2020/09/20

vs広島 決めていれば

2020J1第17節、vs広島は1-1。

前半右サイドを崩され、先制点を取られたのですが。

その後守備時5バックの形にして、相手の攻撃をニュートラルに持ち込みます。これがまずお見事。

そして同点のシーン。北爪さんは絞ってCBの位置に入っていたはずなのですが、カウンター時に思い切った攻め上がり。きれいなトラップから見事なシュート。そこをしっかり見ていて、ダイレクトで奥までピンポイントのパスを送った江坂さんも見事です。

あとはこの勢いで逆転したかったのですが。

DAZNの集計では、シュート18本で、枠内シュートは15本。どれか決まってればなあ。

シュートのディフレクションがゴールの方へ飛んで行ったやつとか。

クリアがゴールの方に飛んで行ったやつとか。

呉屋さんのバーに当てたやつとか。

でも一番はラストプレーの戸嶋君です。あの疲れているはずの試合最終盤の時間帯に、あそこへ走り込む運動量はすばらしい。ファーストタッチもよかった。あとは決めてさえいれば、ヒーローだったのに……!

| | コメント (0)

2020/09/19

偵察広島vs清水・川崎と広島戦展望

前半戦最後となる広島戦。ぜひとも勝って終わりたい。ということでまずは偵察。

2020J1第15節、広島4-1清水。

広島は連戦考慮で先発を大幅変更していました。6名変更。

けれど、長く継続性を持ってチームを作ってきた利点で、チーム全体にやり方が浸透しており、それでもしっかり試合を運べます。ということで、大量4得点。

まず31分、ペナルティエリアの左手前でボールを受けたエゼキエウ選手、ミドルシュートをいいコースへ。71分、広島GK大迫選手からのロングボールにドウグラス・ヴィエイラ選手が抜け出し、ぴたりとコントロール。前に出ていた相手GKの頭上を抜く絶妙ループ。81分、ペナルティエリア手前右からハイネル選手がふわりとファーへ。レアンドロ・ペレイラ選手がぴたりとコントロール、冷静に打ち込みました。88分にはFKに対して森島選手が裏へ飛び出しクロス。ペレイラ選手がファーでヘッド、防がれたこぼれもペレイラ選手がシュート、今度はバー。それを柏選手が決めました。

対する清水は92分、右からのFKをカルリーニョス選手がヘッドで一矢報いますが、試合終了。

第15節、川崎5-1広島。

試合前、南極の昭和基地から生中継。チームマスコットのふろん太君が、南極観測隊に見習いで行っているのです。タイトルが「難局物語2020」。コロナ禍の難局と南極をかけ、さらに映画タイトルをパロったダジャレなんだけど、このクラブは本当にすごい。レベルちがうところでクラブ作ってる。脱帽。

しかもチームもバカみたいに強くて隙がないのです。ていうか、偵察で試合見ると、相手が弱く見えるから困るレベル。

まずは14分、連携で崩して田中選手がゴール。後半の入りが圧巻で、47分、三苫選手がドリブルでペナルティエリア侵入、ゴールライン際からマイナスパス。走り込んできたダミアン選手が足先一歩前に入れて得点。50分、広島ゴール前の混戦のクリアを拾った山村選手がミドルシュート。51分、右サイドから斎藤選手がクロス、田中選手が走り込んできてきれいなアウトサイドのトラップからシュート。もうここで試合を決めてしまいました。おまけに88分、PKを小林選手が決めてダメ押し。

広島は90分、浅野選手が右からボールを持ち込んでいってミドルシュートで一矢報います。ここで敗戦。前節とは逆の展開。

これを踏まえて広島戦の展望です。勝った試合はメンバー変わってるし、負けた試合は相手が悪いし、踏まえるといっても難しいのですが。

まず守備では。

前線に入るブラジル人、レアンドロ・ペレイラ選手190cm、ドウグラス・ヴィエイラ選手189cm。二人とも大型ですが、足元はとても柔らかく、テクニックがあります。要警戒です。

森島選手は狭いスペースでもテクニックを発揮できるタイプ。しっかり寄せて消したい。

浅野選手が先発ではないかという予想もあります。昨年水戸所属で対戦あり。スピードがあるので要注意。

攻撃では。

まずはもう言わずと知れたオルンガさんです。1試合1得点のペースで突っ走っています。このままお願いします!

