2020/04/08

緊急事態宣言

とうとう緊急事態宣言がなされました。

海外で行われているような、罰則を伴うものではないのですが、さらにいろいろ自粛に。

その中に床屋さんがあるということに気づいて、仕事前にあわてて髪を切りに行きました。ちょうどそろそろ切ろうかと思っていたところ。床屋のご主人はやはり宣言に従い1ヶ月閉めると言っていました。僕は髪の毛が太くて固いうえ、量もあるので、伸び放題になるとめっちゃうっとうしいのです。切り損ねなくてよかったー。

スーパーが閉まらなければ、この間書いたように基本引きこもりなので、あとはなんとかなる、はず。なんか見落としてないよな。大丈夫だよな。

仕事の方は影響受けまくりです。今週の残りの予定は飛びました。来週からは人が集まらない体制にして再開する模様。

多くの人が免疫を持って感染が広まらなくなる集団免疫の状態にならないと、感染流行は本質的には治まらないので、ワクチンができる予定の来年までは、こうした自粛が強まったり弱まったりしながら進むんだろうと思われます。

今年も問題なんだけど、来年治まったあとも今年ちゃんとできなかった影響が残る仕事なんですよね。そこもとても心配。

| | コメント (0)

2020/04/07

グレイプニル

四月の新アニメ『グレイプニル』を見ました。

なぜかわからず着ぐるみのような姿に変身できるようになってしまった少年、その姿を怪物となじる訳ありっぽいヒロイン、そこに突然現れる同じように変身できる敵。そして次週へ。

絵はきれいだし、緊迫感あるし、なかなかの一話目。

原作の武田すん先生は、いわゆる「同じ釜の飯を食った仲」なのです。とうとうアニメ化ですよ! よかったなあ。

苦労しているところを知ってる人が報われるとうれしいし、それに自分も力をもらえます。あの頃からずいぶん経って、僕は畑違いになっちゃったわけですけれども。がんばろう。

| | コメント (0)

2020/04/06

週末自粛

大忙し期間を抜けた週末。まずゴロゴロと寝ます。二度寝、三度寝どんとこい。さらに、起きて数時間もするとまた眠くなるので、さらに昼寝もします。

その合間に、大忙し期間中見れなかった番組を見ます。コロナ関連番組を見ていた時のこと。

医療崩壊しそうでやばいとか、経済崩壊しそうでやばいとか、そういう話にははらはらするのに、市民生活も変化を強いられて大変という話には、いまいちピンと来ていない自分がいました。すぐに気づくのはその番組をだらだら見ている自分の様子。

この週末、東京では外出自粛要請が出ていました。しかし僕にはそもそもその予定がない。仕事がなければ、ごろごろしながら本を読むか、テレビで録っといた番組見るか、起き上がったら原稿作業するか。しかもごろごろするのも原稿するのも同じこたつです。一部屋に閉じこもっているのが基本的なライフスタイル。普段の買い物でさえ、なるべくなんかのついでに済ませようとする出不精っぷりなのです。

多分、都市封鎖されても、封鎖されてる実感ないんじゃないだろうか(^^;;)

この戦いは一年がかりぐらいの長期戦になるだろうなと思っているのですが、このダメ人間っぷりを武器にがんばろうと思います(がんばる?)

| | コメント (0)

2020/04/05

今週の漫画感想 勝利の代償

いろいろ押し迫る感のある月曜日。とりあえずご飯食べながら漫画読む。ジャンプ18号とジャンプ+の感想です。スレッドでつなぎますー。

まずはジャンプ。表紙&巻頭カラー『鬼滅の刃』。決着!だけど、恐れていた展開……?

『ハイキュー!!』。先週の感想の記事で伏線について書きましたが、今週も素晴らしい伏線の使い方ばかりで、本当にいい。

『ぼくたちは勉強ができない』。ここから分岐したのか。誰が想いを遂げるかわからなかった本編よりも、ゴールがはっきりしている分、ぐいぐい来る感じ。

センターカラー『アクタージュ act-age』。とうとう名前付いた。この子、活躍するのかな。

『ゆらぎ荘の幽奈さん』。次々とヒロインが想いを遂げて、さあどうなる。

お次はジャンプ+。『姫様"拷問"の時間です』第45話。「不格好でも……」からのページをめくって「がんばってつくったのにな…」の背中側の空白にキュッとくる。高等技術ですよ、これ。

というジャンプ18号とジャンプ+の感想でしたー。さて、一仕事しないと。20/3/30

『鬼滅の刃』。うそでしょ? 死んだの?

