2021/09/27

連敗した

連敗。やばい。同じパターンに……?

2021J1第30節、vsG大阪は1-2。

しかも、体調もおかしくなった。仕事中なのでツイッターの速報で追っていたのですが、敗戦濃厚となった辺りから、急速に力が抜けていく感覚。よく負けると僕のテンションがガタ落ちという話をしてますが、それは心のテンションの話で、身体のテンションではない。

いつもだと過労だから寝ろという身体からのアピールですが、もしくはワクチン打ったから副反応?

とにかく踏んだり蹴ったり。

| | コメント (0)

2021/09/26

偵察G大阪vs仙台・鹿島とG大阪戦展望

ハットトリックされて惨敗した次の試合。ここで立て直せるかがとても重要です。まずは偵察。

2021J1第28節、G大阪2-3仙台。

点の取り合いとなりました。先制したのは仙台で、37分。右サイドの蜂須賀選手へ展開、ここから上がったクロスを富樫選手がヘディングで決めました。この時、仙台はゴール前に選手が4人入ってきて、ニアサイドの2人はコースをクロス。そこで空いたスペースに、少し後方から富樫選手が入っていった形。うまくマークのずれを作りました。

39分にG大阪が同点。藤春→宇佐美→藤春の連携で左サイドを突破。クロスを上げるところにスライディングでカバーが入り、足に当たってボールは高く上がりゴール前に。そこに走り込んできた矢島選手がヘッドで決めました。

しかし前半終了間際の42分、仙台が再びリード。右サイドでのFKに、再び富樫選手のヘディングシュート。やはり後方からニアに走り込んで、うまくマークをはがしました。

後半に入っての60分、G大阪再び同点。右サイドからのクロス、ファーに走り込んだ矢島選手が右足アウトでダイレクトの繰り返し。これについていこうとした蜂須賀選手の体から離れた後手に当たってハンド、PK。これをパトリック選手が決めました。

そして試合を決めたのが仙台。決勝点は79分です。仙台のカウンター、ボールを運ぶ西村選手。左右どちらにパスを出すのかという状況で、G大阪CB陣の寄せが一瞬甘くなったところを見逃さず、そのままシュートを決めました。仙台の劇的勝利です。

第29節、鹿島3-1G大阪。

前半からずっと鹿島のペースで試合が進みます。

ハーフタイムを挟んでも流れは変わらず、後半出だしから鹿島のプレスがどんどんはまり、52分鹿島先制。自陣でボールを奪ってカウンター発動。ピトゥカ選手がドリブルで運んでいき、荒木選手へ。ダイレクトシュートはG大阪GK東口選手が止めましたが、そのこぼれを上田選手が詰めました。

60分には鹿島追加点。右SB広瀬選手へ展開してクロス。その右サイドでの作りに参加していたアラーノ選手が反転してゴール前に入っていって、ヘディングシュートを決めました。

73分には鹿島が試合を決定づける一撃。鹿島自陣ゴール前でボールを跳ね返して、またカウンター発動。土居選手がボールを運び、G大阪CB陣が他の入ってくる選手を見て寄せられないところを見逃さず、そのままシュートを決めました。

80分にG大阪が1点返します。鹿島CB関川選手が、G大阪のアウベス選手にボールを奪われ、追走。ペナルティーエリア内で切り返したところで足を払ってしまいPK。これをアウベス選手が決めました。

G大阪は一矢報いましたが力負け。これで4連敗です。

このあと天皇杯がありました。第101回天皇杯4回戦、G大阪4-1湘南。

リーグは連敗で来ていましたが、いい形で勝てて、これがどう出るか。

これを踏まえてG大阪戦の展望です。ハウルさんの移籍があったので、チームとしての方向性は、はっきりした気がします。

守備では。

とにかくまず、守備がしっかりしていて初めて試合になるということがはっきりしました。前節3失点をしっかり締め直せるかどうか。

成績はふるっていないG大阪ですが、個々の能力の高い選手が揃っているので、そこはしっかり止めたいところ。まずFWの中心となっているのは、おなじみパトリック選手。サイズはありますがポストプレイヤーというよりは裏抜けが得意なタイプ。そして当然驚異のヘディング。しっかりつかまえて負けないで。

