2019/04/22

vs金沢 改善された引き分け

2019J2第10節、vs金沢は0-0。

ただちょっと前節とは意味合いが違う引き分け。

日中出かけていてライブで見れなかったので、結果を見た時にはまたなのかとどんより気分だったのですが。

録画を見てみると、今日のはそんなに悪くない。

ここ何試合かやばいんじゃないのかと思っていたのは、攻撃の形が非常に悪かったから。前線が前に張り付いてしまい、4-2-0-4のような形でバイタルが全く使えず、単調に前線に放り込むため相手も守りやすくなっていました。

中でも象徴的だなと思っていたのは、左SBに入っていた古賀君が、アカデミー出身でビルドアップは得意なのに、出すところがなくて前線に蹴り捨てるようなボールを出していたこと。引いて受けてくれる人がいなかった。

それがこの試合では、トップに入った江坂さんがタイミングよく降りてきたり、シャドーに入った瀬川君がバイタルで受けたりして、いい形で前にボールが入り、パスの回り方がとてもよかった。いい連携で崩すシーンも見られました。

攻撃の形としてはとても改善されて、1週間の成果が出ていたと思います。

さらに嬉しかったのは3バックの中央に入った上島君の活躍です。193cmクルーニー選手に対して空中戦で競り勝って、途中交代に追い込み、ビルドアップでパスを通し、セットプレーでも惜しいシュート。

今期のネルシーニョ監督は、AチームBチームを分けて準備してきたわけですけれど。ルヴァン杯最初の試合で3バックで出ていた上島君と古賀君がこの試合では先発。準備してきたものがきちんと成果として出ています。

方向としては改善されているので、ちょっと安心。このまま進んでほしいです。

あとは上島君のヘディングシュートとか、瀬川くんのシュートが入ってればよかったんですよ! 次はばっちり決めてー!

| | コメント (0)

2019/04/21

偵察金沢vs千葉・京都と金沢戦展望

ちょっと停滞感が漂うこの頃。一週間準備できた今週で払拭してほしい! まずは偵察。

2019J2第8節、金沢vs千葉は1-0。

互角の感じで進んだ試合。金沢は前からしっかりプレスに行き、調子を取り戻した千葉もがっちり守備に行くので、引き締まった試合。

後半に入り千葉がボールを保持して攻め込んで、このまま優勢になるのかなと思いましたが、金沢が選手交代で対応、盛り返します。

そしてその流れで金沢に先制点。72分、交代で入っていた清原選手がクロス、千葉DFが跳ね返しますが、セカンドボールを金沢が戻し、それをFW垣田選手がさらにヘディングで競り勝ちディフェンスラインの裏へ。そこに飛び出した小松選手がゴールキーパーと交錯しながらも押し込みました。

その後双方にビッグチャンスがありましたが、決めきれず。そのまま金沢の勝利となりました。

第9節、京都vs金沢は2-1。

前半終了間際の44分、京都先制。ペナルティエリア前でボールを受けた金久保選手がシュート。これがブロックしようとしたDFに当たってコースが変わり、GKの頭上を越えゴールに吸い込まれます。

後半もどちらかと言えば京都かなという展開でしたが、金沢が盛り返し、波状攻撃となっていた83分。右サイドからのボールを大石選手がシュート。これは引っ掛け気味でしたが、それが味方の足元へ。杉浦選手が押し込みました。

どう結末が来るのかという終了間際の89分。決勝点は京都です。ペナルティエリア内でちょっとルーズになったボールを追おうとした金沢DFが京都・仙頭選手を押し倒してしまい、PK献上。仙頭選手はこれをしっかり決めました。

その後は闘莉王選手を投入して5バック逃げ切り体制に。雨の中の試合はホーム京都の勝利となりました。

ということを踏まえて金沢戦の展望です。金沢は柳下監督3年目で、意思統一がしっかりとれていて、よい状態に見えます。

守備では。

前からプレスでショートカウンターは狙っている様子。まず切り替えで負けないこと。

大石選手がスピードがあって、積極的にドリブルで仕掛けてきます。しっかり抑えたい。

SBの攻撃参加も練れている感じ。そうしてサイドを崩すと、中の2トップ、クルーニー選手、小松選手とも大型です。クロスの出所にしっかり寄せて、中も離さない。

攻撃では。

とにかく課題は得点なのですが、その前に単調になっているのが気になるところ。前線が張り付いてしまうのが問題なのですが、一番簡単な解決策は人を変えること。

江坂さんの起用がうわさされています。間受けのできる江坂さんがボールを引き出し、サイドへ展開、中でドッカンはいい形。ぜひ決めてください!