広島は守備時伝統の5-4-1ブロック。前節は押し込みながら最後崩しきれなかったので、がんばりたい。江坂さんがずどんとミドルシュートを決めてくれてもいいです! お願いします!

相手がしっかりブロックを作るからこそ、多少強引にでも突っかけられる人の活躍が欲しいかもしれない。引き続き4-4-2の予想なのですが、仲間君が活躍しないかな。お願いします!

お願い3連発でぜひとも白星で締めたい!!

がんばって!!

| | コメント (0)

2020/09/18

レンタル組観戦記 山口vs松本・水戸

今年はコロナ流行の影響で、サッカーのスケジュールが詰め詰めです。そこに武者修行組の子の動向もチェックしようと試合を見ていたら、とうとう追いつかなくなりました(^^;;)

ということで、まず今回は山口の田中陸君を追うことにします。

2020J2第18節、山口2-2松本。

浮田君が試合前表彰。サポーター投票による8月下期のMVPに選ばれたそうです。上期も浮田君で連続受賞。点取ってましたからね(^^)/ そんな浮田君のこの試合の一番の見せ場は89分、惜しいヘディングシュートがありました。

田中君が紹介される時、「運動量が武器」というコメントがありました。ちょっと違和感。確かにポジショニングがよく、現在右アウトサイドに起用されて、前に後ろに中にと幅広く顔を出しているのですが、一番の武器はそれじゃない。まだ強みを出し切れていないということで、ちょっともどかしい。

その田中君の見せ場は18分。ペナルティエリアまで入っていって、パスが来たところでおしゃれヒールパス。惜しくもアシストならず。61分で交代です。

さてこの試合、同点で迎えたアディショナルタイムに劇的な展開がありました。「この5分の間に何か起きる気配がありますね」という前振りがあったのが見事な伏線。93分、山口左サイドからFK。これをヘナン選手がヘディングで競り勝ち決めました。それに対して95分、松本は自陣FK。GKのロングキックを服部選手が落として、塚川選手がダイビングヘッドを決めました。

ほんとに何か起きた。山口的にはあと数分、逃げ切りたかった試合でした。

第19節、水戸4-2山口。

こちらの試合での浮田君の見せ場は、まず10分、田中パウロ選手からのクロスを胸トラップしてシュートに持ち込みます。外れた。惜しい。78分にはライン裏に飛び出してボールを引き出し、中へパス。こちらも惜しくも得点につながらず。

田中君の見せ場はまず15分、この日右サイド先発でコンビを組んでいた村田さんを走らせるスルーパス。それから59分、ショートコーナーからクロスを上げ、中で小松選手がヘッド。これもいいシーンでしたが決まらず。惜しい。田中君は67分に交代。

さて試合展開は前半で水戸先制、後半立て続けに追加点で3-0と、山口は苦しくなるのですが、交代策が当たってすぐに2点返して1点差に。しかし、そこであと1点が取れず、逆にカウンターで失点して試合終了です。

今年は降格がないのですが、最下位は厳しいですねー。

ということで、本日は山口・田中陸君と浮田君の試合をお送りしました。

| | コメント (0)