個の能力の高さで言えば宇佐美選手です。高い技術でボールを運び、鋭い脚の振りでいきなりのシュートがあります。隙を見せずに。

攻撃では。

このあいだも書きましたけど、もうこうなったら本当に、細谷君の覚醒、大ブレイクを希望です! もっともっとシュートへの積極性を出していってほしいと思います。隙を見逃さずズバッと!

積極性という点ではクリスティアーノさんはダントツです。特にカウンターでミドルシュートの場面の偵察の試合で見ており、クリスティアーノさんにもそういうシーンがありそうです。ドカンと1発お願いします!

偵察というと、この2試合でG大阪は6失点しているのですが、似たパターンの失点が目立ちます。特に後方から選手が入ってきたときに捕まえきれていない感じがあります。とすると、シャドーの選手の飛び込み方が重要。瀬川くんか武藤さんか。二人とも寄せが甘ければズバッとシュートにも行けるタイプなので、この試合にははまりそうな期待感。ぜひとも決めちゃってください!

重要な直接対決!!

勝ちましょう!!

| | コメント (0)

2021/09/25

今週の漫画感想 刺身1334

コミティアから帰ってきて、のんびりラーメン食べながら漫画読む幸せ。ジャンプ42号とジャンプ+の感想です。スレッドでつなぎますー。

まずはジャンプ。『逃げ上手の若君』。幕間のちょっといい話と思わせておいての展開、うまい。

『破壊神マグちゃん』。出迎えるマグちゃん、かわいい。

センターカラー『あやかしトライアングル』。ヤヨいい子なのになーと思ったら、活躍前だった。今ならどうかな?

『ウィッチウォッチ』。なんか一人、やばめの女子がいるw

お次はジャンプ+。『姫様拷問の時間です』第112話。いい話でほっこりしたけど、拷問、どっか行ったw

『SPY×FAMILY』第53話。姉強し。母はもっと強し。

というジャンプ42号とジャンプ+の感想でしたー。ラーメン食べ過ぎた。21/9/20

家の前で道路工事が始まり、夜型生活なのにたたき起こされた水曜日。マガジン・サンデー43号の感想です。スレッドでつなぎますー。

まずはマガジン。『それでも歩は寄せてくる』。定番のすれ違い会話パターンはテンポと膨らませ方が肝心。その辺りが絶妙でさすが。

『男子高校生を養いたいお姉さんの話』。裏で進行する花ちゃんのエピソードが気になるw

『黒岩メダカに私の可愛いが通じない』。もうベタぼれなんだけど、いったい何があったのか。

お次はサンデー。『古見さんは、コミュ症です』。謎のグラビアが始まって、めっちゃ引っ張るけど一体何ごとと思ったら、ラストページw

『葬送のフリーレン』。フェルンは表情あまり変わらないけど、喜怒哀楽はわかりやすくておもしろい。

『よふかしのうた』。前半は設定入って難しいシリアス展開だったのに、急展開w この緩急がうまい。

というマガジン・サンデー43号感想でしたー。そろそろ仕事準備。21/9/22

『逃げ上手の若君』。前号で大きなエピソードが終了。すぐに次の敵が出てきてもいいのですが、あまり繰り返しているとお話的にマンネリが起きるので、長い連載では箸休め的な楽しい小エピソードを挟むことが多く。

今回も、そういう、ちょっと楽しくていい話なんだろうなーと思って読み進めていると。

そのエピソードを利用して、次の展開が始まった。うまい。

一度緩めて、読者が予想していなかったタイミングできゅっと締める。雰囲気のギャップも大きいのでとても印象に残ります。お見事。

ラストのコマにいかにも曲者っぽい側近たちの姿が描かれています。これがこれからの敵か。盛り上がりそうでわくわくしますね!

