2024/03/05

SLIM復活

日本初の月面着陸を達成したSLIM。目標だった精密着陸に成功し、ミッションクリアしました。その後、着陸した場所が夜になり、太陽電池が発電できなくなって停止。

さて宇宙での夜は、地球上の夜とはちょっと様子が違います。冷え込むどころではない。空気がない場所では、日向と日陰での温度がまったく違ってきます。月の夜はマイナス170℃にもなるのです。

こうなると温度差による物質の膨張収縮が問題になります。主に電子部品が壊れてしまうことが多いそうです。そしてその夜がまた長い。

月の自転は公転と同期してしまっています。潮汐ロックという現象です。月と地球はお互いを引力で引っ張り合っているために、形が歪んでいます。地球側でそれが一番わかりやすいのは、潮の満ち引き。海面が月に引っ張られて起きる現象です。ちなみに液体に対して個体の方があまり変形しないので、普段気が付かずに過ごしていますが、実は地面も歪んでいるのです。

この月に引っ張られる場所が、自転によりどんどん移動していくために、変形によって内部で摩擦が発生。自転にブレーキがかかります。地球は 現在23時間56分で1回自転していますが、太古の昔はもっと速く、地球ができた頃は5時間ぐらいだったと言われています。地球の引力の方が大きいので、月はもっと強くブレーキがかかっており、とうとう同じ面を地球に向けた状態で固定されてしまったというわけです。

ということで、月の夜はめっちゃ寒くなる上に、2週間も続く。

過酷な状況なので、SLIMはもともと越夜の計画は立ててなかったそうです。ところがSLIM君はがんばって、また日が当たったところで再起動。けなげにがんばっている感が出てくると、僕はどんどん感情移入してしまうたちです。がんばれー!

3/1に日が当たらなくなってSLIM君は休眠に入った模様です。3月下旬にまた日が当たるのですが、起きられるかな。

| | コメント (0)

2024/03/04

コミック市場拡大

こちらの記事を読みました。

2023年コミック市場は6937億円 前年比2.5%増と6年連続成長で過去最大を更新 ~ 出版科学研究所調べ 鷹野凌 HON.jp 24/2/26

2023年度のコミック市場のデータが出たとのこと。とうとう電子書籍のシェアがほぼ7割まで行ったそうです。めんどくさがりで新しいものに飛びつかないタイプの僕がすっかり電子に切り替わってしまっているぐらいなので、さもありなん。

紙の単行本はコロナ禍で一時増加があったんですけど、その流れはなくなって、コロナ禍以前の数字を下回り減少トレンドに戻ったようです。まあ、仕方ないですね。

こういう状況で最初から育った今の子供たちは、どういう感覚で漫画を読むのかなというのは、ちょっと気になります。

特に気になっているのは、よくここに書いているように出会いの部分。深くドはまりするためには、自分の好みにストレートに刺さる作品に出会う必要があります。そのためには流行り物だけではなく、幅広く多様な作品と出会わないといけない。けれど電子書籍では、その出会いの部分が今のところ弱いのです。どうなるのかな。

あと漫画に比べると、文章ものはかなり電子書籍へのシフトが遅れているのですが、これは大丈夫なのだろうか。こっちの方が自分の活動にダイレクトに響く部分です。子供の読み方が変わってしまったら、ついていけるのだろうか。

今のところ、読み聞かせだったり学校での読書活動だったり、教育目的での入り口は確保されているのですが、僕の活動領域はその辺のジャンルから趣味の方に寄っているので、導線がうまくできているのかはとても気になるところです。

逆にどうしても紙で揃えておきたいシリーズは、そろそろ買い揃えておかないと、紙の本では入手しづらくなってしまうんじゃなかろうか。ちょっと焦っています。

積読山脈が再崩壊してしまって、まずどれを持っててどれを持ってないのかが、またわからなくなってるんですよね。今日はその辺りも含めて片付け中。

| | コメント (0)

2024/03/03

vs神戸 昨年王者撃破!!!!

王者撃破です!!!!

2024J1第2節、s神戸は1-0!!!!

