2017/03/29

日本vsタイ 久保選手すごい

ロシアW杯最終予選、vsタイは4-0!!!!

でも、スコアほど楽勝だったわけではなく、むしろ前半中ほどからはタイに押され続けました。

その中でこれだけ点を取れたのは。

まず、久保選手がすごくよかった。1ゴール2アシスト。

特に3点目は、ハーフタイムをはさんでも劣勢を挽回できないどころか、むしろだんだんやばくなる中での得点。マークが外れて時間ができた時に、とても冷静にゴール上隅を狙うミドルシュート。すばらしい!

守備もきちんとがんばるし、主力の座を奪い取ったのではないでしょうか。

そして、これを日本のチームに言うのは珍しいのですけれども、決定力で上回ったこと。

冷静に相手のスライディングを一つ外し、さらにもう一つ逆を取って決め切った香川選手。相手の前ですらして狭いニアに決めた岡崎選手。そして先ほどの久保選手。どれも高度なシュートです。

タイはACLでも侮れなくなってきているし、かなり力をつけてきていて、実際今日はホームだというのに押し込まれた。でも最後のシュートの差が、スコアの差に出たなあと思いました。

さあ、重要なところで2連勝。次は6月。このまま行きたいですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/28

この山を越えたらなガンズ進捗状況

月末恒例、仕事など諸々が重なり、大忙し期間なのであります。

僕の進捗状況は、原稿用紙にページ番号ふって、一ページ目の当たりを取ったところです。ええ、全然進んでいないとも言いますね(^^;;)

他の人はらせんさんが直し提出。にぽさんが三話分荒書き終わったそうですよ。順調そうで何より。僕も続かねばー。

四月頭には一山越えるから、そこを目標にがんばろう。

ということで忙しさに負けて本日はこの辺で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/27

TMvs東洋大学 期待の若手が

練習試合vs東洋大学は4-1!!

得点者が武富、鎌田、古賀、安西。古賀君が得点しています。さらに安西君も。

そして1、2点目は、手塚君のCKから。2アシスト。期待の若手がずらっと得点に絡んでいるのです。

細貝さんがやってきたので、ボランチは激戦だけど、手塚君にはがんばってほしいなあ。ほんとに今必要なタイプの選手なんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/26

宇宙軍士官学校‐前哨‐ 12

宇宙軍士官学校‐前哨‐ 12 (鷹見一幸・著)を読みました!

粛清者の攻撃により、艦隊司令部を失った地球防衛艦隊。恵一もそのさなか死亡、アバターの復帰を待つことになった。そんなおり、粛清者は大量の恒星反応段を投入。新戦術に防衛線は混乱を極める。

そこで恵一は戦線に復帰、増援もやってきた。さあ最終決戦。地球を守り切ることはできるのか……。

こういうお話はどんどんエスカレートしていくものですが、もう極めたという感じです。最終決戦はものすごい数になってるし、すんごい大災害は起きるし、暴かれた敵の正体はスケールでかすぎです。

そういうとこがスペースオペラだね! という感じで素敵(^^)/

以前の巻のあとがきで、鷹見先生は自分の作風を群像劇だと書いていましたが。

クライマックスで地球大ピンチの時に、そういう風に書いてきたことが伏線となります。戦場から離れた所で起きる事件にも、以前から出ているキャラクターがいる。大スケールのカタストロフィを、緊張感たっぷりに書くことができ、手に汗握る展開でした。

最終決戦ということでこの巻が最終巻なのですが、それは第一部完結。この後人類の反撃を書く構想があるそうで、そちらも楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/25

細貝選手来た!!!!

VfBシュトゥットガルトから細貝萌選手が移籍加入です!!!!

びっくりした!!!!

萌と書いてはじめと読むキュートな名前に、整った顔立ち。しかしその印象とは裏腹に、プレースタイルは獰猛な潰し屋。

しかもボランチだけではなく、バックラインの経験もあります。守備にプラスになるのは明らか。

ただ、うちのビルドアップにフィットするかどうか。あまりそういうタイプじゃないような。

てなことを考えていたんですけれど。

入団会見の様子を読んでいたら。

元ウチの10番、大野さんのファンでレイソル好きで、小学校の卒業文集にレイソル入るって書いていたって。

おや!?