本当にどうなってしまうのか、はらはらする展開です。吾峠先生、容赦ないからなあ。

禰豆子が起きて抜け出した時、正直、炭治郎のピンチに駆けつけて、二人で力を合わせて無惨を倒す展開になるんだろうなと思っていました。ふつうそうでしょ? そうだよね?

なのに途中で人間に戻っちゃうし、これでは禰豆子の助力が期待できないし、いったいどうなってしまうのか。本当にここで終わりなのか。次号が気になってもう。

大忙し中の大忙しな二日間を乗り越えて少しましな木曜日。ご飯食べながら漫画読む。マガジン・サンデー18号感想です。スレッドでつなぎますー。

まずはマガジン。巻頭カラー『ダイヤのA』。表紙のカットに球春熱望というあおり。ほんと、野球もサッカーも開幕できるのだろうか。スポーツ分を漫画で補給する日々。

『ランウェイで笑って』。伏線来た。さあこのトラブルがどう出るのか。

『川柳少女』。最終回までカウントダウンが入ってこの展開だと、主人公二人はいい感じで終わるんだろうなあと予想が立つけれど、部長の方はこの調子でどうなるんだろうw

お次はサンデー。『古見さんは、コミュ症です。』。ルビかというぐらい小さな活字でつぶやく「私の͡コトは…」。いい演出。

『舞妓さんちのまかないさん』。卵かけご飯はおいしい。

『天野めぐみはスキだらけ!』。鮫島先輩、かっこいい。

というマガジン・サンデー18号感想でしたー。さてだらだらしよう。

『古見さんは、コミュ症です。』。さりげなくいい演出が多くて好きな漫画なのですが。

今回はほんとに消え入るような小声で、只野君に「私のコトは…」と聞く古見さん。もともと無口で声が小さいのと、恥ずかしくて大きな声では聞けない乙女心の相乗効果で、こんな小さな活字で書かれたセリフはめったに見ないぞという表現。ふつうは横につけるふり仮名に使うサイズです。これ、単行本で読めるのだろうかw

さらに見開きで見た時に、左右対称に対応させているのもいい構図。こういう細かいところ、好き。

| | コメント (0)

2020/04/04

目まぐるしく変わる

恒例大忙し期間終了。ただし、三月前半休業だった部分がまだ取り戻せておらず、来週も忙しいこと確定……

……の、はずだったんですけれども、来週後半が急遽休みとなりました。その次の週は、仕事はあるはずなんだけれども、どんな形式になるか詳細はまだ未定。

めっちゃ、振り回されております。

とりあえず四月はということなんだけれども、正直そう簡単に終息しないだろうなあと予想しているので、ほんと、先々どうなるんでしょうねえ。

ただ、創作エンジンエンスト問題があったので、来週一息つけるのは朗報。

そして、この週末は、めっちゃ寝るぞ!

 

| | コメント (0)

2020/04/03

次々中止に

人の集まるところで集団感染が発生しており、いろいろと自粛要請が出ている中、GWのコミケが中止に。文学フリマも中止。

そしてコミティアも中止となりました。申し込んでいたんだけれど、まあ仕方ない。言い訳レベルの換気だけすればいいってもんじゃないから。

漫画、小説等の出版物は、電子であればむしろこの状況に向いていると思っているのですが、ただイベントがないのはさみしいですねえ。

インフルエンザ薬のアビガンが効くのではないかとか、BCGワクチン接種している国の方が被害が少ないので効果があるのではないかとか、少しずつ対抗する手段が見えてきています。早く何とかなってほしいなと思います。

大忙し期間はそろそろ突破。そしたらどっさり寝る日を作ろう。

| | コメント (0)

2020/04/02

四分の一

今年がもう四分の一過ぎたわけですけれども。

まさか世界中がこんな状態になるとは、お正月には予想してなかった。ただ、あの時にはもう始まっていたんですよね、武漢肺炎。あそこで警鐘を鳴らしたお医者さんを捕まえて処罰とか馬鹿なことをせず、すぐに対応していたら抑え込めていたかもしれないのに、これは中国がもたらした人災。いろいろごまかそうとしているけれど、SARSの時にも隠蔽して被害を広げた前科があるので、ここでなあなあにしたら奴らはまたやる。ごまかすなんてさせないぞ。だからこれはCOVID-19感染流行ではなく武漢肺炎。