昨日いろいろやってたら完徹になってしまい、もうここまできたら試合結果確認してから寝ようとがんばったので、感想記事書く前に力尽きたのですが。

最後めっちゃはらはらしましたねえ。

最後惜しいところで失点という、昨年から引き続いて開幕戦でも出てしまった悪癖。これをクリアできてよかった。

決勝点はまず前線で細谷君が残し、ボールを受けた島谷君がドリブルから折り返し。これを木下さんが決めました。

木下さんのシュートはよかったですね! ボールを受けるコース取りがとてもよかった。ゴール前に走り込みながら、ニアに方向転換。これでマークを外しました。その分シュート角度がきつくなったのですが、腰をひねってうまくコースへ。ゴール隅へと決めました。ナイスゴールです!

今年の補強ポイントとして、細谷君、サヴィオさんに続く得点源がほしいという点があったのですが、新加入の選手がアシスト、得点と決めたのはいい感じです。特にFWの木下さんが2戦目でさっそく結果を出したのは大きい。このまま活躍してほしいですね!

| | コメント (0)

2024/03/02

偵察神戸vs磐田と神戸戦展望

昨年に引き続きの課題が見えてしまい、ちょっと不安な形で始まったJリーグ。でも次を勝てれば引き分けの評価はガラッと変わります。まずは 偵察。

2024J1第1節、磐田0-2神戸。

開始早々の5分、神戸のCKが左、右と続きます。初瀬選手がインスイングのボールをゴール前に送ると、磐田がヘディングでクリア。しかしこれを汰木選手がペナルティーエリア外でダイレクトボレー。これがいいコースに決まりました。

このままずっと神戸が押し込んでいく展開。前半途中から磐田もだんだん慣れてきて惜しいシュートシーンも出てきましたが、しかしそこで神戸がいい時間帯に追加点を取ります。

後半始まったばかりの49分。中盤で扇原選手がボールをカット、こぼれを拾った大迫選手が前を向いてスルーパス。佐々木選手が抜け出して、磐田GK川島選手の股下を冷静に抜くシュートを決めました。

この後も基本的には神戸が押し込む展開。特に前線から中盤にかけてのプレスの強度がものすごく、最後までハードワークで押し切りました。今年も強そう。

これを踏まえて神戸戦の展望です。

守備では。

まず大迫選手をどうにかしなければいけません。ターゲットマンとして抜群のキープ力で攻撃の基点となり、打点の高いヘディングと見事なテクニックでシュートを狙います。開幕戦では決まってはいませんでしたが、惜しいシュートがありました。特に左右のクロスに対してファーで大迫選手がヘディングで叩くというシーンが多く見られました。マークを離さないように。

左右のクロスということでは、両サイドともしっかり連携が取れています。右サイドは佐々木&酒井、左サイドは汰木&初瀬。しっかりついていってクロスを封じたい。

さらに右ウイングの佐々木選手は、中に入ってきてのシュートもあるので、しっかり抑えたい。

攻撃では。

今年はボールを握る時間を増やしたいと取り組んでいるわけですが、この試合に関して言うと、むしろいかにひっくり返すかの部分が重要。神戸はとにかく前線から中盤にかけてのプレスが半端なく強烈です。特に福岡から井手口選手が加入し、中盤が井手口、山口、扇原と、ボールを奪える選手ばかり。前線3人も前からがんがんプレスに来るので、あまり余裕がないと思われます。

そこで一発カウンターとなった時に、当然ながら細谷君の活躍が期待されます。特に前節悔しい思いをしているので、ここでドカンと晴らしちゃってください!

そしてサヴィオさん。調子も非常によさそうです。向こうは1アンカーなので、そこの脇を使う役割も求められます。またすんごいミドルを決めちゃってください!

右サイドの山田君も、前節はいい動きを見せていました。ズバッと点取ってほしいです!

強敵だけど負けられない!!

