2022/08/09

鵜木君水戸へ

鵜木君の水戸への育成型期限付き移籍が発表されました。

鵜木君は今季、守備強度と運動量がだいぶ増していて、戦える感じになっていました。リーグ戦は4試合89分ですが、ルヴァン杯は4試合291分1得点。

もうちょいのところまで来ているので、ここで出場機会を積むのは、悪くない選択だと思います。

今季は今治に滝本君が武者修行に出たのですが、怪我して長期離脱。そのため、僕の観戦記も止まっていますが。

ぜひぜひ、もう今週末から出番を勝ち取って、僕にJ2観戦させてください! がんばって!

| | コメント (0)

2022/08/08

欧州大熱波とドイツの危機

先週頭の大忙し期間前半終了の頃、東京は猛暑日で、仕事に行くために駅へ向かう時点で「もうダメだ、死ぬ」という気分になるほど暑かったのですが。

休みに入ったところで雨が降って気温が下がり、だいぶ過ごしやすかったこの数日。

今週はまた暑くなるんですよね。やだなー。

さて、本日の話題は暑さに絡めて欧州について。先月半ばから大熱波が襲っています。

30℃を超えることすら珍しいイギリスで、史上初の40℃超え。他にも各地で最高気温40℃以上を記録。ポルトガルに至ってはなんと47℃。

向こうは湿度が低いので、いつもなら日本の暑さとは違い、過ごしやすい。ただその結果冷房の普及率が低くて、ここまで暑くなるとそれが致命傷になります。ポルトガルでは1000人を超す死者が出た模様です。

欧州で熱波の影響拡大、英は観測史上初の40度超え 各地で山火事多発

欧州で異例の熱波の影響が広がっている。フランス南西部のワイン産地ジロンドでは過去30年余りで最大の山火事が猛威を振るい、英国では19日に観測史上最高気温を記録して列車が一部運休となった。ポルトガルでは熱波に関連する原因で1000人以上の死亡が報告された。

ドイツの一部地域やベルギーでも気温が過去最高を更新する可能性が指摘されており、市民は身構えている。

イタリアでは山火事が多発し、トスカーナ州では365ヘクタールの土地が焼けたと知事が明らかにした。ローマ近郊の森やミラノ北部のオルタ湖畔、北東部のトリエステ近郊でも火災が報告されている。

ギリシャのアテネ近郊の山間部で発生した山火事は火の手が強風であおられ、当局が一部地域の住民に避難を指示した。
英国では気象庁の暫定データで初めて40度を超える気温が記録された。ロンドンを発着する主要路線の列車が運休し、ロンドンの東にある村では住宅が大規模な火災に襲われた。ロンドン周辺に広がる草地も燃えている。

フランスのボルドー近郊では今月12日以降、1万9300ヘクタールが焼失し、3万4000人が避難を余儀なくされた。ロイター22/7/20

山火事もやばい。湿度が低いのがあだになっている。

この熱波は地球温暖化の影響を受けていると思われ、そうするとこれからの夏も、たびたびこの状態が起こる可能性大。そうなると欧州の人もエアコンを入れることを考えねばならず、夏の消費電力が大きくアップするかも……。

と考えたところで、ちょっと待てよと。

この大熱波により、欧州は干ばつに見舞われています。農作物に被害が出て、飲料水に事欠くほどの事態。そして電力との関連で、川の水が減り水温が高くなったため、川沿いに建てられているフランスの原発では冷却が間に合わなくなり、出力を落としたりしているそうです。

フランスで厳しい干ばつ、飲み水が不足する町も

フランスで歴史的な干ばつが続き100以上の自治体が水不足に直面する中、フランス政府は5日、危機対策チームを立ち上げた。

フランス政府のクリストフ・ベシュ・エコロジー転換相は、「水道管にもう何も残っていない」ため、水不足の自治体に給水車を派遣していると述べた。

首相官邸によると、フランスの観測史上最悪の干ばつだという。93の地域で、水の使用が制限されている。北西部や南東部のほとんどで、水を節約するため、農地への給水が禁止された。

フランス気象庁によると、7月の降水量はわずか9.7ミリで、1961年3月以来、最も乾燥した1カ月を記録した。少なくとも今後2週間は、乾燥した状態が続く見通し。

AFP通信によると、フランス電力(EDF)は一部の原子力発電所の出力を落としている。周辺の川の水温が高すぎて、十分な冷却効果が得られないためという。

テレビ局TF1によると、アルプス地方の畜産農家は毎日、トラックで谷へ下りて動物用の水を集めて運ばなくてはならず、毎週の燃料代が数百ユーロ単位でかさむ事態になっている。