手塚君を高い位置で使うのも手です。パスと見せかけ、ドカンとミドルもあるよ!

前節では菊地さんのトップ下起用がありました。中央から仕掛けるのも面白い!

いい流れに持ち込みたい!!

勝ちましょう!!

| | コメント (0)

2019/04/20

今週の漫画感想 そういう普通

ほんわか暖かい月曜日。まずはのんびり漫画読む。ジャンプ20号感想です。スレッドでつなぎますー。

表紙&巻頭カラー『約束のネバーランド』。とうとう出てきた。

『ぼくたちは勉強ができない』。まさかの展開。ドタバタからいいシーンにつないで、ドスンと落とす、振れ幅の大きいうまい流れ。

センターカラー『アクタージュ act-age』。「…なんかエンドクレジットって勲章みたいだね」いいセリフ。最初はクズっぽく出てきたのに、そこからここまで持ってくるの、うまい。

センターカラー『ゆらぎ荘の幽奈さん』。コガラシの借金の秘密。これ、どう絡めていくのかな。

『食戟のソーマ』。前回、戦った相手が出てくるパロディのシーンがあったんだけど、創真の方は本物。研鑽の力というテーマで見ると、遊びのシーンのように見えた前回に、意味がある。

センターカラー『火ノ丸相撲』。仕切りの迫力、すごくいい。土俵が光っているかのようなあおり光源。

というジャンプ20号感想でしたー。さてお次は腹減ったのでお昼。19/4/15

『アクタージュ act-age』。文化祭編終了です。

夜凪が映画部を訪れた時、部室にいた花井とひなの二人は、吉岡をパシリに使うクズとその女という感じだったのですが。

そんなマイナスの第一印象からスタートして、それぞれ悩みを抱える高校生として、いい感じで終了しました。夜凪とひななんか、いつの間にか髪型おそろいにする仲になってるし。

漫画の絵には、特徴をことさら大げさに表現するデフォルメという技法がありますが、それはストーリー展開でもあることで。

わざと大きく振り幅を取る。

人間誰しも良い面と悪い面を持っているわけですけれども、その悪い面からスタートして、ギャップを大きくとって印象付けるという構成がよく取られます。

ひなはまだしも、花井はずっと放置されていたので、まさか最終盤で転身するとは予想していませんでした。やられた感。

二人にとってこの経験は、内面のもやもやとしていた感情に対して、解決する方向性をつける経験になったんだろうと思います。いいエピソードでした(^^)/

今週はここから忙しいんだよ、な水曜日。それでも漫画は読むのです。マガジン・サンデー20号感想です。スレッドでつなぎますー。

まずはマガジン。『川柳少女』。「まだ顔を覚えていない」の絵で吹いたw

『ランウェイで笑って』。とうとう噴き出した、あの黒いもやもや。どうなるかな。

『男子高校生を養いたいお姉さんの話』。後ろのお姉さんの、一拍置くコマが好きw

お次はサンデー。『古見さんは、コミュ症です。』。並ぶ一枚絵がいい演出。柱も遠慮しているのはファインプレー。

『舞妓さんちのまかないさん』。UVカットの日焼け止めのない昔の舞妓さんはどうしていたんだろう?

『BE BLUES!~青になれ~』。そういえば前の代はでかいFWいたけど、今の代だといないので、クロッサーのレノンさんは、実はプロクラブにアピールしづらくてつらいのではないだろうか。

というマガジン・サンデー20号感想でしたー。やばい、仕事準備が遅れてる。19/4/17

マイナスからスタートという点で言えば、『ランウェイで笑って』が真っ最中ですね。心理描写として書かれていた真っ黒なモヤモヤがとうとう噴出。このマイナスの関係が、この後どうなっていくのか。解決するのか、しないのか。楽しみです。

| | コメント (0)