がんばって!!

| | コメント (0)

2024/03/01

今週の漫画感想 バンドが解散する

また家の前の道路工事が始まった月曜日。寝不足のまま漫画読む。 #週刊少年ジャンプ 13号と #ジャンププラス の感想です。スレッドでつなぎますー。

まずはジャンプ。 #逃げ上手の若君 悲しき再会。どうなるのかなあ。

#超巡!超条先輩 てっしーが大天使に昇格していたw

#あかね噺 新たな能力に目覚める展開、盛り上がる。

#キルアオ 一難去ってないのにまた一難。話の筋が二本あるのをうまく使う展開。先が読めないから面白い。

お次はジャンプ+。 #株式会社マジルミエ 第102話。リゾートで羽を伸ばしながら仕事していいなんてすばらしいと思うのに、一人適応できてない人がいるw

#ふつうの軽音部 第12話。そしてすべてが明らかに。ただ、そこまで崇拝していたとは思わなんだw

というジャンプ13号とジャンプ+の感想でしたー。眠いなあ。24/2/26

やはり家の前の道路工事に起こされる水曜日。眠い目こすりながら漫画読む。 #週刊少年マガジン 13号と #週刊少年サンデー 14号の感想です。スレッドでつなぎますー。

まずはマガジン。 #カッコウの許嫁 最後の表情、いい感じ。

#シャングリラ・フロンティア 単に倒すだけではない展開に。どうなるのかな。

#将棋の渡辺くん 出張掲載。ネット対戦で15級と偽り無双する不届き者を、息子を押しのけ成敗する九段。すばらしいw

お次はサンデー。 #葬送のフリーレン 「できないとは言わないんだね」かっこいい。その後がいつものあれだけどw

#龍と苺 この展開は読めない。マジでびっくりした。いったいどうなるのか。

#尾守つみきと奇日常。 過去を振り切るいい走り。

というマガジン13号とサンデー14号の感想でしたー。これから仕事なのにマジで眠い。24/2/28

『ふつうの軽音部』。タイトルとか絵柄とか、あと一話目読んでみた感じとかで、部活の日常系漫画かなあと思いながら読んでいたところ。

だんだん人間関係のどろどろとしたところが出てきて、しかも同じバンド内の女の子が、何か企んで暗躍を始めました。

最初の印象とのギャップがあって、これは一体どうなってしまうのかとハラハラしていたのですが、今回で決着。しかも暗躍中の印象とまたギャップがあって、そこが面白かったのです。

予想としては、新バンドを画策しているんだろうなあとは思っていたのですが、そこまで崇拝しているとはw

こういう印象をうまく操れるのは演出がうまいから。そういう漫画を読むのは楽しいのです。

| | コメント (0)

2024/02/29

なでしこvs北朝鮮 五輪出場決定!!!!

パリ五輪出場決定!!!!

パリ五輪2024アジア最終予選、女子日本代表2-1女子北朝鮮代表!!!!

おめでとうございます!!!!

仕事から帰ってきたところなので、これから録画見ます(⁠^⁠^⁠)/

【追記】

試合見て、記事書こうとしたところで寝落ちしてしまった(^^;;)

アウェー戦からの3バックへのシステム変更は功を奏していましたし、みんなしっかりプレーできててよかった。

その中でMVPを選ぶとしたら、GKの山下選手ではないでしょうか。前半終了間際のスーパーセーブ。ネット上では、三笘の1mmならぬ山下の1mmとして話題になっていました。

北朝鮮右サイドからペナルティエリア内のリ・ハク選手へパスが入ると、リ・ハク選手は縦に突破し折り返し。これをニアでチェ・クンオク選手が虚を突くヒールシュート。これがファーサイドに決まるコースへ。

ここで山下選手のスーパーセーブ。タイミングは外されているし、体勢も崩れているし、かなり厳しいシーンでしたが、それでも足を運んで最後の一歩を踏ん張って、ゴールライン上でボールをかき出しました。あれ、かなり大変なシーンだったと思うんですよね。強い体幹がないと、踏ん張り切れなかったんじゃないかな。

ああいう1歩を運ぶために、GKは日々鍛錬を続けているわけで、その努力が結実した場面だったと思います。

日本が先制していましたが、あそこで同点にされていたら、かなり雰囲気変わったはず試合の流れを左右した、本当にすばらしいセーブでした!

さあ、これでパリ行きが決まりました。本番での活躍に期待です!