| | コメント (0)

2021/09/24

ハウルさんの移籍

ハウルさんのメキシコのフアレスへのレンタル移籍が、急に発表されました。

めっちゃびっくり。怪我で外れてたんじゃなかったの。

ネルシーニョ監督と衝突したという噂を見かけたのですが、真偽のほどはどうなのでしょう。

今年の課題はとにかく、オルンガさんの抜けた穴をどうするか、ということでスタート。呉屋さんはいまいちフィットしきらず、そこでハウルさんが活躍して、これでなんとか埋まりそうと、ホッとしてたのに。

こうなったらもう本当に、細谷君が大ブレイクするしかないですね!

チームのピンチにアカデミーっ子が急成長して救ってくれると、それはもうめっちゃ燃える展開になって、この衝撃を吸収しておつりがくるわけですよ!

ぜひそうなってほしいです! がんばれ!

| | コメント (0)

2021/09/23

ガンズのガン子ちゃん更新

『銃と宇宙 GUNS&UNIVERSE』に、このあいだのコミティアで出したガン子ちゃん漫画を載せました。

『火星Gゴーホーム』。1p漫画。

『GはグレートのG』。4p漫画。

コピー誌でお安い本でしたが、一応お値段ついてましたので、4p漫画の方は途中から有料設定になっております。

『銃と宇宙 GUNS&UNIVERSE』定期購読は、月100円で過去作も読み放題! つまり一月分払って全部読むという、お得な裏技も可能ですので、ぜひお試しくださいませ<(_ _)>

ちなみに漫画のタイトルは、言わずと知れた名作SFからですね。はたしてGとは何か!(だいたい予想つく)

| | コメント (0)

2021/09/22

山脈縦走

余裕があったはずのコミティアの小冊子作りがピンチになるというだめっぷりを披露していたわけですけれども、なんとか乗り越えて。

次は何をしなきゃいけないのかなと、予定を考えてみたところ。

やること一山越えたはずなのに、越えてない?

何か山は山脈のように繋がっている模様。

これはいわゆる縦走ってやつか。

まず、『クローン04』の推敲に始まり、ちょっとした仕事の準備稿を書かなきゃいけないとか、提出用作品とか、コミティアの次の本とか、さらには宣伝ももっとなんとかしないととかとか……。

結局、普段からやらなきゃと思っていることが消化しきれてないので、締め切りの有無は関係なくて。

スピードを身につけないと解決しないということですね。がんばろう。

| | コメント (0)

2021/09/21

コミティアでした

コミティア137でした。

余裕があったはずなのに原稿がギリギリになって、出かける前に製本していました。反省。

反省点もう一つは、ガン子ちゃんの漫画を描いたのに、ガンズの宣伝を入れ忘れたことです。ガン子ちゃんはもともとガンズのマスコットキャラクターとしてデザインしました。いまいち宣伝まで手が回ってないなあと思って、今回漫画を描いたのに、それで宣伝入れ忘れるなんて痛恨のミス。『ガンズのガン子ちゃん』というタイトルが意味不明に。余裕を持って作業しないからー。

ガンズの見本チラシと並べておいたけど、気づいてもらえただろうか(+_+)

会場全体の雰囲気について。見渡すと、サークルの出席率がよくない感じ。だいぶ感染者は減ってきていますけど、デルタ株の影響でしょうか。見合わせた人が多かったのか。ソーシャルディスタンス的にはばっちり。前後左右、全部お休みだったのです。

お客さんも、もともとコロナ対策で人数制限しているので、とてものんびりムードでした。

ただ、これでイベント的には続けられるのかなと、このあいだコロナ禍の記事でも書きましたけど、ちょっと心配です。日本のワクチン接種は、生産国に輸出を止められて出遅れたのですが、現在世界最速を争うペースで接種しており、逆転しそうになっています。これで集団免疫ができて元に戻れたらいいんですけど、それが厳しそうというのもこのあいだ書いた通り。大丈夫かな。

| | コメント (0)