フランスで6月から続く熱波のため、樹木の落葉が例年になく進み、すでに各地は秋のような枯れた光景になっている。

フランス本土の大半が水不足の影響を受けているため、農産物の収穫が減るかもしれないと懸念されている。その場合、ウクライナでの戦争による世界的な食糧危機がさらに悪化するおそれがある。戦争の影響でロシアとウクライナからの穀物輸出が急減しているため、欧州ではすでに食品価格の高騰が家計を直撃している。

フランス農業・食料省によると、主に動物の飼料に使われるトウモロコシの生産高は昨年より18.5%少なくなる見通し。主な産地は東部と西部で、すでに収穫が始まっている。

フランスのテレビ局BFMTVによると、フランスだけでなく、ハンガリーやルーマニア、ブルガリアでも今年のトウモロコシ収穫高は熱波の影響で昨年より減る見通しで、それに伴う価格上昇が予想されている。BBC 22/8/6

フランスは原発大国で、周りの国に電力売ってるんですよね。

そこで心配になったのがドイツです。

ドイツはSDGs的に自然エネルギーに傾倒していますが、足りない分はフランスの原子力発電に頼っているという、何が脱原発なのという偽善ぷりが以前から指摘されていました。下支えしてくれていた仏原発が停止してピンチ、そして表看板の自然エネルギーも実はピンチです。

太陽光発電パネルは高温になると性能が下がっていく性質があり、パネル温度25℃をピークに1℃あたり0.5%下がるそうです。気温ではないのがポイントで、直射日光が当たってパネルがめっちゃ熱くなる夏場は、出力が三分の一ぐらい減る計算。日本のように冷房効かせて夏の電力需要が増えると、ここが問題になりそうです。

さらに大きく高気圧に覆われているのが熱波の原因とすると、あまり風も吹かず風力も弱っているのではなかろうか。去年から今年にかけての冬、実際に風が弱まっていて、電気代高騰の原因となっていました。

ただ、緑の党が政権に入っているため、現実的な政策がとれなさそう。原発は絶対悪なので自分の所のは停止させるそうですし、自国で掘れるけど石炭火力なんて脱炭素的にもってのほかだし、実はシェールガスも国内に埋蔵しているみたいなんですけど、自然破壊が嫌なので採らない模様。さすがに石炭火力の予備は稼働させたみたいなんですけど、どうするんだろう。

エネルギー逼迫と不景気に耐えかねて、ドイツ政府が「対ロシア制裁」を外す可能性 川口マーン恵美 現代ビジネス 22/7/29

また、ハーベック経済・気候保護相は、エネルギー危機を乗り越えるためには再エネの強化しかないとして、国土の2%に風車を立てることまで決めた。そもそも、不安定な再エネの増加こそがガス需要を異常に増やし、結果としてロシアの政治力を強めた原因だというのに、氏はそんなことは意にも介さず、ドイツ経済の破綻に向かってさらに果敢にアクセルを踏んでいる。

ガスも電気もお金もない…ドイツ「緑の党のエネルギー政策」に吹き始めた逆風 川口マーン恵美 現代ビジネス 22/8/5

現政府の究極の目標は、原子力も石炭も褐炭も石油も、できるものはすべて再エネ電気に変え、行く行くはオール電化である。電気自動車へのシフトもその一環だし、24年からは新しいガス、および石油の暖房装置が禁止となり、それを電気のヒートポンプ式に変えていくという。

この調子ではいつか大停電するのでは。欧州は電力網が繋がってるので、下手するとよその国にも飛び火するんですよね。

さらにロシアの天然ガスに依存していたドイツは、経済制裁の報復で供給を絞られて、シャワーの時間を制限してくれと政府から国民に要望が出る始末。この夏を乗り越えたら、今度は冬に凍死の心配をしなければいけません。

なんか一気に大ピンチになっている感じです。大丈夫なのでしょうか。

| | コメント (0)

2022/08/07

vs京都 劇的決勝弾!!!!

すんごい展開の試合になりました!!!!

2022J1第24節、vs京都は2-1!!!!

開始早々の7分。相手のFKで素早くロングボールを送られ、佐々木君と祐治さんの間でのコミュニケーションがうまく取れずに、GKが飛び出しているのに処理が中途半端になってしまって、こぼれをがら空きのゴールに流し込まれて失点。

それに対して25分。ドッジさんが右サイドでランニングしてボールを引き出し、並走する相手が苦しいシチュエーションになってバックパスを浮かせてしまい、GKの頭上を越える見事なロングループシュートになってオウンゴールで同点。

この時点でなかなか見ない形の、ミス絡みの得点2つで、波乱含みの展開だったのですが。

幕切れも劇的!