そしてこのあと男子も北朝鮮戦です。こちらも開催地どうなるのかな。勝ち切ってほしいです。

| | コメント (0)

2024/02/28

ヒューゴー賞の闇落ち

こちらのニュースを読みました。

SF分野の権威ある「ヒューゴー賞」の審査委員会が中国で問題になりかねない作家を最終選考から除外していたことが判明 Gigazine 24/2/20

SF小説の世界的文学賞「ヒューゴー賞」の選考で「政治的配慮」疑惑 中国関係者が「センシティブな問題を含む作品」の除外を要求か NEWSポストセブン 24/2/27

SF小説の権威ある賞、ヒューゴー賞が中国の言論統制に屈したというニュース。2023年は中国の成都でワールドコン(世界SF大会)が開催され、そこでの同賞の発表でした。そこで中国政府から中国に批判的な要素を含む作品や、批判的な言動をした作家を最終選考から外すように求められ、従ったというリークがあったのです。

やっちまったなあという感想と、仕方ないかなあという感想と、両方あります。

やっちまったの方。中国は人口減のフェーズに入ったとはいえ、巨大市場です。当然そこで商売はしたい。ご機嫌を損ねて出版停止とかになったらたまりません。 

こういうことが容易に思いつくので、金の前にくじけたんだろうなという評価が出てもしょうがない。

まあ実際に中国のウイグル人に対する人権問題などは、中国が高度成長にあった時には、欧米でまったく問題になっていませんでした。ちょっと陰ってきたら急に出てきたのです。それまでも海外に逃げ出して、問題を訴えていたウイグルの人はいたのにです。欧米大好き人権問題が金の前にはこの程度の扱いなので、その中に含まれる表現の自由もこの程度の扱いでもしょうがないですよねえ(皮肉)。

それに対して、仕方ないかなあの方。上に書いたしょうがないは皮肉ですけれども、マジで配慮してもしょうがないかなと思うのは、中国の法律の問題です。外国人でも中国の権威を傷つけるような発言や行動を取った場合、しょっぴけるように法改正がされています。まあ別に法律がなくてもしょっぴく国だと思うんですけど。

そういうところで行われた大会で、国に喧嘩を売る場合、命の覚悟までしなければいけない。岸田を「増税メガネ」と煽っても大丈夫な、自由な民主主義国家とは違うのです。まあちょっと中国でSFが盛り上がってて市場が広がりそうなので、ここでSF大会しとくかなというところが間違いだった、ということでしょう。

さてさらに、もう一つ問題があります。後から出たポストセブンの記事の最後のところに、受賞した中国人作家が、国営テレビの番組をモチーフにしたと言っていることが付け加えられています。

2023年の同賞の受賞作の中には中国人作家、海漄氏の『時空の絵師』が入っているが、海氏はこの作品のモチーフになったのは「中国国営中央テレビ局の文化財をテーマにした番組だった」としており、世界的にも権威のあるヒューゴー賞のあり方が問われている。

特にこれに論評がついているわけではないのですが、ここまでの文脈からすると、この作品は中国政府にとって好ましいと思われる作品だったということになります。

ソフトパワーという概念があります。その国の文化やコンテンツなどを広めていくと、好感を持ってくれる相手国の人が増えて、政策上有利になるという考え方です。

日本のソフトパワーはかなりのものです。特に漫画やアニメががんばっています。国策のクールジャパンの方はいまいち評価が低いですけれども。

ここにしっかり国家予算を突っ込んでいるのが、 お隣の韓国。日本の文化予算とはマジで桁違いの予算を組んで、Kコンテンツの輸出に熱心です。中国はコンテンツ輸出では目立っていませんでしたが、世界各国の大学と提携し、孔子学院という中国文化の研究教育機関を設置しています。そこを拠点に自国を有利にしようと働きかけていました。米中対立が激しくなってくる中、この孔子学院を潰す動きもアメリカでは出ています。ちなみに日本にもありますよ。

そういうことが行われている中で、中国政府の意向が入ってしまった大会で、選ばれた中国の作品。読んでないので、正直これがこの疑念に該当するかどうかも判断つかないのですけれども。

日本で書いていたって、つい「企画として通りそうな題材は」とか考えてしまうこともあるので、そういう意味で政府の意向に沿ったものになっているかもしれない。

そんなことはなくて、素直に一生懸命創作に向き合った作品だとすれば、そういう味噌がつけられただけでもかわいそうだなと思います。どっちなんでしょうねえ。

まあとにかく、ヒューゴー賞としては大失態。失った信用を取り戻すことはできるでしょうか。

| | コメント (0)

2024/02/27

vs京都 昨年の課題引き続き

課題は解決していなかった。

2024J1第1節、vs京都は1-1!