2020/09/17

今週の漫画感想 クビ

ぐっと涼しい月曜日。このまま秋になるのかなと漫画読む。ジャンプ41号とジャンプ+の感想です。スレッドでつなぎますー。

まずはジャンプ。センターカラー『BURN THE WICTH』。四回シリーズ最終回。面白いのにこれで終わりなのかーと思っていたら、続編がある模様。楽しみ。

センターカラー『ぼくたちは勉強ができない』。次回お義父さん登場。どれだけ引っ掻き回すのか、面白そう。

『あやかしトライアングル』。ここで話が広がるタイミングだけど、なんか違う方にも広がっているw

『破壊神マグちゃん』。この調子で学校を支配していくのだろうかw

『森林王者モリキング』。愛王がときめいちゃっているシーンで笑ったw

お次はジャンプ+。『悪魔のメムメムちゃん』第95話。ぺちゃんこでも平気なのはさすが悪魔w

『阿波連さんははかれない』第99話。予想できる展開から、ちょっと外して予想外へ持っていく展開、うまい。

というジャンプ41号とジャンプ+の感想でしたー。さて、おなかすいた。20/9/14

今日も涼しくて、このまま秋になってほしい水曜日。原稿の前に漫画読む。マガジン・サンデー42号感想です。スレッドでつなぎますー。

まずはマガジン。『男子高校生を養いたいお姉さんの話』。急に花ちゃん大ピンチに。どうなる。

『魔女に捧げるトリック』。魔女狩りの時代に飛ばされ、そこでマジックを魔法として使うお話。お話の全体像が見えてきて、面白そう。

『ランウェイで笑って』。たっぷりページを使って見せた、美依の表情の変化がすばらしい。

試合が始まって次を楽しみにしていた『ダイヤのA』が休載。コロナ対応で仕事環境を変え、制作に時間がかかっている影響とのこと。人手が必要な週刊連載は大変だ。他にも苦労している作家さん、多いんだろうなあ。

お次はサンデー。巻頭カラー『ノケモノたちの夜』。ダメな方の理由を先に書いて下げておいてからの「騎士道精神を重んじる英国紳士」かっこいい。

『葬送のフリーレン』。じわじわ描かれる魔族の非道。それに対してじわじわ描かれる義憤。いい感じ。

『よふかしのうた』。二転三転する展開うまい。

というマガジン・サンデー42号感想でしたー。さて、おなかすいた。20/9/16

『ランウェイで笑って』。先週の感想では、助っ人に来て「わたしが一位にいてあげる」と言い切った千雪の、男前の一枚絵と、その後生きているマネキンとしてお客さんに服の魅力を伝える中、訪れた小さな女の子に優しく微笑み魅了する、その表情の変化のすばらしさについてつぶやいたのですが。

今週は美依の番です。自分の立ち上げたブランドは失敗、親のコネでアプロに入社し、陰口叩かれているのをわかっていて、そこから目を背けて昼行燈。でも、育人と仕事をするうちに、顔の広さと行動力で別の素質を開花させてきた。

そこでかけられた自分を認めてくれる言葉に、いつものごまかし笑いが破顔していく4ページ。すばらしい。

日本の漫画が発展させてきた大きな要素に、こういう時間の流れを操るコマ割り構成と、表情による表現があると思うのです。こういうのがうまい漫画は、本当にいいなあ。

| | コメント (0)

2020/09/16

コロナ倒産

いつも行っている近所の床屋さん。このブログにも一度登場しています。コロナ流行で休業要請が出た時、最初理髪店も対象だったので、今日行っておかないと髪が切れなくなってしまうと焦って行ってきた、という話題で登場しました。

そこが今月下旬に閉店とのこと。

コロナ倒産かなあ。

ちょっと俯瞰した引いた視点だと、この状況下で経済的な混乱があるのは、まあ仕方ないと思うわけですが、いざ自分の身の回りで起きた場合は、いろいろ複雑な気持ち。店主のおじさんの家庭事情とか聞いたしなー……。

早くおさまってほしいんだけど、最近のニュースを見ていると、完全に元通りとはいかなそう。ワクチンの試験中断のニュースもありました。最短で、というのもどうなるかわからない。

いろいろ厳しいですねえ。

| | コメント (0)

2020/09/15

縦書き横書き

日曜日、HON.jpブロードキャスティングで、ウェブトゥーンの話が取り上げられていました。PCで読むために発達していった、縦スクロール形式の漫画のことです。さらにその後の懇親会でもそれが話題になり、小説にも縦書き横書き問題があるよねという話になりました。