アディショナルタイム、一度武藤さんへのスルーパスはカットされたのですが、そこからウタカ選手への縦パスを祐治さんがアタックしてカット、椎橋君がマークを外していた武藤さんを見逃さずにパスを送り、武藤さんがGKの股を抜いて決めました!

武藤さん、めっちゃ頼れる!

怪我から復帰してからの活躍は本当に素晴らしい。これで第17節から243分で4得点。90分当たり約1.5点です。フル出場していたら毎試合点取るペースで、もはやエースストライカーです。

これで今季最多の4連勝。ぎりぎりの勝ち方だけど、それをものにし続けている勝負強さは素晴らしい!

ぜひ連勝続けてほしいです! 次もお願いします!

| | コメント (0)

2022/08/06

エメさん移籍と京都戦展望

先週の記事は大忙し期間中に書いていたので、リリースが出たのがその後で、触れられなかったのですが。

エメルソン サントスさんがアトレチコ・ゴイアニエンセに期限付き移籍。

今年は全然試合に絡んでなかったからなあ。一対一の強さはあったので、フィット出来たらよかったのですが。日本の忙しないサッカーに合うか合わないかはやってみないとわからない部分があるので、難しいですね。

移籍ウインドウは来週金曜までだけど、ウチに来る人はもういないのかな?

さて、今週の試合がやってきます。現在暫定ですが3位につけています。このまま勝ち進んでいきたいところ。まずは偵察。

2022J1第22節、京都1-1広島。

どちらも出足よくプレスをかけ、そして素早く繋いでそれをはがす。双方いい形で目まぐるしく攻守が入れ替わる前半。ただ、だんだん広島が優勢になっていきます。

そして後半に入り54分。右サイドでの連携から野津田選手が突破。利き足と逆足の右でクロスを上げると、森島選手がゴールから距離があるところで強くヘディングでたたいて見事なゴール。

しかし京都も追いつきます。77分、右サイドから白井選手がクロス。広島GK大迫選手が飛び出しますが、きちんと処理できずにかすめただけになります。少しコースが変わり抜けてきたボールを、ファーの大前選手が落ち着いてヘディングで合わせてゴール。

この後も広島優勢で進みましたが決め切れず、京都は粘ってドローに持ち込みました。

第23節、G大阪1-1京都。

京都はコロナ感染者が12名出て、メンバー大幅変更。しかしこれが、京都のサッカーの完成度を証明することになりました。メンバーが変わっても全体の意思統一はできていて、攻守の形がしっかりできています。ただ、ピーター・ウタカ選手がいないので、どうしても前線で収まり切らず。

そうしているうちに後半に入って、G大阪先制。57分、食野選手に縦パスが入り、右へ展開。倉田選手がダイレクトで折り返し、中央に走り込んだ石毛選手がプッシュ。これは京都GK上福元選手がブロックしますが、ゴール直前でごちゃっとなったところに食野選手が詰めて押し込みました。

京都は先制されたうえに、81分に金子選手がカウンターの局面で止めようと足を出し、山見選手を引っかけてしまって2枚目の黄紙で退場。10人となって大ピンチに。

しかしここで劇的同点弾が入ります。アディショナルタイム、スルーパスに木村選手が抜け出すと、G大阪GK東口選手が飛び出して、足にかすめて倒してしまいPK。これを大前選手が決めたところで、試合終了。

数々の不利な状況をひっくり返して、京都が勝ち点1をもぎ取った試合となりました。

これを踏まえて京都戦の展望です。コロナ感染が拡大していて、福岡vsG大阪が延期になっています。川崎は前節、ルヴァン杯とベンチに控えGKを3人入れて、ルール上の最低人数を確保するギリギリの状態が続いています。

京都も前節12人の欠場。そして今節も8名ほど休みなのではないかという情報が。メンバーが読めない。ウチも何人か出ているみたいなのですが、選手は含まれているのでしょうか。厳しいですねえ。

守備では。

誰が出てくるのかわからないのですが、まず警戒しなければいけないのはウタカ選手です。シーズン開始当初に比べ、得点のペースは落ちていますが、攻撃の軸となっていることは変わりません。体の強さで競り合いを制し、ボールの収まりどころとなっています。しっかり潰したい。

