2020/08/11

コミティア中止

9/21に開催予定だったCOMITIA133が中止となりました。

東京でコロナ感染が拡大しており、簡単には収まらない様子。その結果、8月に緩められる予定だったイベントの人数制限が続行になり、いつ解除されるか不透明になったためだそうです。

イベントの人数制限はJリーグでもやってるやつですね。5000人以下かつ収容人数の50%以下。Jリーグも緩めていく予定だったものが延長になっています。

いやあ、ほんとに厳しいですねえ。緩めると簡単に感染拡大しますからねえ。

年内開催が無理だと存続が危ういという話ですが、ワクチンできて、みんなに接種できるの、どうがんばっても来年になるのではと言われてるんですよね。それまでは自粛するしか、拡大防止策はないわけで。

大丈夫かな。

| | コメント (0)

2020/08/10

キャプテン・ラクトの宇宙船 7

『キャプテン・ラクトの宇宙船』第7話を公開しました!

海賊船がトウキョウの商用航路独占を狙って貨物船を沈めていく中、ゴヘイの船も攻撃され、オオムラ家がピンチに。高価な荷物を契約通り届けることができなければ、その違約金で一家離散の事態になります。それだけはさせないと立ち上がったラクト。もう一度用意した荷物を届けに〈はやぶさ〉で地球へと旅立ちました。

そして、思った通り、やってきた海賊船。その船の型から、あの国家をバックにした準軍隊だと判明。実力差は歴然です。しかし、それもラクトの想定内。そのために用意した、ラクトの秘密兵器とは……。

というアクションシーンてんこ盛りの第7話です。

このあいだ、ガンズの目次記事を作る時、ただ作者名と作品名が並んでいるだけでは面白くないし、目当て以外の作品を見てもらえないかもなーと思って、各作品にキャッチフレーズをつけることにしたのですが。

自分のには「少年とポンコツロボと宇宙船」とつけました。とりあえず作品の要素を並べたら、五・七・五で語呂がよかったのです。ただ、ポンコツロボと言っちゃうと、ミミは見た目がぬいぐるみなだけで、高性能。イチコは性格がポンコツ風味ですが、中身はやはり高性能。ちょっと語弊がある。

その中で由緒正しきポンコツロボはロクローです。おつむが弱く、気は優しくて力持ち。そんな彼が大活躍するこの回は、書いててとても楽しかったです。

そしてここから畳みかけて事件が展開していきます。ぜひお楽しみください。

| | コメント (0)

2020/08/09

vsM 何とか引き分け

2020J1第9節、vsマリノスは1-1。

どちらかというと、引き分けで終わらせられてよかったという試合でした。

攻め込むマリノスにカウンターを狙うウチ、という構図は戦前予想した通り。

しかし、マリノスが差し込む縦パスを封じきれません。主審がわりとファール取るなあという感じだったのが影響していたかもしれない。ちょっと下がり過ぎになってしまい、カウンターもなかなか発動できない状態に。

その中で、ラフなロングボールから相手のミスを見逃さず、無理やり得点しちゃうオルンガさんは、さすがの一言です。トルコのベジクタシュが獲得を狙っているという話がありますが、やめて、連れて行かないで―!!!!

さて引き分けで終わらせられてよかったと思ったのは、CBにトラブルが相次いだからです。

まず前半41分、山下さんがどうも腿裏痛めた様子で交代。身体能力の高さと経験値で、安定感抜群だったのに。しかも、試合前にメンバー見て、ちらっと思ってたんですよ。「あれ、ベンチにCBがいない……まあ、そんなに交代することもないから、いいのかな」と。

代わりに入ったのは川口君。古賀君が移動するのかと思ったら、そのままCBに。ネルシーニョ監督のこの思い切り。確かに、マリノスは自分たちのスタイルを貫き通すチームなので、ロングボールを跳ね返さないといけない場面はそんなにないとはいえ、決断力すごい。