従来の紙の出版が少しずつwebに置き換わっていく、この過渡期的な状況で、なかなか難しい問題だと思います。

漫画について考えると。

もともと紙の本で読むことを前提に見開きで考えられていた従来のマンガに対して、スクロール形式で読むウェブトゥーン。僕自身は縦スクロール漫画にはいまいち馴染めておらず、横開きのものばかり読んでいます。

まあ、こういうのは慣れの問題が大きいと考えられ、最初からそれで読んでたら、そういうもんだでおしまいなのかなと思うのですが。

一つだけ、はっきりと気になっているのは、視線誘導に関連した問題。紙のページめくりはほぼ一瞬のうちに終わるのですが、スクロールの場合、コマの上部からだんだん見えてきてしまう。漫画のネームで画面の構成をする場合、前のページでためておいて開いてドンというリズムがかなり重要なのですが、それがなくなるのはけっこう気になります。

さて、従来本になることが前提で縦書きで印刷されていた小説に対し、横書き主体のウェブ小説については。

漫画は上記のように少し保守的な感覚があり、積極的に自分も取り組もうという気分にはなっていないのですが。なのに小説だとむしろ、自分の原稿は今全部横書きです。

発表している状態でも、例えばカクヨムは横書きですし、ガンズもnote版になったので横書き。ちなみに電子書籍にするときに使っているBCCKSは、編集画面は横書きで、表示するときに勝手に縦書きにしてくれるという仕組みです。つまり、限りなく横書き環境で書いています。

小説の場合あまり気にしていないのは、いわゆるリフロー形式と呼ばれる表示の仕組みのため。読む人の手元のデバイスに合わせて行送りが決まるので、どう見えるかをこちらでコントロールすることができないのです。つまり、上記で気にしていたようなめくってドン、なんて考えようがない。

コロナ中止になる前のコミティアに、ショートショートのコピー本を作って持っていったのですが、それにはそういうページめくりを計算した遊びを入れました。でも、ブラウザーで見るにしても、電子書籍のパッケージにするにしても、ふつうはリフローなので、それこそスマホの機種によっても画面サイズが微妙に違って、行送りが違う。

だったらもう、見え方にこだわってもしょうがないから、縦でも横でもいいんじゃないかなと思ってしまっているのです(^^;;)

もう一つ、読みやすくするために文節終わりで改行、そして行頭の方も一段ずつずらして表示、という研究についても触れられました。その方が読みやすく、読むスピードが上がるということなのですが、あそこまで行くとちょっと違和感が。文節終わり改行はいいような気がするけど、行頭段々が気になる。

最初の漫画の見開き構成についても、長く綴じ本という表示形式に合わせて発達したわけで、もし本が巻物のままなら、最初からウェブトゥーンのように発達したのかもしれない。つまり、物語をどう表示するのかは環境によって決まってきたわけで、今環境が変わっている最中なのだから、まだ変わっていく可能性はある。

いったいどの辺に着地していくんでしょうかねー。気になる。

| | コメント (0)

2020/09/14

vs鳥栖 負けた

負けてしまった。

2020J1第16節、vs鳥栖は1-2。

オルンガさんの先制点はいい出だしだったのですが。

PK取られたり、取ってもらえなかったりしたのですが。

攻勢かけてた時間帯に追加点取れなかったのが響いたなあ。

あと、地味に三原さんの黄紙痛かったかもしれない。あれで、三原さん交代、さらに大谷君も交代して、ボールを動かせる気の利くコンビから、ボールハンターのコンビになった。どちらかというと逃げ切りの時にいてほしいコンビ。

そう考えるとやはり、追加点かー。

そんな感じで、やけ食い中。

| | コメント (0)

2020/09/13

大嶽君2種登録と鳥栖戦展望

まずはニュースから。

柏U-18所属大嶽拓馬君が、2種登録です!