アディショナルタイム同点弾を食ってしまいました。勝利目前なので、メンタルに大ダメージ。あまり見たくないシーンです。

これが昨年から繰り返されているんですよね。5バックにすること自体は普通にあり得る手だし、コメントを見てるとそこでの失点の原因についても対策しているみたいなんだけど、なんで止まらないんだろう?

そして、派手な同点弾を食らったので失点が目立ちますが、1失点なら十分及第点なので、問題はやはり昨年から引き続き課題の追加点です。

ぶっちゃけ細谷君がPK決めてたら勝ってた!

けれど細谷君は志願のPKだったようで、自らの力でチームを勝たせようとするエースストライカーの心意気は買いなんだ。くそう、決まってたら、めっちゃ燃える展開だったのになあ。

この悔しさを次節神戸戦で晴らしてほしいです。がんばって!

| | コメント (0)

2024/02/26

なでしこvs北朝鮮 なんとか引き分け

Jリーグ開幕戦がありましたが、作業中で感想書く時間がなかったので、本日は先に書いておいた昨日のなでしこの試合の感想をお送りします。

パリ五輪アジア最終予選、女子日本代表0-0女子北朝鮮代表!

FIFAランキングは日本が8位、北朝鮮が9位と実力的には拮抗したカード。しかしこの試合は、サッカー以外のところでまず注目を集めました。

開催地がまったく決まりませんでした。元々北朝鮮で開催予定だったのですが、AFCがコロナ禍対応で各国との定期便も途絶えている中での開催は難しいのではないかと変更を提案、もめにもめて、もう本当に直前でサウジアラビア・ジッダでの開催が決定しました。この状態で準備するのは大変だったろうなと思います。

試合は出だしは日本がボールを持って押し込む展開。けれど北朝鮮もそれに対応して5バック気味にスペースを消し、日本はなかなかシュートを打つことができません。

その後だんだん北朝鮮が持ち直していき、後半は完全に北朝鮮ペース。後半の日本のシュートは、ふわっと浮いてしまった1本だけ。かなり危ないシーンもあって、負けなくてよかった試合となりました。

この後すぐに日本に帰り、ホームの試合となります。ただ海外組がけっこういるので、コンディション的にホームがちゃんとホームになるのか、ちょっと心配。

次の試合に勝てば五輪出場決定なので、がんばってほしいです。

| | コメント (0)

2024/02/25

Jリーグ開幕と京都戦展望

2024年のJリーグが、金曜日に開幕しました!

うまくスタートできたところ、ちょっと問題抱えてそうなところ、各チーム色々です。

さて我々は日曜日に初戦ということなのですが。

1試合目だから偵察できないのです。ただ、京都は昨年からの継続なので、だいたいの予想はつきます。前からプレスをかけてくると思うので、この試合ではカウンターの使いどころが重要になると思われます。

すると当然、細谷君に期待がかかります。ちばぎん杯では代表から帰ってきたばかりだったので、コンディション的に今一つだったみたいですが、 この試合にはきちっと調整してきてくれるはず。ドカンと一発お願いします!

ちばぎん杯で一矢報いたサヴィオさんも期待大です。こちらもまた中に入ってズバッと決めちゃってください!

さてこの試合でもう一つ注目するところとしては、細谷君のパートナーが誰になるのかという点です。ちばぎん杯では木下さんが先発し、トップ下の小屋松さんとコンビを組みました。この試合では誰が先発するのか。2トップであれ、トップ下であれ、このポジションがうまく固まると今年の先行き明るくなるので、ぜひぜひがんばってほしいです。

個人的には木下さんの、いきなり恩返し弾が見たいです!

いい感じでスタートしたい!!

勝ちましょう!!

| | コメント (0)

«今週の漫画感想 ヒトナー