右サイドの荻原選手も要注意の選手です。スピードがあり、縦突破、カットインと右サイドで推進力を生み出しています。しっかり抑えたい。

2試合連続得点の大前選手は、交代出場が続いていますが、実績は十分。ゴール前の落ち着きはさすがベテラン。しっかり捕まえたい。

攻撃のやり方はチーム全体で共有できていて、メンバー変更があっても縦への推進力を出してくると思われます。切り替え早く、先に抑えたい。

攻撃では。

偵察した2試合の京都は3-4-3。3バックの相手に対して前線からはめに行っていました。当然ウチにもそう来ると思われるので、まずそこに飲み込まれないことが必要。GKを含めバックラインにアカデミー育ちの子が多いので、プレスが来ても足元に不安はなく、落ち着いてはがせるはず。まずそこが第一歩。

そして繋ぐだけではなく、相手を裏返すカウンターも必要。特に前からはめに来ているので、前線サイドは使えるはず。そこで細谷君がゴリゴリっと行って、決め切ってくれたら最高。お願いします!

左サイドで小屋松さんが仕掛ける展開も見たいです。ズバッと行ってください!

森君の得点もそろそろまた見たいなー。がんばって!

ぜひとも連勝を続けたい!!

勝ちましょう!!

| | コメント (0)

2022/08/05

今週の漫画感想 寿限り無し

大忙し期間前半が明けた水曜日。読めてなかった漫画読む。ジャンプ35号とジャンプ+、マガジン、サンデー36・37合併号の感想です。スレッドでつなぎますー。

まずはジャンプ。『あかね噺』。さあ、主人公のターン! 侮られていたところから様子が変わってくる展開は、いつ見ても盛り上がる。

『ウィッチウォッチ』。倒置法w

『アオのハコ』。「なまたまぎょな俺」は、一言で危機感伝わるいい表現w

『僕とロボコ』。小学生なのでちゃんと八人制で3-3-1と3-2-2の対決に好感。

お次はジャンプ+。『あやかしトライアングル』第100話。気になる引き方!

『姫様"拷問"の時間です』第151話。3コマでw

そしてマガジン。『シャングリラ・フロンティア』。意地を見せるか。

『ダイヤのA』。さすがのピッチングで、さあ佳境。

『それでも歩は寄せてくる』。気が付いてしまったー

さらにサンデー。『葬送のフリーレン』。反撃開始で燃える展開。

『よふかしのうた』。いい変化。

『龍と苺』。ここでその技を持ってくるのは、いい演出。

というジャンプ35号とジャンプ+、マガジン、サンデー36・37合併号の感想でしたー。昼寝したのに、夕寝もしたい。22/8/3

『あかね噺』。しっかり伏線張り続けて、それを回収するターンになっています。

特に練磨家からしがあかねを侮る発言を繰り返していて、フラグ立てまくり。それがじわじわと覆されていくのが、気持ちいい。

「パッとしない」「ぬるぬるテンポよく喋っているが手抜き」。そんなことを言っていたら、それがどんどん想像を超えていき、ただ抑え気味というだけではなくなっていく。

主人公が圧倒的なパフォーマンスでねじ伏せていく展開は、めっちゃ燃えますね!

家を出がけにお母さんに尋ねた自分の名前の由来。こちらの伏線もこちらで回収。そしてまだまだ伏線はありますよ。どう使われるか、とても楽しみ。

あかね噺 2

| | コメント (0)

2022/08/04

体力限界と体温

大忙し期間の前半が終わりまして中休み。やらねばならないことは尽きないのですが、とりあえず、寝たいだけ寝てもいい幸せ。期間中は朝早起きだったのですが、今日は昼前まで寝ましたよ。

睡眠は大切。しみじみ大切。

大忙し期間が佳境に入った頃から、僕の身体に異変が起きました。

仕事場ではコロナ感染対策の一環で、毎日の検温が求められています。僕の通常の体温は36.4か5かという感じ。

それがだんだん下がっていったのです。普段でも当然、ちょっと低く出る日はあるのですが、きれいに毎日少しずつ下降曲線を描いていきました。36℃を切って35.8℃まで。やばい、弱っていると、生命活動の危機を覚えたのでした。

でも本日、寝るだけ寝たら戻った(^^)/

やはり睡眠は大切です。昼寝もしちゃうぞ。

| | コメント (0)