左SBの大嶽君。先日開幕したU-18プレミアリーグの大宮戦で、きれいなクロスでアシストした映像を見ました。ウチには今オルンガさんという超絶ターゲットがいるのですが、サイドからのクロスをドッカンというシーンが少ない感じ。大嶽君が出場してそういうシーンを演出できたらわくわくなのですが、果たしてその機会が来るか。がんばって!

さて、今節の相手はコロナクラスター発生で一か月ほど試合がなかった鳥栖。なので試合のイメージがあまりありません。偵察重要。

ということでまずは2020J1第14節、鳥栖3-0横浜FC。

この試合がコロナ隔離後初試合となる鳥栖。連戦で他チームに疲労がある中、フレッシュなのは有利。しかし活動自粛期間もあり、試合勘が鈍っていそうなのが不利。どちらの目が出るのかなあと思っていたところ、いい感じで先制点を奪います。

11分、右SB森下選手が持ち上がってライン裏へクロス。そこへ飛び出した金森選手がハーフバウンドにうまく合わせてゴール。

その後、前後半通じて互角の展開でしたが、81分、前に入れたボールでごちゃっとなり、いいところにこぼれる。そこに林選手が抜け出してシュートを決めました。

さらに86分、横浜FC左CK。これを跳ね返したボールを拾った鳥栖・小屋松選手、ぶっちぎりカウンター発動。追いすがる横浜FCの選手を寄せ付けず、GK脇を抜いてとどめ。

内容としてはこんなに点差が付く感じではなかったのですが、要所で鳥栖がしっかり決め切ったという試合でした。

第15節、浦和2-2鳥栖。

先制は鳥栖。12分、CB原選手からロングボール一本で樋口選手が抜け出しカウンター。クロスに中でチョ・ドンゴン選手がヘディングシュート。

浦和は今一つうまくいかない感じで前半終わりましたが、後半開始早々48分に同点。左サイドに流れた興梠選手が中へパス、そして自分はゴール前へ。そのボールを関根選手がミドルシュート、GKが弾いたこぼれを走ってきた興梠選手が蹴り込みました。

60分に鳥栖がまたリード。左サイドペナルティエリア角辺りから、鳥栖・樋口選手がミドルシュート。これがブレ球で、浦和GK西川選手はキャッチに行かずに弾きます。それを鳥栖・林選手が拾って押し込みました。

だんだんと試合がオープンになっていく中、81分浦和再び追いつきます。左サイドでボールを受けた武藤選手、外にはたいて中に入っていきもう一度受けて、ファーに巻くミドルシュート。お見事。

ということを踏まえて鳥栖戦の展望です。

守備では。

鳥栖のイメージはロングボールを大型FWに当てて、というものでしたが、最近は違います。ビルドアップに舵を切っている模様で、長いボールを競らせてというシーンは、見ていた試合ではあまりありませんでした。ということで、まずプレスをかけて引っかけたい。

左サイドの小屋松選手は昨年京都所属で対戦しています。とにかく速い。要注意。

金森選手はドリブルあり、飛び出しありで、シュート意識も高い。しっかり捕まえたい。

原川選手のプレースキックは精度が高く、セットプレー要注意です。

攻撃では。

攻撃の形はだいぶ変わりましたが、守備で激しく来るのは変わっていません。切り替えで負けずに、まずそこをかいくぐりたい。

ウチのシステムはどうなるのでしょうか。2トップなのか、1トップなのか。とにかくオルンガさんが中心なのは間違いないので、ドカンと決めてほしいです!

絶好調の江坂さんがどっちにしろトップ下なのも間違いなく。4戦連発お願いします!

2トップも1トップもそれぞれいいところあるけれど、今回は2CBに2トップぶつけた方が面白いような気がする。呉屋さんは前回惜しかったので、今度は決め切ってください!

連戦最終戦は白星で!!

