チームに守備の基盤がなくなってる……?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/24

あせびと空世界の冒険者 9

お手伝いしている友人漫画家、梅木泰助先生の『あせびと空世界の冒険者』第9巻が発売されております。

謎の島に上陸したユウたち一行。そこはヴォルデシアの秘密が隠された、正体不明の島でした。謎は謎のまま、首都島を目指す一行。そこに保安部隊が襲い掛かり……。

島に絡んだまだ見えぬ秘密、保安部隊のたくらむ陰謀、そして迎えるストーリーの一大転機。

とても緊迫する第9巻でした。

そこでほのぼのさせる巻末おまけ漫画のあせびさんもかわいい。

さあ、次はいよいよ二桁10巻。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/23

vs鳥栖 勝ち切れず

2018J1第27節、vs鳥栖は1-1。

瀬川君が好調で、先制点を取れたのはいいとして。

逃げ切りたかったですね。追加点取れそうなシーンもあったし。

ここ最近続いた下位のチームとの対戦が、あまり芳しくないまま終わってしまい。

ここから上位チームとの対戦が来るので、けっこうやばい。

大丈夫かな……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/22

巨人たちの星

今週は早出仕事が多く、今日も仕事で出かけたので、サッカーの偵察が間に合っていません。ということで、本日は読書感想。

巨人たちの星 (J・P・ホーガン・著)を読みました!

ガニメアンたちが同胞が移住したと思われる星へ旅立った後、その星から入ってきた通信。太陽系から移住したという仮説は裏付けられた。

しかし、その後コンタクトを続けるにつれ、おかしなことが発覚する。向こうはどうやらずっと地球を監視していたらしいこと。なのにその内容がでたらめなこと。さらには、地球側の対応も、どうもおかしなことになっていて……。

月で見つかったルナリアン。ガニメデで見つかったガニメアン。謎の異星人発見から始まった物語は、人類発祥の謎へとつながり、ぐるりと回ってそれが明らかにされました。

このお話がアメリカで発表されたのが1981年。ミッシングリングと呼ばれた、人類進化途中の化石が見つかっていないという謎はまだ解明されていない時期。また小惑星帯がどうやって生まれたのかも謎、冥王星の軌道だけが大きく傾いた楕円軌道なのも謎でした。

そういうものを一つの仮説でまとめて物語にする。この壮大さがSFの醍醐味ですね。おもしろかった(^^)/

余談ですが、そんな荒唐無稽さを売りとするSFにおいて、この物語ではアメリカに対抗する国際勢力としてソビエト連邦が出てきます。考えたらこれはベルリンの壁崩壊前のお話。

宇宙人地球来訪よりもソ連崩壊のほうが荒唐無稽だった、というのが、あのころの世相を現していておもしろいなあとも思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/21

ジャンプ42号感想 夜景

月曜祝日で、土曜発売。来週もなのか。現場は大変そうだ。ジャンプ42号感想です。スレッドでつなぎますー。

表紙&巻頭カラー新連載『思春期ルネサンス!ダビデ君』。「バチカァァン」の罰当たりっぷりw

『鬼滅の刃』。禰豆子の真ん中の笑顔と、最後の笑顔。すばらしい。

センターカラー最終回『銀魂』。終わりのはずなのに終わってないw これが許される作風を確立したのがすごいところ。

『アクタージュ act-age』。アキラ君の話も絡んでくるのではと思っていたら、来た!これ、うまく転がすととても面白そうなので、期待大。

『ぼくたちは勉強ができない』。成幸は、下手に中途半端な学歴つけて中途半端な会社に入るより、ずっと儲かる技能を持っているような気がw

『ハイキュー!!』。実際に、日本で、レベルが落ちるはずの高校スポーツがコンテンツとして人気なのは、負けたらこのチームは終わりというドラマ性があるからかなあと思う。

『ゆらぎ荘の幽奈さん』。バトル漫画は大量に作られ、エスカレートする展開もみんなよく知っているとはいえ、見開きごとにどんどん進むこの圧縮された展開を読ませるのは、けっこう難しいことなのではないかと感心。

『火ノ丸相撲』。頑なさが生んだ危機だったけれど、それは相撲の型も同じで、そこを重ね合わせてこの技で勝つのはいい勝ち方。そして「今日からは団体戦」はやっぱりいいフレーズ。

というジャンプ42号感想でしたー。さて、今週末のノルマがまだこなせてないんじゃよ。がんばらねば。18/9/16

『アクタージュ act-age』。あったら面白そうだと思っていた、アキラ君のルートが顕在化してきました。

夜凪は天才で、かつ奇人のタイプです。とても目立つキャラクターで、何をしでかすかわからないので、先が読めず、それにより物語をドライブしていきます。

それに対して物語をドライブする別の手段は感情移入させること。

アキラ君は設定こそイケメン二世俳優と派手ですが、常識人、真面目、凡才と、キャラ的には考えていることが分かりやすく、感情移入しやすいタイプです。自分がちやほやされていても、力不足を自覚していて、親には才能がないと切り捨てられており、それでも愚直に悩み、がんばっている。

そんなアキラ君がひとつ殻を破るシーンが来たら、きっと盛り上がる。注目中なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/20

天鏡のアルデラミン ⅩⅢ

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン ⅩⅢ (宇野朴人・著)を読みました!