2022/08/03

癌のウイルス治療

7/25放送分のNHKクローズアップ現代『ウイルスの力を病気を治す力へ~がん・難病治療の新戦略~』を見たのです。

ウイルスが細胞に感染する力を利用して、病気を治そうという試みが紹介されていたのですが。

その中に、以前見たことがある研究がありました。

2010年7月10日放送のサイエンスZEROで紹介されていた、ヘルペスウイルスによる癌治療。

ヘルペスウイルスは水疱瘡、帯状疱疹、口唇ヘルペスなど、かかると水疱ができるウイルスです。2014年から水疱瘡ワクチンを打つようになったので、今の子供はあまりかかっていないのでしょうか。僕の世代だとだいたい子供の頃にかかっており、そして一度体内に入ったウイルスは絶滅せずに潜伏しているので、ストレスなどで免疫力が下がるとまた発症。これが帯状疱疹です。

さてウイルスというのは基本的に、細胞に感染してその機構を借りて増殖。出ていくときに細胞を壊すので、人が病気になるという仕組みなのですが。

癌細胞も細胞なのでウイルス感染をします。ウイルス性の病気になると癌がちょっとよくなるという例が、昔から知られていたのだそうです。

ただそのままだと当然、健康な細胞もやられてしまいます。そのためこのウイルスは、癌細胞では増えるけれど正常細胞では増えないように遺伝子が改変されています。癌細胞というのは正常な細胞の遺伝子の何カ所かに異常が発生、無限に増殖するようになってしまったもの。その遺伝子の異常に合わせてウイルスの遺伝子をいじるので、癌細胞でしか増殖しないという仕組み。そのため、いろいろな癌に効くはずだという話でした。

この回を見た時には、これは究極の治療法なのではないかとわくわくしました。何しろ、仕組み的に適用可能範囲が広く、そして副作用も少ないはずです。今の治療法よりもむしろこちらを最初にやった方が、患者の負担も少ないでしょう。どの癌もウイルスを打ち込む注射一本で治療可能、となったら最高じゃないですか。

その後も時折思い出して、どうなったのかなとニュースを探ったりしていました。ただ、なかなか実用化しそうになかった。番組を見た印象ではすぐにでも行けそうだと期待していたので、やきもきしていたのですが。

臨床試験に進んだというニュースを見かけて。

そして今回の番組で、その結果が良好と知りました。

よかったなあ。このままどんどんいろんな癌に使えるようになってほしいですね!

そして僕が初めて知ってから十年間という長い間、コツコツ研究を続けてきたんだなあというところも感慨深い。こうした研究者の日々の積み重ねが、人類の暮らしをよくしていくんですよね。

| | コメント (0)

2022/08/02

コミティア141に出ます

COMITIA141に出ます。9/4 11:00~15:00 東京ビッグサイト東1・2・3・8ホール『せ45a かってに応援団』です。

今日で大忙し期間前半が終わって、お盆休みになるので、ここで漫画を描く予定。

今回は募集時の予定より1ホール増やしたとのこと。盛況で何よりです。

ただ、コロナ感染拡大が心配です。9月には収まっててほしいなあ。

| | コメント (0)

2022/08/01

クローン04 最終話

『銃と宇宙 GUNS&UNIVERSE』に『クローン04』最終話を上げました。第14、15話、2話分です。

戦いは決着。そして一つの隠された事実が明らかに。リンスゥは幸せになれるのでしょうか。

現在夏恒例大忙し期間ですが、その前に終わらせ切れずに持ち込んでしまった色々なものの一つが、これでした。推敲校正が終わってなかった。ぎりぎりだったのであります。間に合ってよかった。

この作品は以前一度書いたものでした。最初のもくろみとしては、ちょっと直せば載せられると思っていました。

ところがやってみると、一度出来上がっているのは、むしろ手間がかかる原因でした。年月が経って、一応僕の腕が上がっているようで、直さなきゃいけないなということは感じる。でも、一応出来上がっているから、直し方が微妙で、何度も何度も推敲を繰り返すことになる。

これなら新しい作品を初稿から書いた方が早いのではと何度も思いましたが、始めた以上もう止められない。

苦労しましたが、でもその甲斐あって、言いたかったことは以前よりももっとクリアにできたのではないかと思います。

どうぞお楽しみください。

| | コメント (0)

2022/07/31

vs神戸 ウノゼロ継続中!!!!

連続1-0完封勝ち続行中ですよ!!!!

2022J1第23節、vs神戸は1-0!!!!

細谷君が代表戦での悔しさを晴らす一発! 外の空いているポジションを取りボールがこぼれてきたところで、左足で叩き込みました。

大忙し期間中で心身ともにヘロヘロなので、この勝利はとても嬉しい(^^)/

| | コメント (0)

«守田さんの加入と神戸戦展望