2019/04/19

文章の馬力=引き込む力

自分の書く文章の馬力を、もっともっと上げないといけないなと思っているのです。

僕が漫画家から小説家に転身した一番大きな理由は、1話ごとのアンケートで存続を検討される連載漫画だと、伏線を張るとアンケート結果が下がって致命傷になる場合があり、そういう話を作るのに度胸がいる。だったら最初から、もっと大きな塊で物語を読んでほしいなと思ったからです。小説は書き下ろしが多いので、それができると思った。

でもですね。

完全にそこから解き放たれるというわけには、なかなかいかないなあというのが、最近の僕の感想です。

途中途中のアンケート投票がなかったとしても、忙しい現代人には、面白いのか面白くないのかわからないものにダラダラと付き合ってる暇はない。面白いよということを、冒頭からずっと提示し続けなければいけない。

特に最近はコンテンツが世に満ちあふれ、余暇時間の奪い合いになっているので、この重要性はどんどん強まっています。

ただ、ここで、PV至上主義みたいになって、インパクトを追い求めるばかりになるのも、嫌なので。

では何ができるかなと考えると。ここで冒頭に帰って。

文章の馬力を上げて、読むことそのものが楽しいという状態を作り、一度読み始めた読者さんをずーっと引っ張り続けられるようになりたい。

そのためには、まだまだ精進が足りません。がんばろう。

| | コメント (0)

2019/04/18

文章の馬力と絵の魅力

進捗状況報告ですよ。「スケジュールいじったわりに進まない」と嘆いていましたが、少しスピードアップしてきましたよ。

『マルくんのおことわり』執筆中であります。ネーム版がこちら。セルフノベライズの第1話がこちら。

3話で一区切りなので、そこまでは一気に書きたいのだけれど、苦戦中。

昨日ちらりと書きましたが、肉付けのところ。僕は生粋の文筆家じゃなくて、漫画家経由だから、最初に思いついた時、映像込みのシーンとして頭の中で動いてるんですよね。今回の『マルくんのおことわり』は、一度ネームにしたものをセルフノベライズしているのですが、頭の中は普段からその状態。そうすると、初稿はどこかセリフや状況のメモみたいに箇条書きみたいになっていて。足していかないと文章にならない。

その時に、もっともっと引き込める、力のある文章を書きたいなと思ったのです。ただ、昨日みたいに疲れていると、頭が煮える気分になって、「何も出てこない……」となります。一応昨日も、がんばってちょこっと進めました。

『アンナ・アップルトンの冒険』単行本化計画も進めています。こちらは本文はもうnoteに載せているので、挿絵、というか挿し漫画。

もう商業漫画家として仕事することはないだろうと思うのですが、セルフパブリッシャーとして、使えるスキルは全部使うよ! ということで、おまけ漫画的なものを幕間に。ネーム描いてる時が一番楽しい。

こちらも、引きこめる、力のある絵を描きたいなと。絵の魅力はあればあるほどよい。

そろそろGWで連休になるから、がんばって進めます。

| | コメント (0)

2019/04/17

エンジンかからず

本日はずっと原稿書いていていい日だったのですが。

創作エンジンがかからず、PCをぼんやり眺めていたら、4時間過ぎた。

PCでの執筆は、すぐに逃避できるからよくない。読むものがこんなに世にあふれてるのもよくない。

どうせ4時間、何かを読んでいるんだったら、積まれてる資料本読めばよかったな。

エンジンがかからない理由は、ちょいと難しいところに差し掛かっているからです。

一通り文章は書いてあって、ただまだお話の骨格でしかないので、ここに肉をつけていかなくてはいけない。

そうすると、ちょいとよさげな文章が欲しいのだけれど、お疲れ気味の脳みそだと、なんにも出てこないのです。

ちなみにこの記事はそんな諦念の果てに、とりあえず何か文字を打ってたら頭の回転数上がるかもと、日が傾き始めた昼下がり、今日は天気いいなあと窓の外を眺めつつ書かれています。

これでだめなら、今日はもう切り替えて、明日からの仕事の準備を先にしちゃおう。

| | コメント (0)

2019/04/16

選挙戦

地方選挙が今週末。

ということで、選挙カーが走っているのですが。

仕事行く前に家で原稿書いていると、これがめっちゃ腹立つわけですよ、うるさくて。

特にひたすら名前を連呼するやつ。むしろあれは僕に対しては逆効果で、「名前さえ覚えさせれば政策なんかどうでもいいという貴様にだけは入れん!」という気分になるのですが。