この世界の真相を知り、国へ帰った一行。最終決戦の日が迫る、最後の日常。その中では、少しずつ、変化が訪れる。

新しい家庭を築く者、なくなった家族を愛おしむ者、新たな関係を築こうとする者、そしてより深い関係を築く者。

そして訪れる最終章。

僕のここでの感想文は、お読みいただいていれば分かるように、だいたいフォーマットが固まっています。まず、冒頭の部分を中心に、あらすじをまとめて、上のように引用の囲みでくくって、となっているのですが。

今回はここの部分で、めっちゃ悩みました。なぜかと言えば、ほんとに決戦前の日常で、みんなのシーンが少しずつ書かれているからです。冒頭だけまとめると、マシューとポルミの話だけになっちゃう。かといってみんな書いたら、ほとんど全部ネタバレです。

しかし、この日常が。

この、ちょっとほのぼのしたり、切なかったり、じわっと来たりする日常が。

来たるべき、すべてを賭けた非日常、最後の決戦への伏線として、描かれているわけで。

さあ、次巻いよいよ最終巻。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/19

TMvs町田 練習試合でも

練習試合、vsFC町田ゼルビアは1-2。

練習試合でもあっさり先制点を許し、負けちゃってるの、怖すぎる。

12位まで勝ち点3差とはいえ、降格圏の16位まで落ちているわけで。

この悪い流れを断ち切りたい。

がんばってー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/18

攻める講談社

デビュー作大ヒットの天才と思われた人が一発屋で終わったり、長く生き残っている腕の確かなベテランの先生でも当り外れがあったり、面白さには経験により上がっていく表現の腕とは別軸のアイディアの質の問題があり、しかもそれは「降ってくる」と言われるように、偶然性が作用していると思われ。

すると何枚目に当りアイディアのカードを引くのかは、天のみぞ知るということになる。その時、現在は本人が諦めなければ、当りを引くまで書き続けられる環境がある。中には、粘りに粘って当りカードを引く人がいるはず。そう考えると一度デビューした人は表現の腕は確かな人材。あとは当りを引くだけ。

そういう視点の逆転が考えられる一方、出版社側からすると、以前は才能の集まる窓口は新人賞と持ち込みだったけれど、それが投稿サイトのようなプラットフォームに移行している環境の変化があり。そこで自社サイトを構築し、さらに才能の集まる仕掛けをしている講談社は攻めてるなあと感心するのです。

さて、当りカードという表現をしても、すべて偶然に頼っていてはだめで、当り確率を高める努力、アイディアのアベレージを高める努力は必要。ということで今週の目標は、新作アイディアいくつか出すこと。その中から選ぶ一人コンペ。目標は木曜まで四つの一日一つ。昨日の分は出た。今日のはまだ。18/9/11

講談社が、ガンズ関連では米田さんやらせんさんが利用しているトークメーカーを飲み込んで、ノベルデイズとして小説投稿サイトの運営に乗り出したのですが。

さっそくイベントを立てて話題を作っていたので、攻めてるなあと思った次第。

しかも、つぶやいたとおり、目の付け所が面白いですね。

プラットフォームって、人が集まっているところにさらに人が集まる循環ができて、独り勝ちしやすいと思うんですよ。そうすると、いかに自分のところに人を集めるか、しかも早い段階で、かつ能力のある人を、という競争になる。

その時に後発のノベルデイズが、腕は確かなプロ経験者を自社に引き付ける手を打ってきたのは、なかなか興味深いと思います。

いろんなプレイヤーがいろいろ手を打ってきている中、さて、自分はどうしようか、考えどころ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/17

期待感を作る

どれだけ一生懸命中身を作っても、このコンテンツ過密の世の中では、最初の期待感をうまく作らないと中身を見てもらえない。パッケージの部分、冒頭の部分をどうするか。
逆に、期待感を作り、それに応え続けることで、作品をずっと転がすことができる。
考えどころ。

「他に例がない」って「需要がない」って意味だったりもするので、需要があって多く作られているものと同じ期待感を作りつつ、でも他にはないのではないかと感じさせる、二律背反をクリアしていかないといけないわけで、それは神業。18/9/5

漫画だったり小説だったり、ずーっと創作活動してきて、自分のこの部分の弱さがだめだなあと痛感しているのです。

出版社に持ち込む企画なら、ここが「売れる期待感」になり、採用の可否に影響する。ネットではもっと直接的で、まさに中身を見てもらえるかどうかにつながる。

ただ、あまりにそこに順応しすぎると、それはそれで型にはまったり、逆に需要がないほどの奇抜さになったり、一発ネタ過ぎて後が続かなくなったりして。

いい感じのところに持っていくのは、本当に神業です。難しい。

あと、期待感を全部、作品の内容いじくって対応しなくてもいいはず。その辺も探求中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«vs清水 また3失点