そっか、同じ前橋出身だから地元のヒーローだ。ちょうど小学生の時にレイソルでポジション取った計算。

とたんに好感度爆上げになりましたよ!(ちょろい)

うまくフィットしてくれるといいですねえ。リスタートの起爆剤になるといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/24

日本vsUAE 若手の勢いベテランの意地

仕事から帰ってきて、ご飯食べながら観戦開始。

見終わったら追記しますー。

・・・・・・

ロシアW杯アジア最終予選、日本vsUAEは2-0!!!!

アウェイで勝ててなかったUAEに快勝です!!!!

先制点は酒井君のすばらしいスルーパスから。いえい!

それを得点した久保選手すごい。角度ないように見えたので、折り返すのかなと思った瞬間、狭いニアをぶち抜きました。

久保選手は二点目のアシストも。リオ五輪組で最初のレギュラー奪取なるか。

そしてその二点目を取ったのは、長谷部選手離脱で招集された今野選手です。

ダブるボランチっぽくスタートして、途中からはっきり前目に。今野選手はけっこう得点力ありますよね。

さらにさすがのボール奪取。中盤の守備を引き締めます。長谷部選手の穴を完璧に埋めました。

さらにさらに、一言言及しておかなければいけないのはGK川島選手です。

この大一番での起用。所属チームではレギュラーを取れておらず、試合勘は大丈夫なのかなと、ちょっと不安視していたのですが。

前半の絶体絶命の一対一でビッグセーブ! あれ決まってたら1-1で、アウェイだしどうなるのかわからなくなるところでした。大殊勲です。

若手が伸び盛りの勢いを見せ、最近代表では出番がなかったベテランが意地を見せる。とてもいい試合でした。

さあ次はホームで対戦。しっかり勝ち切りたいところです! がんばってー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/23

COMICリュウ5月号 登龍門7

どうにも眠い月曜祝日。土曜日発売されましたCOMICリュウ5月号の感想です。会話の形で繋ぎますのでよろしければどうぞ。

『あせびと空世界の冒険者』。いまわの際で交わされる愛の告白。そしてそこからの意表を付いた大逆転。ドラマチックな決着は冒険漫画らしいよい展開。

『ライアーバード』。そう言えば苦労していそうな感じだけで、あまりはっきり語られていなかったヨタカの過去。思っていたより重そう。そんな相手と対面。どうなるのか。

『クミカのミカク』。何か一段、絵がグレードアップしたような気がする。クミカさんすごく可愛い。

付録に『登龍門7』。審査トップの人は連載確約。僕の好みとしては『箱庭ラジオ』か『ベリー・ハーブス』。さて誰が夢をつかむのか。

『箱庭ラジオ』は、最初の入れ込んだ状態から始めて、最後主人公の成長した時に一歩引いた感じで終わるのが、うまいなと思った。入れ込んでた相手を見限ってるところ。

『ベリー・ハーブス』は不条理系で、お話としてはつかみ所がないんだけど、それを自分の手の内の物としていて、完成度高くて読みやすい。

というCOMICリュウ5月号感想でしたー。さて、今日中に最後まで手を入れたいけれど、たどり着けるか。17/3/20

昨日読み応えの話をしましたが、COMICリュウは、単行本作業などでお休みが多いのが日常。その組み合わせによっては、いつも読んでいるやつがごそっとお休みの場合があります。今月がそれ。

代わりといっては何ですが、今号には登龍門7がついていました。投票で一位になった人は連載確約。『あせび』がこれで連載になったんですよね。

今回も個性的な作品がそろっています。誰がチャンスをつかむのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/22

ジャンプ16号感想 新連載六連弾出揃う

連休なので土曜日発売のジャンプ16号感想です。会話の形でつなぎますので、よろしければどうぞー。

巻頭カラー『ROBOT×LASERBEAM』。『黒子のバスケ』の藤巻先生が、新連載6連弾の大トリ。さすがの安定感。ゴルフ漫画ってピンチになってリカバリーが見せ場だと思うんだけど、そういう無茶をしそうにない主人公で、どう来るのか楽しみ。