ちなみに、後半、相手との接触で大南君も痛みます。しかしこの時、すでに代えようがない状態。ピッチ外でチェックしている間、DFラインが三丸、川口、古賀、高橋と、SBしかいない緊急事態となっていました。その前の交代で高橋さんが一列前に入っていただけ、まだよかった。戻ってもちょっと痛そうだったけど、大丈夫かな。

ウチ、連勝してるけど、けっこう怪我人出てますよね。ちょっとその辺が心配。水曜のルヴァン杯はもう1位抜けが決まっているから、無理使いしなくていい試合です。この1週間で、戻ってきてほしいなあ。

とにかく負けないでよかった。

| | コメント (0)

2020/08/08

偵察マリノスvs札幌・仙台とマリノス戦展望

過密日程続くJリーグ。僕も過密日程潜り抜け、まずは偵察。

2020J1第7節、札幌3-1マリノス。

お互い攻撃的なチームの対決となったこの試合。その期待に応える派手な展開がありました。

まずは15分、マリノス先制。右サイドから戻されたボールを受けた天野選手が、強烈なワンステップ・ミドルシュート。

ところが直後の16分、札幌同点。右サイドのルーカス・フェルナンデス選手がカットイン、右足アウトでスルーパス。これを駒井選手が決めました。

さらに18分、マリノスの畠中選手がビルドアップでコースを消され、ためらったところで駒井選手にカットされます。駒井選手はそのボールをゴール前に。パスを受けたチャナティップ選手はシュートを一度防がれますが、拾い直して粘って荒野選手へ。逆転シュートが決まりました。たったの数分で3得点。なかなかない展開です。

このあとは拮抗した展開が続いたのですが、試合終了直前の89分、マリノスのハイボール処理のミスを見逃さず札幌・荒野選手がボール奪取してゴール前にドリブル。ヒールで残したボールを金子選手が決めて、試合終了となりました。

第8節、仙台0-1マリノス。

カウンターに強みのある仙台と、攻撃力が売りのマリノスの対決。当然、試合開始からマリノスが攻勢に出る展開です。

しかし、だんだん仙台が慣れてきて対応。0-0のまま、むしろ試合終盤は仙台に勢いが出てきます。

しかし、アディショナルタイムに入った95分。マリノス左サイドからティーラトン選手がクロス。仙台DFがクリアしきれずにゴール正面に飛んだボールをマルコス・ジュニオール選手がダイレクトでたたき込みました。

仙台にも十分勝機があったのですが、痛めた選手が出た時にすでに交代回数を使い切っていて、あと一歩の推進力を出せなかったのが、誤算となりました。

これを踏まえて、マリノス戦の展望です。攻撃的でハイラインのマリノスに、対するウチはカウンターに武器を持つ。チームのタイプ的にはかみ合うはずです。

守備では。

攻撃陣は多士済々。ただ、ポジションごとの役割はだれが出てもはっきりしている感じです。攻撃的なチームとしては、今のJ1ではマリノスと川崎が双璧ですが、印象は少し違います。川崎はお互いの距離を縮めて狭いスペースでもボールを回し、全体的にじわじわと攻め上がっていく感じですが、マリノスは後ろでボールを回しながらタイミングを計り、ズバッと縦パスを入れて、そこで一気に攻めていく感じ。

そうすると、バイタルでボールを受けようとするFWに入れさせないというのが第一歩。CBとボランチ二枚で中のコースをしっかり消したい。特に好調のキャプテン、大谷君の活躍に期待です。

サイドにもスピードがあって突破できる選手がそろっているので、一対一で負けないことが肝心。がんばってー!

攻撃では。

とにかくラインが高いので、当然その裏を狙いたい。絶好調オルンガさんにはあのスペースはごちそうです。どかどか決めちゃってください!

しかしオルンガさんがめっちゃ目立っているので、厳しいマークも想定されます。そこで出番は一列後ろのセカンドストライカー。エルゴラの記事では、オルンガ&江坂を警戒となっていましたが、そしたら中に入ってくる仲間君ですよ! 連続得点は途切れたけど、ここからまたどかどか取っちゃってください!