2021/09/20

先週の漫画感想 生きたがり1334

作業が遅れて迎える月曜日。漫画の感想も駆け足。ジャンプ41号とジャンプ+の感想です。スレッドでつなぎますー。

まずはジャンプ。『Dr.STONE』。ここで立ち上がるのが、この漫画のいいところ。燃える展開。

『逃げ上手の若君』。あらぬ誤解がw

センターカラー『ウィッチウォッチ』。大団円の中に伏線張られてて気になる。

『破壊神マグちゃん』。読者の予想の方向性をセリフで縛っておいてのどんでん返し、お見事。

お次はジャンプ+。『姫様拷問の時間です』第111話。話を引っ張る緩急の付け方がお見事。

『阿波連さんははかれない』第124話。あれだけやっておいて最後の一コマがあっさりしているのがいい味。

というジャンプ41号とジャンプ+の感想でしたー。作業だけじゃなくて雑事も溜まっているのですよ。ピンチ。21/9/13

作業ピンチの水曜日。今回も感想駆け足。マガジン・サンデー42号の感想です。スレッドでつなぎますー。

まずはマガジン。『ダイヤのA』。試合前の情景を積むだけ積んで、かける想いを描き切って、さあ大一番。

『黒岩メダカに私の可愛いが通じない』。パターンを変えたところでさらに畳みかける新キャラ登場。どうなるのかな。

『男子高校生を養いたいお姉さんの話』。「付き合うまでに300話かかったのに」に笑ったw

お次はサンデー。『葬送のフリーレン』。弟子に語り継がれる思い出、いい感じ。

『舞妓さんちのまかないさん』。もしかして波乱の予感?

『よふかしのうた』。髪を切っただけで、ここまでの緊張感w

というマガジン・サンデー42号感想でしたー。さらに余計な雑事も増えてんだよね。急がないと。21/9/15

『逃げ上手の若君』。ミッション終了。死を美化して死に急ぐ保科党の面々を、無事逃がすことができました。

歴史物の場合、実際に起きた出来事があり、それをベースに創作していくことになります。縛りがあるわけですが。

その縛りをマイナスではなくて、プラスにできるかどうかが腕の見せ所。言い伝えられていない歴史の隙間に想像力を巡らせ、キャラクターを生み出して行動させる。

今回うまいなと思ったのは、保科党のその後についてです。

ものすごい濃いキャラクターたちを登場させるのは、松井先生の持ち味です。そのキャラたちが、武士らしく潔く散ると死に急いでいた。極端に表現して印象付けたところが、まず下ごしらえ。

そこを、時行に諭されて逃げ延び、生き方を変える。そのシーンで歴史的事実をうまく使いました。諏訪の小領主、保科氏は領地を変えながらもこのあとの戦国の世も、江戸時代も生き延びて、明治維新まで続いたとのこと。このシーンがそんな未来に繋がったのかと、とてもいい余韻を味わうことができました。「生き延び上手の大名」がいいフレーズですね(^^)/

| | コメント (0)

2021/09/19

vs広島 次が大切

2021J1第29節、vs広島は0-3。

ドウグラス・ヴィエイラ選手にハットトリックされるという、悲しい敗戦。

いろいろ雑事で面倒事が起きていて、メンタル削れている時に、惨敗するとダメージ大きい(+_+)

4月に3連勝した時は仙台に負けて、そのあと崩れたので、ここが踏ん張りどころ。

次が大切です。がんばって!

| | コメント (0)

2021/09/18

偵察広島vs神戸・Mと広島戦展望

いい流れのまま来まして、迎えます広島戦。このまま連勝を伸ばしたい。まずは偵察。

2021J1第24節、広島1-1神戸。

こちらは大雨で延期していた試合。代表活動期間中ですけれども開催されました。

神戸の1トップに海外帰還組の武藤選手が先発。お金があるクラブはいいなあ(2度目)