『食戟のソーマ』。頼れる一色先輩、退学後のプランまでばっちりw

『鬼滅の刃』。みんな好き勝手なこと言ってて、会話がかみ合わないのに、話が進んでいく愉快な展開。と思わせておいてからの大ピンチはさすが。どうなる。

『火ノ丸相撲』。「熱苦しい目ぇするじゃねえか…」いい顔。20秒の最強で攻め切れるか。

『僕のヒーローアカデミア』。語られる衝撃の未来。ヒーローは師匠も救えるのか。

『約束のネバーランド』。今まで見なかった最後の表情。どうするつもりなんだろう。

というジャンプ16号感想でした。レイソルが土壇場で負けて、メンタル大ダメージだけど、連休中に一仕事終わらせないと。今晩どこまで進むかな。17/3/18

漫画のビジネスモデルも、けっこう変換期だよなあと思う昨今。電子書籍での売り上げがだいぶ増えてきていて、逆に雑誌はかなり落ちています。その中でジャンプは善戦している方ですが。

雑誌というパッケージで売る意味ははっきりしているんだけど、パッケージで買う意味の方は揺らいでいる気がします。

そういう中でですね、ちょっと前の感想で、読み応えがーということをつぶやきました。

あれは休載があったからなのですが、好きなものでも入れ替わっていってしまうという、連載のシステムの問題でもあるわけです。

六本入れ替えたうち、すごく好きだった漫画が入っていたので、新連載にそれに負けず面白い漫画が入っててくれないと、読み応え下がったままになっちゃうんですよ。

新連載六本のうち、『ROBOT×LASERBEAM』は期待感があります。『腹ペコのマリー』もどうなるかな。『ぼくたちは勉強ができない』は、武元さんが一番かわいい気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/21

神の啓示とガンズ進捗状況

創作のアイディアは天から降ってくるもの。自分ではどうにもならない、授かりものなのであります。

何でいきなりこんな出だしかと言いますと、出なくて困っていたアイディアが、まさに降ってきたからです。

ガンズの進行、僕が遅れてるんですよね。山田さん、らせんさん、米田さん、にぽさんは、一回原稿提出済み。波野さんは先に『オルタナ』があるけれど。

僕は、なんか細かく仕事が重なった上に、出版社提出用の原稿に四苦八苦していて進行遅れ。

そろそろこっちも取り掛からないとと、一応のアイディア出しはしたのですが、それがどうもインパクトが弱い感じで、これをそのまま書いたらまずいなと悩みヶ淵にはまっておりました。

多分もう一ひねりのアイディアがあれは成立するはずと、深夜コンビニに買出しに行く途中も考えていたのです。

そしたら降ってきたんですよ、アイディアが!

頭から終わりまで、スパッと隙のないやつ!

漫画の!!

……。

……。

分かった、これは神の啓示なのだ。きっとそうだ。(やけくそ)

狙った形で出てくるとは限らない。ほんとに「降ってくる」という感じですねー。

というわけで、次回の『リトル・ビット・ワンダー』は4ページ漫画になります! 乞うご期待!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/20

魔法科高校の劣等生SS

魔法科高校の劣等生SS (佐島勤・著)を読みました!

パラサイトの兵器使用実験のために、九校戦に仕掛けられた謀略。それを知った達也が、阻止するために九校戦の陰で暗躍していたのが、第13巻、スティープルチェース編だったわけですが。

こちらはその時、他のみんなはどうだったのかという、主に表舞台の短編集です。

九校戦の魔法競技は、もちろん架空のものなのですが、僕はスポーツ漫画とかが好きな人なので、一年生時の大会も楽しく読んでいました。二年生の大会はけっこうはしょられちゃってて、残念だなあと思っていて。それが読めて楽しかったです(^^)/

ただ、問題は。

この前の巻の第19巻に、『一条将輝転校日記』が載っていて、そこで将輝がすっかり純情高校生ぶりを披露。この巻では、『ショットガン!』『一人でできるのに』で三校作戦参謀・吉祥寺真紅郎が達也に完全に上回られて、苦杯をなめました。

すっかり愛すべき小者感が。最大のライバル三校がこの調子では、次の大会で勝てる気がしません。

スポーツものとしては、それでは盛り上がらない。はたして三年生での大会はどうなるのでしょうか。(スポーツものじゃない)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«vs仙台 遠い勝利