あと、マリノス左サイドが攻撃力高そうなのですが、その分裏が取れそうな気がします。瀬川君が切り替えで上回ってライン崩壊させる展開を期待です!

まだまだ連勝続けたい!!

勝ちましょう!!

| | コメント (0)

2020/08/07

今週の漫画感想 嘆願

梅雨明けして蝉の声響く月曜日。暑くなったらアイスがご飯。ジャンプ35号とジャンプ+の感想です。スレッドでつなぎますー。

まずはジャンプ。『Dr.STONE』。実はセリフに二重の意味を乗せ、伏線になっていたという展開、燃える。

センターカラー『アクタージュ act-age』。多分、この辺いろいろ伏線なんだろうなあと思って読んでいて、そして今回、意味深な無言の後ろ姿。どうなるのかな。

『破壊神マグちゃん』。いろいろ便利だなあ。そしてゴミ漁りが定着している姿が物悲しいw

『あやかしトライアングル』。うまい感じで段階踏んでいて、ここでもう一段踏み込む展開。楽しみ。

お次はジャンプ+。『阿波連さんははかれない』。頓珍漢な思い込みで暴走するパターンかと思いきや、ズバッと切り込んできた。

というジャンプ35号とジャンプ+の感想でしたー。ミントアイス食べ比べ。やはり緑の方かな。

本日はルヴァン杯な水曜日。なので、ご飯は勝つぞモードでロースカツ。マガジン・サンデー36・37号感想です。スレッドでつなぎますー。

まずはマガジン。『ダイヤのA』。もうここで終わってもいい。川上先輩の覚悟に、監督はどう答えるのか。

『ランウェイで笑って』。表情の威力。漫画の強み。すばらしい。

『男子高校生を養いたいお姉さんの話』。セクハラ回w

お次はサンデー。巻頭カラー『古見さんは、コミュ症です。』。冒頭のシーンは種明かししてなあんだと思わせてから、引きで本格的にピンチになる、うまい構成。

『葬送のフリーレン』。メンバー増えたらフェルンの突っ込みが容赦なくなってきて、いい味出てきたw

『よふかしのうた』。どんどん波乱が広がっていく。どうなるのかな。

というマガジン・サンデー36・37号感想でしたー。起きぬけにロースカツは重かった。20/8/5

『ダイヤのA』。スポーツ漫画で強大なライバルとともに、立ちふさがる障害として登場する怪我。野球漫画ではすでに『巨人の星』の昔からある手法で、怪我を克服するために左投げが右投げになったりしています。しかし、こちらの漫画では、それとは違う視点で攻めてきました。

昔はリアルなスポーツでも、根性上等で壊れちゃったりしてたのですが、最近ではあまり美談としては扱われず、無茶使いには批判も出るようになっています。しかし、そこで逆の視点。無茶使いで壊れたらその選手の将来はどうなるという問題に対して、本人が自分の器を見切っていて、この先はない、だからここで壊れてもいいから出し尽くしたいと思っていたら?

これは非常に難しい問題だと思うのですが、監督の返答はいかに。

| | コメント (0)

2020/08/06

ルヴァン杯vs湘南 首位突破決定!!!!

グループステージ首位突破決定しました!!!!

2020ルヴァン杯Dグループ、vs湘南は1-0!!!!