じゃあ政策唱えてれば好感度高いのかというと、「聞き心地のいいことばかりで実現性の薄いこと言ってるお前は、それで騙せると俺の事をバカにしてるから入れない。とりわけ地方選挙で、安倍政権の独裁がーと叫んでいる奴は、パワーワードさえ入れとけば騙せると思っているから、絶対にない!」ということになるので、まあめんどくさい人なわけです。

ただ、思うにですね、そんな選挙戦がまかり通るのは、それが結局効果があるからですよね。

自分自身を振り返っても、せいぜい直前にちょっと調べて、あとは選挙公報で比べるぐらい。

そういうことではちゃんとフィルターかからないよなあと思うのだけれど、今度の日曜は用事があるので、やっぱり朝にちょっとだけ調べて出かける前に投票するんだろうなと。

でも、選挙カーうるさい(引き続きめんどくさい人)

| | コメント (0)

2019/04/15

vs栃木 こっそり深刻

2019J2第9節、vs栃木は0-0。

こっそり深刻なのではないかというのが、試合終了時の感想です。

裏を狙うのは当然だと思うんですよね。サッカーの目的が点取って勝つことである以上、ゴールへの最短距離を見落としていたらダメなので、一発裏取ってシュートへ持ち込めるなら、そうするべき。

ただ、やっぱりその意識が強すぎて、前線が前に張り過ぎになってしまっている。カウンターのタイミングを取れなくて、ビルドアップしなければいけないときに、4-2-0-4みたいな並び方になっていて、後ろからつなげるコースがなく、とりあえずオルンガさん、クリスティアーノさんにロングボール。でも、相手を背負った不利な状態で、トップ下の辺りには人がいないから、競り勝ってもセカンドボールを拾えない。ボールを蹴り捨てるような形になってしまっている。

栃木は4バックではめに来ていて、ウチのボランチにボランチが当たってきた。その時その背後にポジション取る人がいれば、ボールを入れられた。

トップ下が欲しいのではないでしょうか。あるいはサイドMFが前に張るんじゃなくて、ちょっと中に絞る。

江坂さん、手塚君と入れた後半途中からは、ちょっとボールが回るようになっていたから、ネルシーニョ監督も分かっているのではないかと思うのですが。

連戦終わって1週間あるから、ここで何とかしてほしいなあ。

| | コメント (0)

2019/04/14

偵察栃木vs福岡・京都と栃木戦展望

少し停滞感が出ている中で迎える栃木戦。ホームですし、ここはすっきり勝ちたいところ。まずは偵察。

2019J2第7節、福岡vs栃木は2-1。

この試合前の順位で福岡は最下位。ただタレント的にはそんな弱いチームではありません。その通り、試合スタートから押し込んでいきます。

栃木では大島君が先発。ところがそんな試合展開だったので、全くボールが入らず、見せ場ゼロ。なんとハーフタイムで交代です。しょんぼり。

大島君に代えてDFを入れて、3バックに変更した栃木。ところがすぐに失点してしまいます。49分、福岡・石津選手がドリブルでペナルティーエリアに侵入。うまく体を入れてPKを獲得、自分で決めました。

さらに直後51分、福岡左CK。ボールが抜けていき、右から田邉選手がミドルシュート。これをGKが弾くも、目前に詰めていた実藤選手に当たりゴール。3バックにして守備を固めたはずなのに、あっという間にプランが崩壊してしまいます。

なんとか70分に、久々に攻め込んだ栃木。寺田選手のミドルシュートがバーを直撃、跳ね返りを西谷和希選手が頭で押し込みました。

このあとは少し栃木に勢いが出ますが、そのまま試合終了。

第8節、栃木vs京都は1-2。

開始早々の3分、栃木が先制点。右CKをニアで大黒選手がすらして、藤原選手が押し込みます。

しかし全体の流れは京都でした。ポゼッションも優勢。試合はその調子で進みます。

けれど同点弾はちょっと予想外の形で入ります。42分栃木DFがビルドアップ時に足を滑らせ、ボールをつつかれてしまいます。それを受けた京都・一美選手がGKをかわしてシュート。