広島は怪我人やコンディション不良などで、何人か先発変更してスタート。前半から神戸にボールを持たれますが、広島はそれを織り込んでの守備からカウンターの狙いなので落ち着いており、シュートはあまり打たせていませんでした。

けれど後半に入ったところで広島にさらにトラブル。57分、神戸・佐々木選手のドリブルに、広島ボランチのハイネル選手が少し遅れて足裏を見せたタックル。これが2枚目の黄紙となって退場です。前半にもらった1枚目は異議での要らないカードだったのでもったいない。

10人になった広島ですが、しかしそれでも先制します。66分、くさびのパスをドウグラス・ヴィエイラ選手が収めて反転、そこで押し倒されてFK獲得。東選手がこれを直接決めました。

しかし神戸も72分に追いつきます。左SB初瀬選手がサイドでボールを受けると、切り返して右足でインスイングのクロス。これをニアに走り込んだ佐々木選手がフリックしてゴール。

試合はこのまま引き分けで終了。広島は追いつかれ同点にされてしまったのですが、メンバー変更や退場などがあり不利だったことを考えると、がんばった引き分け。

第28節、広島1-3マリノス。

先制したのは広島でした。8分、左サイドに出たボランチの土肥選手から、DFライン裏へクロス。そこへ飛び出したシャドーの東選手が、斜め後方からの難しいボールをダイレクトでシュート。これはポストに当たりますが、跳ね返りをドウグラス・ヴィエイラ選手が押し込みました。

しかしここからマリノスの攻撃力が炸裂します。36分、落としを受けたマルコス・ジュニオール選手がドリブルでペナルティーエリアの手前まで運び、ファーを狙ったミドルシュート。これを前に入っていた前田選手が触ってニアにコースを変え、GKの逆を取ってゴール。

前半アディショナルタイムに逆転弾。左CKにCB實藤選手がマーカーと競り合いながら体を預け、オーバーヘッド気味に右足アウトで合わせるスーパーゴールを決めます。

そして後半60分。ゴール正面ですが少し離れた位置でFK。これをレオ・セアラ選手が強烈な一撃で決めます。

広島はこのあと前線に選手を入れて反撃を試みますが、点は取れず。さすがの破壊力を見せてマリノス逆転という試合でした。

これを踏まえて広島戦の展望です。

守備では。

広島もFC東京と同じくカウンターに強みがあるチーム。ロースコアゲームになりそうなので、まず守備陣がしっかりこらえていくことが大切です。特に切り替えの速さでは上回りたい。

ボランチの青山選手は、攻撃の起点として1本の縦パスで裏を取らせることができる選手。自身が上がっていってのミドルシュートもあります。ここはしっかり抑えたい。

1トップに入っているのはドウグラス・ヴィエイラ選手です。189cmの大型FWですが、足元は柔らかく、ボールがしっかり収まります。あとボールに対して体を入れるのがうまく、何度もファールをとってFKのチャンスを獲得していました。対応には厳しさと繊細さの両方が要求されると思います。CBのみんな、がんばって!

調子がよさそうな選手の筆頭が東選手です。偵察した2試合では、左CB、シャドー、左アウトサイドと、いろいろなポジションをこなせるポリバレント性を見せていましたが、この試合では左サイドかシャドーか。キック精度もありますし、裏へ飛び出すスピードも秀逸なので、しっかりと目を離さず。

攻撃では。

細谷君がここで一気にブレイクしてくれると嬉しい。ですが相手3バックはフィジカル的にも能力が高い3枚。特に中央の荒木選手は昨年オルンガさん相手にも引けを取らなかったことが印象に残っています。そんな相手から点を取れれば本物です。がんばって!

クリスティアーノさんの好調は続いています。相手も守備時5バックなので、その手前から崩したい。ドカンとミドルがまた見たいです!

瀬川君もいいミドルを持っているので、一発決めちゃってください!

これで勝ったら勝ち点並ぶ!!

がんばれ!!

| | コメント (0)

«コミティア準備中