コロナ禍の影響で大きく大会形式が変わったルヴァン杯。グループステージはホーム&アウェイではなくなり、一試合ずつに。ということで第一戦に勝利していたウチは、同じく勝利していた湘南に勝てば、もう一試合の結果次第で一位抜けが確定するという棚ぼた展開になっていました。

結果ウチが湘南に勝ち、向こうは引き分け。G大阪、大分は、もう最大勝ち点4なので届かず、次の試合ウチ負け湘南勝ちで勝ち点並んでも、その次の条件がよくある得失点ではなくその2チームの勝敗なので、ウチが1位決定。クループステージ勝ち抜けです。めでたい(^^)/

過密日程で先発大幅変更。その選手たちで結果を出せたのもよかったですねー。とにかく連戦が続くので、層の厚さが絶対に必要です。

呉屋さんがここでしっかり決めてくるのもさすがです。リーグでは最近出番があまりありませんでしたが、すでに2点決めていますし、チャンスがあればしっかり働く頼れる存在です。次の試合でお願いします!

ルヴァンも勝って、これで公式戦5連勝ですよ。ほんとにほくほく。

| | コメント (0)

2020/08/05

レンタル組観戦記・群馬vs栃木&山口vs長崎&金沢vs大宮&福岡vs愛媛

J2はミッドウィークに試合がある連戦の週。武者修行組の選手たちにとってはなかなか厳しい結果となりました。

まずは2020J2第8節、群馬0-1栃木。

こちらはめでたい試合です。中断期間に急遽武者修行に出かけた井出君が、プロ初出場初先発。そして完封勝ちに貢献です。

守備では高卒ルーキーながらそう身体負けすることもなく、まあまあできていた感じ。ただ、栃木のサッカーが全体的に忙しなく、ボールが来た時にそれに引っ張られてしまっていた感じだったのは、ちょっともったいなかった。とにかく前にはじき返さなくちゃ、とコントロールできそうなところも前にヘディングしていた。ビルドアップの落ち着きどころになるだけの能力はあると思うので、そういうところも出していきたいですね。

週末の第9節ではベンチ入りしたけれど出番なし。次のチャンスはいつかな。

今季栃木では、アカデミー出身の大島君が、FWから右SBにコンバートされています。ウチのアカデミー卒のCFの選手は、足元に高精度のパスが入ってくる前提で育てられているので、外に出た時に結構苦労している印象。アバウトなボールを前に出すようなチームだと、武器がなくなっちゃう。サイドバック転向で生き延びられるかなあ。

第8節、山口1-2長崎。

田中君が76から交代出場。この時点で山口は、1点負けているのにFWイウリ選手が黄紙2枚で退場して10人、というピンチでした。田中君はボランチに入ります。

直後二種登録高校生の河野選手に同点ゴールが生まれ、いい流れになりかけたけれど、82分。長崎の米田選手が縦につっかけて抜け出し、角度のないところからゴール。田中君はカバーに入ったのですが、前に出られてしまい、スライディングするもシュートコースを消しきれませんでした。残念。

他の場面ではシュートブロックやインターセプトからの攻め上がりもあって、まあまあの出来。ただ、第9節は出番なし。

アカデミー卒の先輩、秋野君が長崎のアンカー。リードしたあと疲労の見える山口相手に、めっちゃいやらしいボール回しを披露。さすがです。

第8節、金沢0-1大宮。

最初に結果を確認した時、杉井君が前半で退いたと知り、大宮はサイドの強いチームだし何かやらかしちゃったのかなと思っていたのですが、実際見てみると、一本チャンスになりそうなサイドチェンジのコントロールミスがあったぐらいで、他はそつなくこなせていました。特に、同サイドの下川選手との連携はあっていて、いいパスで走らせていました。

そうなると考えられるのは、負けているので攻撃的な選手を増やすために、下川選手を一列下げるという選択。正直もともとCBなので、SB的な突破力には欠けています。そういう中でどうやって攻撃での武器を出していくか、なかなか難しい。

ということで第9節は出番なし。

第8節、福岡1-1愛媛。

ポジション取り切れていない他の人に対して、上島君は大卒で年齢が上だというのもありますが、もう福岡守備陣の中心です。

この試合でも、愛媛の前からのプレッシャーがかなりきつかったのにも負けず、落ち着いて入れ替わるようなえげつない縦パスや裏へのフィードを通します。セットプレーではターゲットとして競り勝ち、守備もがっちり負けません。クロスに対して下がりながらの難しいスーパークリアもあり。