京都の逆転弾は押し込んだ形から。52分、左サイド小屋松選手が縦に突破し、ペナルティーエリア内まで侵入。マイナスのパスを一美選手が押し込みました。

後半途中に栃木は大島君を交代投入。何度かボールにさわれたけれど、ロングポールが多い展開だと持ち味が出ないなあ。

さてこれを踏まえて栃木戦の展望です。

守備では。

栃木左サイドは双子の西谷和希選手と優希選手。スピードがあるので、しっかり抑えたい。

大ベテラン大黒選手は一瞬の駆け引きでチャンスを捻りだします。要注意。

大島君の出番あるかな。寺田選手とのコンビはよさげなんですよね。

攻撃では。

栃木はしっかりブロックを作ってくるので、ロングボール一辺倒になると苦しくなるのではないか。しっかり崩していきたいところ。

サイドから崩したいですね。ガブリエルさんと小池君のコンビネーションが上がってくるといいな!

古賀君はどしどし仕掛けてください!

そして中で、オルンガさんがフィジカルで圧倒してくれればOK!

すっきりと白星欲しい!!

勝ちましょう!!

| | コメント (0)

2019/04/13

今週の漫画感想 伏線

仕事の夢で早くに目覚めた月曜日。気持ち入れ替えるために漫画読む。ジャンプ19号感想です。スレッドでつなぎますー。

表紙&巻頭カラー『ぼくたちは勉強ができない』。カラーページでよしよしされたw 本編は重大告白の巻。兄想いの弟妹がいい。

『鬼滅の刃』。鬼の事情が結構心に響くのが、この漫画の特徴だけれど、さあ今回は。

『火ノ丸相撲』。もう12日目。決定戦にもつれ込みそうな気がするんだけど、いろいろ伏線になりそうなことがある。星取り勘定どうなるのかなあ。

『ゆらぎ荘の幽奈さん』。やっぱりあれが伏線か。どうなっちゃうのかな。

『アクタージュ act-age』。どクズじゃないかもしれないだと……?

というジャンプ19号感想でしたー。ちなみに昨日寝る前に、『ハイキュー!!』と『食戟のソーマ』の頭の方読んでたんだけど、これがあの辺の伏線になってるのか―と思いながら読むと、また違った味わい。19/4/8

『ハイキュー!!』と『食戟のソーマ』の最初の方の巻を読み返しました。

いろいろなコンテンツが無料であふれている現在、本を買って所有してもらうには、何度も繰り返し読みたいと思わせることが重要なのではないかと考えていて。

そのためには、読み返した時に感じられる喜びが欲しいところ。後ろがどうなっているか分かってて、だからこそ感じられる面白さ。うまく伏線張ってあると、「このシーンが後で……!」という楽しみ方ができます。

伏線には、後からここが使えると組み立てる場合と、後の展開を思いついていて先に仕込む場合があります。『食戟のソーマ』の煮こごりふりかけはどちらだろう。『ハイキュー!!』の「ゴミ捨て場の決戦」は完全に後者ですね。

伏線が効いてくる展開は大好物です。

冬が帰ってきたかのような水曜日。寒さに震えながら漫画読む。マガジン・サンデー19号の感想です。スレッドでつなぎますー。

まずはマガジン。『川柳少女』。新キャラ五央利ちゃん、なかなか押しが強い。スパッと特徴作るのうまい。

『マコさんは死んでも自立しない』。最後の1ページ、いいインパクト。

『男子高校生を養いたいお姉さんの話』。物まねうまいw

お次はサンデー。巻頭カラー『天野めぐみはスキだらけ』。回想にはなかったさりげないばんそうこう。いい演出。

『魔王城でおやすみ』。ぐりとぐらだよね?鍋カステラならぬ、鍋茶碗蒸し。最初かわいかった雛があのサイズ。鍋どころではないドラム缶でも行けそうw

『古見さんは、コミュ症です。』。屋台の焼きそば好き。

というマガジン・サンデー19号感想でした。仕事部屋は暖房効いてるからいいんだけど、トイレに持ち込んだ時に寒さに震えるのです。19/4/10

上の二つが第1巻なのでこちらも。『川柳少女』kindle版第1巻がアニメ合わせのキャンペーンと思われ、無料です。

新キャラ登場で、どんな科学反応が起こるのか。楽しみ。

| | コメント (0)

«なでしこvsドイツ 躍進の鍵