勝ちましょう!!

| | コメント (0)

2020/09/12

今週の漫画感想 すき

台風の影響で南風が吹き込み天気ぐずつく月曜日。やることたくさんあるけどまず漫画読む。ジャンプ40号とジャンプ+の感想です。スレッドでつなぎますー。

まずはジャンプ。『Dr.STONE』。空中戦は燃える。

『あやかしトライアングル』。見事な割り切りでお風呂からw サービス濃厚でお話を進め、ちょっと先々に布石を打つ展開お見事。

『破壊神マグちゃん』。お姉さんのおいしいとこの持っていき方、勘違いさせる演出うまい。

『ぼくたちは勉強ができない』。この世界線ではいろいろあったっぽいことをほのめかし。気になる。

お次はジャンプ+。『SPY×FAMILY』第32話。夜帳の表と内心のギャップ、ほんといい。かっこいいセリフも書き文字がすべて吹き飛ばすw

『姫様"拷問"の時間です』第66話。トーチャーの食べてる様子、本当においしそう。

というジャンプ40号とジャンプ+の感想でしたー。なんかすごい風雨に雷と、ぐずつくレベルじゃなくなってきた。20/9/7

仕事前に原稿進めようと思ったら、家の前で道路工事が始まった水曜日。仕方ないので漫画読む。マガジン・サンデー41号感想です。スレッドでつなぎますー。

まずはマガジン。『ダイヤのA』。新球大活躍。燃える展開。相手を手玉に取る描写、うまい。

『男子高校生を養いたいお姉さんの話』。花ちゃんかわいそうw

『ランウェイで笑って』。1枚絵の男前感と、女の子に微笑む笑顔の柔らかさ。いい表情。

お次はサンデー。巻頭カラー『葬送のフリーレン』。ここでタイトル使うの、すばらしい。

『よふかしのうた』。ぐるっと回って元へ戻ったように見せて、やっぱり戻ってなかった。ストーリーが積み重なってどんどん深まる展開。

『古見さんは、コミュ症です。』。父母青春譚。見開きの破壊力すごい。

というマガジン・サンデー41号感想でした。原稿前にやらなきゃいけないことも思い出した。20/9/9

『SPY×FAMIRY』第五巻発売されました。550万部突破だそうです。最近漫画の売り上げが好調だという記事には、大抵その要因の一つに『鬼滅の刃』のヒットが挙げられていますが、こちらもかなり貢献してますよね。ミリオンセラー。

カラー口絵のボンドがお腹見せてアーニャとお医者さんごっこしてる絵、めっちゃいい。

さて本編では、ちちこと凄腕スパイ〈黄昏〉の部下、〈夜帷〉(とばり)が大活躍しています。5巻の後半から登場し、「毒婦、冷血、鉄面皮」と紹介されましたが、その無表情の下に〈黄昏〉に対するもう過剰なまでの恋心が隠されています。表情全然変わらないのに、内心ではもうめろめろ。

それがストレートに「すき」と書き文字で表されているのが、めっちゃ楽しい。描かれている絵とのギャップがすごいw

この回でも、モノローグですごくいいこと言っているのに、最後は書き文字が持っていっています。ほんといいなあ。

| | コメント (0)

2020/09/11

積読山脈

積読山脈がひどいことになっています。

もともと掃除整理整頓がめんどくさいと思う性分で、「本ぐらい積んであっても害はなかろう」となりやすいのですが。

最近忙しかったので、本当に放置。

そしたら、害はなかろうと思っていたのに、問題発生です。

ちょっと余裕ができて、最近インプットできていないし、小説を読もうと本屋で新刊に手を伸ばした時。

この前の巻、買ってあったっけ?

時間がないからと、買ったまま積まれていて、どこまで買ってあるのか思い出せない。

しかもその間に山体崩壊を起こして崩れたりしているのも放置しているので、片付けないと所在が確定しない。

これを?

片付けるの?

日頃からまめにやっておけば、こんなことにはならないのに、という人生何度目になるのかもうわからない教訓なのでした。

| | コメント (0)

«vsG大阪 しっかり勝利!!!!