ただ、失点シーンでは、上がってきたボランチの川村選手に対してカバーに入ったけれど、シュートコースを消し切れず。ミスというより向こうのシュートがうまかったのですが、こういう一つのプレーのちょっとのところで失点につながってしまうのが、CBのつらいところ。

けれどその後追いついたし、1失点なら及第点で、さあ次の試合も頑張って、となっていたのですが。

他のみんなが第9節、出番がなかったのに対して、上島君は試合ごとなかった。福岡にコロナ感染者が出て、直前で試合が中止になりました。ボランチの前選手が陽性だったとのこと。福岡HPで詳細な経過が公表されていましたが、熱は全く出ておらず、無症状感染だった模様です。他の人は大丈夫だった模様で一安心。

今年は本当に大変ですよねえ。

| | コメント (0)

2020/08/04

ようやく名古屋戦感想

当日は仕事が大忙しで見る時間がなく、次の日は帰ってきて疲れたから布団でごろごろしながら見ようとスマホ視聴したらそのまま眠くなってしまった、2020J1第8節名古屋戦1-0勝利の感想でございます。

まず何と言っても、オルンガさんの決勝点がスーパーです(^^)/

処理するには難しいショートバウンドになるボールを、足裏で押し込む。あのとっさの判断。オルンガさんはその長身とスピードが目立つため、フィジカル面の優位を語られますけれど、このあいだのハットトリックの時の左足トラップ→次のステップでトゥキックとか、とっさの判断でもぎ取ってる点がけっこうありますよね。ストライカーですねえ(うっとり)

江坂さんのロングクロスもお見事でした。飛び出したGKが触れないぎりぎりの位置への絶妙のボール。最近の江坂さんはリーグでもトップを争うファンタジスタとなっている気がします。

そして、放送では「ほこたて対決」と、3連勝中12得点のウチの攻撃力vs3連勝中3連続完封の名古屋の守備力、という位置づけだったのですが。

ウチも連勝の要因として守備が引き締まってきたことが上げられるので、お互い守備から、そしてそれをどう破るのかという対決となりました。そこで上回って完封勝ちできたのもすばらしい。

特にですね、大谷君の活躍がうれしいのです。放送でも危ないところをいち早く察知してその芽を摘む大谷君の働きに触れてましたけれども。

ここ何シーズンか、少しずつ出場時間が減っていて、出れば明らかにゲームのリズムが違って見えるのに、現場の評価は違うのかな、年齢的にこのまま引退が近づいちゃうのかなと寂しく思っていたのですが。

湘南戦で先発し、勝利を手繰り寄せるとそのまま先発の座を獲得。相手のプレッシャーの掛け方を見ながら、時にはDFラインに落ち時にはその前でボールを引き出しビルドアップ。攻めの緩急の手綱を操りながら、虎視眈々と縦を狙い、時には攻め上がり。そして消してほしい危険なスペースには常にさっそうと現れるという、もう大車輪の活躍です。

もうほんと、うっきうきで試合が見られるんですよねー。このままみんな活躍して、連勝街道驀進してほしいです!

| | コメント (0)

2020/08/03

見たけれど

名古屋戦を見ようとしたのですが、どうもウチのPCの調子がいまいち。

ということで、仕方ない、スマホで見ようとなったのですが。

スマホのいいところは、ごろごろ布団の中で見れること。

つまり、起き出して記事を書くのがおっくうになってしまったということで、明日書くことにして、もうお休みなさい(この記事もスマホから)

| | コメント (0)

2020/08/02

vs名古屋 四連勝―!!!!

四連勝ですよ!!!!


2020J1第8節、vs名古屋は1-0!!!!


オルンガさんも点を取ったし、ほくほく。


しかし、今日は大忙し中の大忙しで、見る余裕がないので、感想は明日。

| | コメント (0)

«vs名古屋展望というか願望