こうなると、みんなが免疫を持つ集団免疫の状態にならないと流行がおさまらないので、ワクチン待ちなわけですけれども、このあいだ発表されていた見通しでは来年頭。この調子で自粛で対応できていればいい方で、日本もどこかで都市封鎖が起きるのではないか。何とか医療崩壊をさせずに乗り切りたいけれど、これだけの超長期戦となると、医療関係の皆さんの疲弊も怖い。中国からのシャットアウトをとりあえずの様子見して遅れた前科があるけれど、緊急事態宣言も様子見していて、もう出しちゃわないと戦線崩壊するのではないかと心配。

個人的には年末年始大忙し期間は調子よく乗り切れたのに、今度の大忙し期間は創作エンジンぱったりエンストさせてしまって、再起動が課題。

ちょうど四分の一なので、ここで気合を入れ直したい。がんばろう。

| | コメント (0)

2020/04/01

大忙し中の大忙し

今回の大忙し期間のスケジュール希望を出す時に、ふと「毎日忙しいんじゃなくて、超忙しい日とちょっと楽な日を交互に混ぜた方が、体力的には回復時間が取れて楽なのではないか」と思いつき、そういう希望を出したのですが。

外出自粛要請等で日程がぐちゃぐちゃになった結果、休みになった日の予定がもともと休みだった日に振り替えられて、超忙しい日が隣り合わせになりました。

待ってくれ。自粛要請で休みが入るなら、都市封鎖が言われている今はもっと休むべきではないのか。

スケジュール出した時はまだ平穏で、こんな事想定してなかったからなあ。とにかくがんばって乗り切ろう。

| | コメント (0)

2020/03/31

新型コロナウイルスでまだわかっていない気になること

武漢肺炎の世界的大流行により、各国は対応に追われています。医療崩壊を起こしてしまった国もあり、患者の選別、死体の安置法など、想像を絶する惨状が伝わってきます。

そんな中、日本はかなり抑え込んでいる方。しかし、日本医師会からは緊急事態宣言をもう出してほしいという提言が出ました。かなりぎりぎりの状況な模様です。東京都市封鎖が来るのかな。どうなっちゃうのかなあ。

そんなときに気になる記事を見かけました。

【解説】 新型コロナウイルス、まだ分かっていない数々のこと BBC News WEDGE Infinity 20/3/29

僕はこちらのサイトで見ましたが、BBCと提携しているほかのサイトにも載っている模様。疑問点がわかりやすく整理されています。小見出しを並べるとこんな感じ。

1. どれだけの人数が感染したのか 2. 実際の致死率は 3. どこからどこまでが症状なのか 4. 子供はウイルスを媒介するのか 5. いったいどこから来たのか 6. 夏になれば感染は減るのか 7.重症化する人とそうでない人の違いは 8. 免疫はいつまで続くのか、2度かかることはあるのか 9. このウイルスは変異するのか

僕はこの中で、8番の免疫についてと、9番の変異についてが気になっています。今後の展開に大きくかかわってくるからです。

ニュースを追っていて、いくつか、退院した後再感染してもう一度入院という話を見かけました。ただ、検査の精度があまりよくないという話もあって、陰性と思ったけれどうまく残存ウイルスを捕まえきれておらず、治りきっていないのに退院させてしまったという可能性も言われています。ぜひそうであってほしい。免疫がうまく獲得できないとしたら、厄介なことこの上ないからです。ずっとウイルスにおびえて暮らしていかなければいけないことになる。

9番の変異は、身近なところではインフルエンザです。毎年毎年流行するのは、変異速度が速く、体が一度覚えて免疫を獲得しても、次の年には別物になっているからです。インフルエンザウイルスは高温多湿に弱いため、春になると自然と流行がおさまりますが、このコロナウイルスは東南アジアでも感染拡大が始まっているように、あまりそれが期待できません。となると、もし変異が速かった場合、やはりずっとウイルスにおびえて暮らすことになります。

長期戦を覚悟してくださいというアナウンスは出ていますが、ここ次第では、長期戦どころではない終わりのない戦いになってしまう。ぜひそうではないといいと願っているのですが、はたして。

| | コメント (0)

2020/03/30

振り回される日々

土曜仕事が終わって帰ると、緊急で日曜は休みにするとの知らせ。

とりあえず、二度寝、三度寝して疲労解消。いや、解消していないかもしれない。まだ眠い。

起きたら雪が降りしきり、外は真っ白。桜咲いているこの時期に。

通勤大変だったろうから、休みになっててよかった。

ただし、この休みにより勤務日がずれ、スケジュールがシャレにならない過酷さに。希望を出したのはずいぶん前なので、こんな事態は想定してなかった。武漢肺炎に振り回される日々。

| | コメント (0)

«今週の漫画感想 最強の敵